Shinzo and the Invisibles/DECEMBER 7, 2014

Shinzo and the Invisibles シンゾーと見えない人たち

Brad DeLong is puzzled by some of what Ken Rogoff has to say about Japan, specifically his warning that Japan could face an attack from invisible bond vigilantes if it doesn’t quickly tackle long-run fiscal issues. I’m puzzled too, although it’s not just Rogoff — quite a few sensible people say similar things, and the truth is that I said such things about the US back in 2003.
ブラッド・デロングが、ケン・ロゴフが日本について語らなければならないこと、具体的に言えば、日本は早急に長期的な財政課題に取り組まなければ見えざる国債自警団からの攻撃に直面する可能性があるとする彼の警告に困惑している。僕もまた困惑しているんだが、それはロゴフだけのことではない――数多くの賢明な人々が似たことを言っているし、実のところ、僕も2003年のアメリカに関してそうしたことを言っていた。

But I was wrong, for reasons I laid out at length in my Mundell-Fleming lecture at the IMF last year. And in an important way I was just reiterating points that should have been clear from Rogoff’s own Mundell-Fleming lecture (pdf), back in 2001. And I’m a bit surprised that Ken doesn’t see it that way.
でも、僕は間違っていたわけだが、その理由に関しては去年のIMFのマンデル-フレミング理論に関する講演で長々と説明している。重要な意味において、僕はロゴフ自身によるマンデル-フレミング理論に関する2001年の講演で明白になっておくべきだったポイントを反復していたことになる。そして、ケンがそのように見ていないことに僕は少し驚いた。

Back in 2001 Ken surveyed the impact of Rudi Dornbusch’s “overshooting” model of exchange rates, which had an enormous impact on international macroeconomics, and arguably saved it from much of the nonsense that afflicted domestic macro. At the core of Rudi’s analysis was his resolution of what might seem like a paradox. Here’s the question: Suppose that for some reason a central bank increases the money supply, and that everyone believes that the increase is permanent. What happens to the exchange rate?
遡ること2001年にケンはルディ・ドーンブッシュによる為替レートの「オーバーシューティング(行き過ぎ)」モデルの影響を調査した。このモデルは国際マクロ経済学に莫大な影響をもたらし、おそらく国内マクロ経済学を苦しめているナンセンスの多くから救い出してくれた。ルディの分析の中核には一見パラドクス(逆説)に見える彼の解決策がある。ここで問題:何らかの理由で、中央銀行が貨幣供給量を増加させ、その増加が恒久的なものだと皆が信じたとしよう。為替レートに何が起こるだろう?

As Rudi pointed out, just about everyone agrees that in the long run the currency must depreciate, roughly in proportion to the money expansion. But in the short run, in a world of sticky prices — and anyone who looks at real exchange rates knows that we do, indeed, live in a world of sticky prices — the money expansion reduces interest rates. Now the seeming paradox: offered a lower interest rate than they can get in other countries, investors won’t want to hold a country’s bonds unless they expect its currency to rise; yet given the money increase, we should expect the currency to fall.
ルディが指摘したように、長期的には、その国の通貨はほぼ貨幣供給の増加量に釣り合う分だけ減価することにほぼ全ての人が同意するだろう。だが、短期的な粘着価格の世界では――そして、現実の為替レートを目にする全ての人が、我々は粘着価格の世界に生きていることを認めている――通貨膨張は利子率を低下させる。さて、ここで見たところパラドクスが出てくる:投資家は他の国で得られるより低い利子率を提示されたら、その国の通貨が将来増価すると予想しない限り、その国の国債を持とうとしないだろう。だが、貨幣供給量が増加したら、その国の通貨は下落すると予想するはずだ。

Rudi’s answer was that the currency must overshoot: it must drop below its long run value, so that it can be expected to rise thereafter, like this:
ルディの答えは、その通貨は行き過ぎなければならないということだ。その通貨は長期的な価値以下に下落しなければならない。それゆえ、その後に上昇すると予想することができる。こんな風に:

120714krugman1-blog480.png

Which brings us to the invisible bond vigilantes. Suppose that they are really out there, and that they suddenly demand that Japanese 10-year bonds offer a rate of return 200 basis points higher than US 10-year bonds. You might be tempted to say that Japanese interest rates will spike — but the Bank of Japan controls short-term rates, and long-term rates are mainly an average of expected short-term rates, so how is this supposed to happen?
このことが見えざる国債自警団の話につながってくる。彼らが本当に現れて、突然に10年物米国債より200ベーシスポイント高い利回りを10年物日本国債に要求してきたとしよう。日本の利子率は急騰するだろうと言いたくなるかもしれない――でも、日本銀行は短期の利子率をコントロールしているし、長期利子率は主に将来の短期利子率の平均値になるのだから、どのようにして、そんなことが起きるんだろうか?

No, the resolution of the puzzle is that rates wouldn’t rise. Instead, the yen would depreciate now so that investors can expect it to appreciate later. And this yen depreciation would be expansionary, not contractionary, in its effects on the Japanese economy. Given Japan’s current situation, the invisible vigilantes would be doing Japan a favor if they suddenly materialized and attacked!
いや、このパズルの解決策は、利子率は上がらないということだ。その代わりに、今円安になる。それゆえ投資家は将来円高になると予想することができる。そして、この円安が日本経済に与える影響に関しては景気拡張的なものであって、景気縮小的なものではない。日本の現在の状況を考えれば、見えざる国債自警団が突然に実体化して、攻撃を仕掛けてくるなら、それは日本にいいことをしていることになる!

I’ve had many discussions with smart people about this, and have never gotten an explanation of why it’s wrong; we usually end up with something like a warning that Japanese deflation might suddenly turn into uncontrolled inflation, which seems unlikely and certainly isn’t the way the warnings are usually phrased — we’re supposed to worry about turning into Greece 2010, not Weimar 1923.
僕は多くの賢明な人々とこの件について議論してきたが、なぜそれが悪いのかについての説明をいただいたことがない。我々は常に、日本のデフレが突然コントロール不能のインフレになるとする警告のようなものを受け取って終わりになるのだが、そんなことはありそうもないし、その警告が常に語られるような形には決してならない――我々は1923年のワイマール共和国ではなく、2010年のギリシアになることを心配すべきだとされている。

You might think that what we’re talking about is the lessons of history — but as far as I can tell, there are no historical examples of countries with debts in their own currency facing a Greek-style crisis. As I say in the linked paper, the closest I can find is the French franc crisis of the 1920s, and the fall of the franc was inflationary and expansionary, not contractionary.
今話しているのは歴史の教訓のことだと考える人もいるかもしれない――だが、僕の知るかぎり、自国通貨建ての借金でギリシア型の危機に陥った歴史的事例は一つも存在しない。先にリンクを張った論文で述べたように、僕が見つけ出した最も近い事例は1920年代のフランスのフランであって、そのフランの下落はインフレ期かつ景気拡張的あって、景気縮小的なものではなかった。

And it seems very strange to be lecturing Japan about the dangers of a crisis you can neither explain clearly in terms of an economic model nor justify by appeal to any relevant historical precedent.
経済学的なモデルでもはっきりと説明できず、妥当な歴史的先例を持ち出すことによって正当化することもできない危機の危険性について日本を説教しようとするのは本当に奇妙に見える。

Unbalanced in Basel/MAY 13 4:04 AMMay 13 4:04 am

Unbalanced in Basel バーゼルの不均衡

Ambrose Evans-Pritchard draws our attention to a speech by Jaime Caruana, General Manager of the Bank for International Settlements. It is indeed a quite remarkable speech — and I mean that in the worst way; it’s a perfect illustration of the way permahawks keep finding new arguments for their never-changing demand that we raise interest rates now now now.
アンブローズ・エヴァンス-プリチャードが国際決済銀行(BIS)の総支配人ジェイム・カルアナのスピーチに着目している。それは、確かに、非常に驚くべきスピーチだ――僕はそれを最悪の意味で使っている。それは万年タカ派たちが今、今、今まさに利子率を上げたいという彼らの変わらざる欲求の論拠を次々と探し続けている様を完璧に描き出している。

Some background: the BIS has spent almost the whole period since the financial crisis struck calling for tighter money. Oddly, however, it keeps changing its justifications for that call. At first it was dire warnings of inflation just around the corner. Then it was financial instability. Now, with low inflation and possible deflation a growing concern, Mr. Caruana argues that (a) deflation is not so bad (b) we’re in a balance sheet slump, and that means loose money is bad.
いくつかその背景について:BISはこの金融危機が直撃して以来ほぼずっと金融引き締めを求め続けてきた。しかしながら、奇妙なことにその要求の根拠は変わり続けている。最初は、インフレが今そこに迫っているという緊急警告だった。その次は金融の不安定だ。今は低インフレで、デフレ突入の可能性が深刻な懸念材料になっているのに、カルアナ氏は(a)デフレはそれほど悪いものではない(b)ヨーロッパはバランスシート不況であり、そこでは金融緩和は悪い事なのだと主張している。

On the first point, isn’t it quite remarkable how the BIS has slid from warning about inflation — and dismissing concerns about deflation — to saying that deflation is OK? Beyond that, the main case for arguing that deflation is OK is economic growth during the late 19th century. Is that really a good model? Just to take the most obvious point: the late 19th century was marked by rapid population growth in the “zones of recent settlement” (basically places where Europeans were moving in, displacing or wiping out the locals). In the United States, population grew 2 percent a year from 1880-1910, sustaining high investment demand. And the zones of recent settlement also offered an outlet for very large capital outflows from Europe. In other words, the global situation was conducive to a high natural real rate of interest, making mild deflation much more sustainable than in today’s world.
最初の点に関して、BISがインフレについての警告――そしてデフレについての懸念は無視して――からデフレでも構わないと言うように態度を変えたのはすごく驚くべきことだ。それ以上に、彼のデフレでも構わないとする最大の根拠は19世紀後期の経済成長だ。それは本当に適切な模範例なのだろうか? 最も明白な点を取り上げよう:19世紀後半は「新定住圏」(基本的には、ヨーロッパ人が元の居住地を引き払って移住していた場所のこと)での急速な人口の増加で特徴付けられる。アメリカでは1880-1910年までに年間2%人口が増加していて、それが投資需要を支えていた。そして新定住圏はヨーロッパからの超巨額の資本流出のはけ口にもなっていた。言い換えれば、国際的状況が自然実質利子率を高めに促していたので、今日の世界よりもマイルドなデフレをずっと維持可能なものにしていた。

I’ll probably want to write more about Gilded Age deflation. But for now, let me turn to the balance-sheet thing. Mr. Caruana draws a distinction between the view that we’re suffering from inadequate aggregate demand, and what he claims is a contrasting view that the problem is too much debt; and he claims that the excess debt/balance sheet approach implies that expansionary monetary policy is unhelpful and counterproductive.
金ぴか時代のデフレに関しては今度の機会に詳しく書くつもりだ。でも、今はバランスシートのことについての話をさせてもらおう。カルアナ氏は、我々が不十分な需要に苦しんでいるという見解と、彼が主張する問題は過大な債務にあるという対照的な見解との相違点を指摘する。そして、過剰債務/バランスシート・アプローチでは拡張的な金融政策は役に立たず、逆効果であると主張する。

And I wonder what on earth he’s talking about.
一体全体、彼はどうしてそんなことが言えるのか?

It’s true that balance-sheet considerations were underemphasized in macroeconomics until recently. But it’s not too hard to put them into a more or less New Keynesian model — see, in particular (ahem) Eggertsson and Krugman (pdf). And what this analysis tells you is that expansionary monetary policy is more, not less, helpful than a model without balance-sheet effects would suggest, because high income and prices reduce the burden of debt.
バランスシート制約が最近までマクロ経済学の中で過小評価されてきたのは事実だ。でも、それを多かれ少なかれニューケインズ・モデルの枠組みに組み込むのはそれほど難しいことではない。具体的には(エッヘン)エガートソン-クルーグマン論文(pdf)を見よ。そこでの分析が示しているのは、バランスシート効果を考慮していないモデルより考慮しているモデルのほうが、高所得や高物価が債務の負担を引き下げるために、拡張的な金融政策の効果は減少するのではなく、増大するということだ。

And conversely, deflation is much worse in a debt-laden world than without, again because of its effect on the real burden. You don’t have to take my word for it — read Irving Fisher from 1933!
逆に、債務に悩む世界はそうでない世界よりも、再び実質債務の影響のために、デフレはもっと酷いものになる。僕の言葉じゃないじゃない――1933年のアーヴィング・フィッシャーの論文を見てくれ!

So how does the balance-sheet story turn into a case for tight money? I have no idea — there’s certainly no clear explanation in the Caruana speech.
なのに、どうやったらバランスシートのお話が金融引き締めの論拠に転化するんだろう? 僕は全然分からない――少なくとも、カルアナのスピーチの中では明白な説明は何もない。

By all means let’s talk about balance-sheet effects. But is it really too much to demand a model, or at least a carefully spelled-out mechanism? Right now it looks as if the BIS is claiming that balance sheets make the case for tight money because in Basel everything makes the case for tight money.
ぜひとも、バランスシート効果の話をしようじゃないか。でも、それは本当にモデルや、少なくとも明確なメカニズムの説明を求めることもできないほど大層なものなのか? 今のところ、BISは、バーゼルでは何もかもが金融引締めの理由付けになるんだから、バランスシートも金融引締めの理由付けになると主張しているようにしか見えない。

Deficits and Interest Rates — The History/July 25, 2013

Deficits and Interest Rates — The History 財政赤字と利子率――その歴史

I occasionally see people arguing that the historical association — that is, pre-crisis — between budget balances and interest rates presents some kind of challenge to conventional macroeconomics. (Oddly, you see this from both left and right; the Wall Street Journal, for example, was very much for deficits before it was against them). But is there really any problem?
時おり、財政収支と利子率の歴史的関係――つまり、リーマンショック以前の――は、伝統的なマクロ経済学にとってある種の難題を突きつけていると主張する人を見かけることがある(奇妙なことに、この主張は左派と右派の両方で見受けられる。たとえば、ウォール・ストリート・ジャーナルは反対派に回る前にはすごく財政赤字容認派だった)。でも、本当に何か問題があるんだろうか?

Let’s start in the mid-1980s; huge changes in expected inflation make it harder to parse what went before. Here’s what you see (the fiscal balance is shown so that an upward movement is a fall in the deficit or a rise in the surplus):
1980年代中期から始めてみよう。予想インフレ率の急激な変動のために、それ以前の出来事は診断するのが難しいから。それはこんな風に見える(財政収支は、財政赤字が縮小した時か、財政黒字が拡大した時に上昇するよう示されている):

072513krugman2-blog480.png
青線:財政黒字または財政赤字の対GDP比(左目盛り)
緑線:3ヶ月物アメリカ国債の流通市場利回り(右目盛り)


Clearly, the association goes the “wrong” way: bigger surpluses (lower deficits) are, on average, associated with higher, not lower, interest rates. Macroeconomics is all wrong!
明らかに、この関係性は「間違ったほう」を向いている:平均的に、財政黒字が拡大すればするほど(財政赤字が縮小すればするほど)利子率は低くなるのではなく、高くなっている。マクロ経済学は全て間違ってるんだ!

Or maybe not. Look at the recession bars — and bear in mind that each recession over this period was followed by an extended “jobless recovery” that felt like a continuing recession, and was met with further Fed easing. What’s really going on here is that the business cycle is driving both deficits and interest rates. The recession of 1990-91 (driven by the S&L crisis and a burst bubble in commercial real estate) drove up the deficit, and also led to Fed easing; the recession of 2001 (dotcoms and telecomms) did the same; the recession of 2007-9 (end of the world, basically) did it on a scale that pushed the deficit to record levels and interest rates down to zero.
いや、たぶん違うよ。不景気の時期を示す灰色の帯の所を見ていただきたい――そして、それぞれの景気後退期の後に不況がこの先も続くことを予期させる長期の「雇用なき景気回復」が続いたため、FRBの金融緩和も延長されたことも心に留めてほしい。ここで本当に起こっているのは、景気循環が財政赤字と利子率の両方を動かしているということだ。1990-91年の不況(S&L危機と商業用不動産のバブル崩壊によってもたらされた)は財政赤字を押し上げ、そればFRBの金融緩和へとつながった。2001年の不況(ドットコムバブルとテレコムバブルの崩壊)でも同じことが起きた。2007-9年の不況は財政赤字を歴史的な水準へ押し上げ、そして利子率をゼロにまで低下させるほどの規模で、それと同じことが起こった。

There isn’t a puzzle here unless you insist on believing that budget deficits are events that have nothing to do with what is going on in the larger economy.
財政赤字はこの拡大する経済の中で実際に起こっていることと一切関係がない出来事だと主張するのでもない限り、ここに謎は存在しない。


後書き:藤井聡教授のこのFacebook記事を見て、これを思い出したので翻訳。

Stagnation Without End, Amen (Wonkish)/April 9, 2014, 8:03 AM

Stagnation Without End, Amen (Wonkish) 終わりなき停滞、アーメン(専門的)

In 1938 Alvin Hansen, who did more than anyone else to bring Keynesian economics to America, gave a landmark speech to the American Economic Association. (The speech is behind a paywall, but Tim Taylor has a good summary here.) In it, he made the case for “secular stagnation” — a persistently depressed economy. His arguments were pretty good, too: slow population growth and slow technological progress, he argued meant low investment demand — and even very low interest rates wouldn’t be enough to make up for the shortfall.
ケインズ経済学をアメリカにもたらした第一人者であるアルヴィン・ハンセンは1938年にアメリカ経済学会で記念碑的なスピーチを行った(その演説は有料の壁の背後にあるが、ここにティム・テイラーの素晴らしい要約がある)。演説の中で、彼は「長期停滞説」――永続的な不景気――を認める主張をした。その論旨もまた非常に素晴らしいものだった:遅々とした人口成長率と遅々とした技術進歩は低い投資需要――非常に低い利子率ですら需要不足を埋めるのに十分でないほど――につながると彼は主張した。

Incidentally, for those who believe that the new interest in secular stagnation vindicates arguments like those of Greider, notice that technological progress in the secular stagnation story has the opposite sign; instead of worrying that rapid technological progress will destroy jobs, secstaggers (we are going to need a word!) worry that slow technological progress will mean not enough investment demand.
ついでながら、長期停滞への新たな関心はグレイダーらの主張を裏付けていると考えている人々のために言っておくが、長期停滞の筋書きにおいて技術進歩は彼の主張と逆符号になる:急速な技術進歩は雇用を破壊するのではなく、長停論者(なにか呼び名がいるな!)たちは鈍い技術進歩のために投資需要が不足することを心配している。

Of course, it didn’t happen at the time; but many people took the wrong conclusion from Hansen’s failed prediction. They took it to mean that secular stagnation could not happen in real life, that the magic of the marketplace would always find a way to restore full employment. But given what actually happened — a baby boom and a wave of productivity growth that Hansen failed to anticipate — his theory never got a real test.
もちろん当時そんなことは起こらなかった。でも、多くの人々はハンセンの予想の失敗から間違った結論に達している。彼らは現実世界では長期停滞は起こりえない、市場の魔法は常に完全雇用に達する手段を見出すものと受け取ってしまった。だが、実際に起こったこと――ハンセンが予想できなかったベビーブームと生産性向上の大波――を考えると、その理論は現実のテストを通ったとは言えない。

Moreover, you could very much argue that Japan since the 1990s fits Hansen’s story quite well. Stagnating population? Check. Slowing technological progress? Well, not so clear cut, but certainly Japan didn’t progress after 1990 the way it did before. Persistently depressed economy? Oh yes.
さらに言えば、1990年代以降の日本はハンセンの筋書きとぴったり合ってると言える。人口成長の停滞? チェックだ。技術進歩の鈍化? それほどはっきりしたものではないが、1990年以降の日本の技術進歩のスピードがそれ以前よりも鈍くなっているのは確実だ。永続的な不況? オー、その通りだ。

And now we’re talking about the same thing for advanced western economies. And this time the theory is getting more explicit: Eggertsson and Mehrotra (pdf and very wonkish) have an excellent paper showing how this can happen.
現在、西欧先進国で同じことが議論されている。そして今度の場合、その理論はもっと明白なものになっている。エガートソンとメーロトラはこのことがどのようにして起こるかを示した素晴らしい論文(pdf、超専門的)を書いている。

There are two things I really like about the EM paper. First, it shows that I was wrong. Second, it shows that I was right.
EM論文に関して僕がすごく好きなことが二つある。一つ目は、僕が間違っていたことを示したところだ。二つ目は、僕が正しかったことを示したところだ。

On the wrongness side of the ledger: In my original Japan piece (pdf), I offered a little model of a liquidity trap in which, for simplicity, I assumed infinitely-lived agents. This was a gadget, not a fundamental assertion — that is, it was a way to push aside complexities I din’t think were central to the logic. The rest of the literature has followed the same path of least mathematical resistance.
元帳の間違った側:元々の日本に関する部分で、僕は流動性の罠についての小さなモデルを提示しているが、そこでは単純さのために無限生存エージェントを仮定した。これは仕掛け(gadget)であって、本質的な主張ではない――要するに、ロジックの中心とは思えない部分で複雑性を回避するために手段。論文のその他の部分でも少なくとも数学的強度では同じ道をとっている。

As Eggertsson and Mehrotra point out, however, this approach effectively rules out anything like secular stagnation: the real interest rate eventually must equal the discount rate of whichever players matter on the margin. So a liquidity trap has to be a temporary phenomenon driven by a temporary shock. Since this fitted in with what policymakers wanted to hear, and with the general presumption that Hansen-type stories can’t be right, it went largely unquestioned.
だが、エガートソンとメーロトラが指摘しているように、このアプローチは結果として長期停滞のようなものが起こる可能性を排除してしまった:実質利子率は最終的にはプレイヤーの限界的な割引率と必ず等しくなる。だから、流動性の罠は一時的なショックによって引き起こされる一時的な現象でしかありえない。これは政策当局者が聞きたがること、そしてハンセン型の筋書きは正しくないとする一般的な推定と一致するので、大部分が疑問とされてこなかった。

But EM show that once you have overlapping generations, you can indeed have secular stagnation. So this is kind of an object lesson in how strategic simplifications in modeling — which are necessary! — can lead you to overlook important possibilities.
でも、EM論文は世代重複をモデルに取り入れれば、長期停滞は起こる可能性があることを示した。だから、これはいかにしてモデルの戦略的な単純化――必要なことなんだが!―が重要な可能性を見落とさせてしまうかを示す実例となっている。

On the other hand, EM confirm my hypothesis of a timidity trap: while an inflation target, if believed, can bootstrap you out of secular stagnation, it has to be a sufficiently bold target. Announce your commitment to 2 percent inflation when the economy needs 4, and nothing happens.
一方、EM論文は小心の罠に関する僕の仮説を追認している。インフレターゲットが信じられたとして、それで長期停滞から自力で抜け出すためには十分に大胆な目標でなければならない。経済が4%を必要としている時に、2%のインフレ目標を発表しても何も起こらない。

I need to work a lot more on the mechanics of this paper; I’m wondering in particular whether there is a possibility of sustaining the economy with permanent fiscal expansion.
この論文のメカニズムに関してはもっと研究する必要がある。具体的に言えば、経済を支えるためには永続的な財政拡張が必要となる可能性があるのか思案している。

But important stuff.
いずれにせよ、これは重要だ。


後書き:小心の罠の翻訳はこちら

New Thinking and Old Books Revisited/November 30, 2013, 1:03 PM

New Thinking and Old Books Revisited 新たな思想と古い本・改訂版

I learn from Francesco Saraceno that some people are attacking me for, as they see it, defending an economic orthodoxy that has failed. It’s kind of an odd place to find myself, given how critical I’ve been of the way the economics profession has dealt with the crisis. But it’s not entirely unfair: I am quite skeptical of people whose response to the sorry state of affairs is to declare that what we need is a whole new field.
フランシスコ・サラセーノが教えてくれたことなんだが、僕のことを破綻した正統派経済学を擁護しているといって非難している人たちがいるらしい。プロの経済学者による今度の危機への対応に僕が凄く批判的であることを考えると、そう取られるのはちょっと奇妙な気がする。でも、それは全くの的外れというわけではない:この惨憺たる状況に対して、我々が必要としているのは新たな分野だと主張する人々に対して僕は凄く懐疑的だ。

Why my skepticism? I’m all for new ideas that add to our understanding. But ideas like that aren’t easy to come by! Mark Thoma’s classic crack — “I’ve learned that new economic thinking means reading old books” — has a serious point to it. We’ve had a couple of centuries of economic thought at this point, and quite a few smart people doing the thinking. It’s possible to come up with truly new concepts and approaches, but it takes a lot more than good intentions and casual observation to get there.
なぜ懐疑的なのか? 僕は我々の理解を高めてくれるような新しい思想には大賛成だ。でも、そんな思想は簡単には手に入らない! マーク・トマの古典的な警句――新たな経済学を学ぶことは古い本を読むことを意味する――はその点を鋭く突いている。現在までに数世紀にわたる経済思想の歴史があって、多くの聡明な人々がこの思想に取り組んできた。真に新たな概念やアプローチが出てくる可能性はあるが、そこに至るまでには優れた意志や通り一遍の観察をはるかに超えるものが必要になる。

So, for example, what do I say when I read something like this from someone who apparently considers himself a bold rebel against orthodoxy?
一例を出せば、自分自身を正統派に対する勇敢な反逆者だと考えている人物のこのような文章を読んだ時、僕なら何を言うか?

“Rational thinking is an important aspect of human nature, but we have imagination, we have ambition, we have irrational fear, we are swayed by other people, we get indoctrinated and we get influenced by advertising,” he says. “Even if we are actually rational, leaving it to the market may produce collectively irrational outcomes. So when a bubble develops it is rational for individuals to keep inflating the bubble, thinking that they can pull out at the last minute and make a lot of money. But collectively speaking . . . ”
「合理的思考は人間の本質の重要な一面ではあるが、我々には想像力がある、我々には野望がある、我々には不合理な恐れがある、我々は他の人々に流されるし、教えを吹き込まれるし、広告の影響を受ける」と彼は言う。「たとえ我々が実際に合理的であったとしても、市場に任せることが集合的には不合理な結果を生むかもしれない。バブルが膨らんでいる時には、人々はそのバブルをより膨張させることが合理的になる。彼らは土壇場で手を引くことで、大金を得ることができると考える。だが、集合としての話になると…」


My answer, to put it in technical terms, is “Well, duh.” Maybe grad students at some departments, who are several generations into the law of diminishing disciples, really don’t know that rational behavior is at best a useful fiction, that markets aren’t perfect, etc, etc. But does this come as news to Robert Shiller? To Ben Bernanke? To Janet Yellen? To Larry Summers? Would it have come as news to Irving Fisher or Walter Bagehot?
僕の返答を専門用語で言うと、「そんなの当たり前だろ」。たぶん、いくつかの大学院にいる逓減法則にのめり込んできた世代のやつなら、合理的行動が良くても便利なフィクションであること、市場は完全ではないこと等等を分かってないのかもしれない。でも、それがロバート・シラーにとって新しいことなのか? ベン・バーナンキにとっては? ジャネット・イエレンにとっては? ラリー・サマーズにとっては? それはアーヴィング・フィッシャーやウォルター・バジョットにとっても新しいことになっただろうか?

The question is what you do with this insight.
問題は、この洞察を持って何を考えるかだ。

There is definitely a faction within economics that considers it taboo to introduce anything into its analysis that isn’t grounded in rational behavior and market equilibrium. But what I do, and what everyone I’ve just named plus many others does, is a more modest, more eclectic form of analysis. You use maximization and equilibrium where it seems reasonably consistent with reality, because of its clarifying power, but you introduce ad hoc deviations where experience seems to demand them — downward rigidity of wages, balance-sheet constraints, bubbles (which are hard to predict, but you can say a lot about their consequences).
合理的行動と市場均衡に基づかない分析はどのようなものタブー視する経済学の一派は確かに存在する。でも僕がやっていること、そして僕が名前を挙げた学者やその他多くの人々がやっていることはずっと穏健で、折衷主義的な形の分析だ。それが現実と合理的に矛盾しないところではその明晰さの力ゆえに最大化や均衡を使うが、経験からアドホックな分析が必要な時――賃金の下方硬直性、バランスシート制約、バブル(予想するのは難しいものの、その結果については多くのことが言える)――にはアドホックな分析を特別採用する。

You may say that what we need is reconstruction from the ground up — an economics with no vestige of equilibrium analysis. Well, show me some results. As it happens, the hybrid, eclectic approach I’ve just described has done pretty well in this crisis, so you had better show me some really superior results before it gets thrown out the window.
我々に必要なのは根底からの再構築だ――均衡分析を全く用いない経済学――という人もいるかもしれない。じゃあ、その成果を示してくれ。偶然だが、僕が先ほど述べたハイブリッドな折衷主義的アプローチはこの危機の中ですごく機能してきた。だから、それを投げ捨てる前にもっと良い成果ってやつを示してくれよ。

Oh, and if you think you’ve found a fundamental logical flaw in one of our workhorse economic models, the odds are very strong that you’ve just made a mistake.
もしこの働き者の経済モデルの中に根本的な論理的間違いを発見したと思ったのなら、単にあなたが間違いを犯している可能性が圧倒的に高い。

Does this mean that nothing should change in the way we teach economics? By no means — it’s quite clear that the teaching of macroeconomics has gone seriously astray. As Saraceno says, the simple models that have proved so useful since 2008 are by and large taught only at the undergrad level — they’re treated as too simple, too ad hoc, whatever, to make it into the grad courses even at places that aren’t very ideological.
これは経済学の教え方を何も変える必要がないということを意味しているのか? 決してそうではない――マクロ経済学の教育が深刻なほど迷走しているのは明らかだ。サラセーノが言うように、2008年以来、役に立つことが明らかになったシンプルなモデルは概して学部生レベルでのみ教えられている――それらは非常に観念的というわけではない分野でさえ大学院のコースに組み込むにはあまりにも単純すぎで、あまりにもその場しのぎのものして扱われている。

Furthermore, to temper your modeling with a sense of realism you need to know something about reality — and not just the statistical properties of U.S. time series since 1947. Economic history — global economic history — should be a core part of the curriculum. Nobody should be making pronouncements on macro without knowing a fair bit about the collapse of the gold standard in the 1930s, what actually happened in the stagflation of the 1970s, the Asian financial crisis of the 90s, and, looking forward, the euro crisis.
さらに言えば、モデル構築を現実感覚と調和させるためには、現実以上の何かを知る必要がある――そして、それは1947年以来のアメリカの統計的特性だけではない。経済史――世界的な経済の歴史――はカリキュラムの中核にあるべきだ。誰も、1930年代の金本位制の崩壊や、1970年代のスタグフレーションの時や90年代のアジア金融危機、そしてお待ちかね、現在のユーロ危機において実際に何が起こっていたのか少しも知らないのにマクロ問題に関して意見を述べるべきではない。

I’d put my oar in for history of thought, too. Watching highly trained economists reinvent old economic fallacies suggests to me that there would be real payoff to requiring that students have some idea how the current leading doctrines got to where they are.
僕の意見では、経済思想史もそこに入れておきたい。高度な修練を積んできた経済学者が古い経済学的誤謬を再発明するのを見ていると、どのようにして現在の主流学説がその地位に至ったかを学生たちに身につけさせておくのは十分な見返りがあるように思える。

But must we reconstruct all of economics? No. Most of what we need, at least for now, is in those old books.
それでも、我々は経済学の全てを再構築しなければならないのか? いや、少なくとも現在のところ、我々が必要としている物の多くは古い経済学の本の中にある。


後書き:文中に出てくる「自分自身を正統派に対する勇敢な反逆者だと考えている人物」とは、『世界経済を破綻させる23の嘘』の著者である韓国出身の「異端派」経済学者ハジュン・チャンのこと。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本