スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S&P/April 18, 2011, 10:47 AM

S&P

OK, so Standard and Poors has warned that it might downgrade the US one of these days. At first read, what it says doesn’t seem too silly: it lays stress, rightly, on political gridlock. The point should be that the US is perfectly capable both of running large deficits now and getting its fiscal house in order over time; but not if the parties cannot agree on any kind of solution. What we do to spending this year or next is irrelevant.
OK、スタンダード・アンド・プアーズが近々アメリカを格下げする可能性を警告している。初見では、それが言っていることは、それほど馬鹿げているとは思えない。それは、正しくも、政治的な停滞に圧力をかけている。重要なのは、アメリカが現在の巨大な赤字予算を完全に運営する力を持つことであり、財務状況を経時的に秩序ある状態に保つことである。もし全ての政党があらゆる種類の解決策に同意できないのであれば、それは不可能だ。今年や来年の支出のためにすることは、関係がない。

That said, it’s worth remembering that S&P downgraded Japan in 2002 ? and here’s what happened:
とは言うものの、S&Pが2002年に日本を格下げしたことも覚えておく価値がある―そして、これが起きたことだ:

jgb10.jpg

Japanese bonds became known as the “trade of death”, because people kept betting on an interest rate rise, and it kept not happening.
日本の国債は「死の取引」として知られるようになった。なぜなら、人々はずっと利子率が上昇するほうに賭け続けていたのに、それはずっと起こらないままだったからだ。

So, no big deal.
だから、大したことはない。

Update: Like I said, no big deal:
更新:私が言ったとおり、大したことはない:

sandp.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。