スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Italy Versus Japan/July 16, 2011, 6:51 PM

Italy Versus Japan イタリア対日本

A question (to which I don’t have the full answer): why are the interest rates on Italian and Japanese debt so different? As of right now, 10-year Japanese bonds are yielding 1.09%; 10-year Italian bonds 5.76%.
疑問(私もそれに対する完全な答えを持っていない):なぜ、イタリアと日本の債務に掛かる利子率はこれほど違っているのか? 現在、日本の10年物国債の利回りは1.09%だが、イタリアの10年物国債の利回りは5.76%である。

I ask this because in a number of ways the two countries look similar. Both have high debt levels, although Japan’s is higher. Both have awful demography. In other respects, the numbers if anything favor Italy, which has a much smaller current deficit as a percentage of GDP.
多くの面で、この2国は似ているため、私はこのことを疑問に思う。どちらも債務水準が高いが、日本のほうがより高い。どちらの人口統計学もすさまじいものがある。他の点については、むしろ、数字はイタリアのほうが有利である。現在のイタリアのGDPに占める財政赤字の割合は日本よりずっと小さい。

So what’s going on? I normally argue that members of the euro zone that have excessive costs ― which certainly includes Italy ― face a straightjacket in the sense that they will be forced to go through a period of grinding deflation to restore competitiveness. But while Japan has its own currency, it’s suffering from its own deflation all the same.
それなら、何が起こっているのか? 私は基本的には、過大なコストが掛かるユーロ圏のメンバー―イタリアも確かにそこに含まれる―は、ある意味で、競争力を回復するためには骨の折れるデフレの期間を経ることが強制される拘束着に直面している。だが、日本は独自の通貨を持っているので、彼らが苦しんでいるデフレは、それ自身の問題である。

What is true is that the Bank of Japan is keeping rates at zero, while the European Central Bank seems determined to raise rates. Is that enough to explain the difference? Or is it something about the absence of a proper lender-of-last-resort function?
確かなことは、日本銀行が利子率をゼロに保とうとしている一方、ヨーロッパ中央銀行はり利子率を上げることを決めているように思えるということだ。それで、この違いを十分に説明できるだろうか? あるいは、適切な「最後の貸し手」機能の不在についての何かがあるのか?

Or, finally, do Japanese politics ― for all their disappointments ― just look more mature than those of Italy?
あるいは、最終的に、日本の政策は―それらが期待はずれであったとしても―イタリアよりも熟練しているように見えているのか?

I actually don’t have a firm view. But it seems to be an important puzzle to resolve.
実際、私は確定的な見解を持っていない。だが、それは解かれるべき重要なパズルであるように思える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。