スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core Logic/February 26, 2010, 9:39 AM

Core Logic コアの論理

Since I’m taking a break from shoveling, I thought I might take a few minutes to address an issue that seems to confuse many people: the idea of core inflation. Why do we need such a concept, and how should it be measured?
私は最近掘り下げれていないんだが、多くの人々を混乱させているように思える問題を位置づけるべく数分かけてみようと思った。それはコア・インフレについての観念のことだ。なぜ、こんな概念が必要なのか? そして、それはどのように測られるべきなのか?

So: core inflation is usually measured by taking food and energy out of the price index; but there are alternative measures, like trimmed-mean and median inflation, which are getting increasing attention.
通常、コア・インフレは物価から食料とエネルギーを除くことによって測られる。だが、トリムド・ミーンやメディアン・インフレといった、注目を集めつつある代替の測定方法もある。

First, let me clear up a couple of misconceptions. Core inflation is not used for things like calculating cost-of-living adjustments for Social Security; those use the regular CPI.
最初に、いくつかの誤解を訂正させてほしい。コア・インフレは社会保障のための生計費調整分を計算すると言ったことのためには使われていない。それらには通常のCPIを使う。

And people who say things like “That’s a stupid concept ― people have to spend money on food and gas, so they should be in your inflation measures” are missing the point. Core inflation isn’t supposed to measure the cost of living, it’s supposed to measure something else: inflation inertia.
「そんな概念はばかげている―人々は食料やガソリンにもお金を使わなければならないのだから、インフレを測る時にも、それらは含められなければならない」というような事を言っている人はポイントがずれている。コア・インフレは生活費を測るためのものではない。それはその他の何かを測る為のものである。つまり、インフレの慣性だ。

Think about it this way. Some prices in the economy fluctuate all the time in the face of supply and demand; food and fuel are the obvious examples. Many prices, however, don’t fluctuate this way ― they’re set by oligopolistic firms, or negotiated in long-term contracts, so they’re only revised at intervals ranging from months to years. Many wages are set the same way.
こんな風に考えてもらいたい。経済の中で、ある価格は需要と供給に応じて、常に変化している。食料と石油が代表的な例だ。しかしながら、多くの価格はこんな風には変動しない。それは寡占企業によって決められ、あるいは長期的な契約交渉のもとで決められるので、数ヶ月から数年の間隔ごとにしか改定されない。多くの賃金も同じような方法で決まる。

The key thing about these less flexible prices ― the insight that got Ned Phelps his Nobel ― is that because they aren’t revised very often, they’re set with future inflation in mind. Suppose that I’m setting my price for the next year, and that I expect the overall level of prices ― including things like the average price of competing goods ― to rise 10 percent over the course of the year. Then I’m probably going to set my price about 5 percent higher than I would if I were only taking current conditions into account.
この変動性の低い価格がカギとなるのは―ネッド・フェルプスがノーベル賞を獲得することになった洞察―それらの価格は非常に頻繁には改定されないため、頭の中にある将来のインフレを組み入れて決まるということだ。私が来年の価格を決めるとしよう。そして、私は、全般的な価格水準―競合財の平均価格のようなものを含む―が1年間に10%増加すると予想する。その時に、私は、単に現在の状況を考慮する時よりも、たぶん、5%ほど高く価格を設定するだろう。

And that’s not the whole story: because temporarily fixed prices are only revised at intervals, their resets often involve catchup. Again, suppose that I set my prices once a year, and there’s an overall inflation rate of 10 percent. Then at the time I reset my prices, they’ll probably be about 5 percent lower than they “should” be; add that effect to the anticipation of future inflation, and I’ll probably mark up my price by 10 percent ― even if supply and demand are more or less balanced right now.
そして、それがこの話の全てではない。なぜなら、一時的な固定価格は、一定の間隔ごとに改定するしかないので、それが置き換えられる時には、しばしばキャッチアップ分が含まれる。再び、私が1年に1回価格を決めるとして、全般的なインフレ率が10%だとしよう。私が価格を置き換える時には、その価格は「あるべき」価格よりも5%ほど低くなっているだろう。将来のインフレの予想への影響を加えれば、たぶん、私は10%価格を値上げするだろう―たとえ、現時点において、需要と供給が多かれ少なかれ均衡しているとしてもだ

Now imagine an economy in which everyone is doing this. What this tells us is that inflation tends to be self-perpetuating, unless there’s a big excess of either supply or demand. In particular, once expectations of, say, persistent 10 percent inflation have become “embedded” in the economy, it will take a major period of slack ― years of high unemployment ― to get that rate down. Case in point: the extremely expensive disinflation of the early 1980s.
今、経済の中で、全ての人がそうすると想像してほしい。このことから分かるのは、需要か供給どちらかの大きな過剰がない限り、インフレは自己永続的な傾向があるということだ。特に、いったん、例えば10%の永続的なインフレ期待が、経済の中に「埋め込まれてしまう」と、その率を下げるためには、かなりな期間の弛緩―高失業率の数年間―が必要になる。その例が、1980年代初期の非常に費用のかかったディスインフレだ。

Now, the measurement issue: we’d like to keep track of this sort of inflation inertia, both on the upside and on the downside ― because just as embedded inflation is hard to get rid of, so is embedded deflation (ask the Japanese). But in the real world, while some (many) goods behave like this, some don’t: their prices rise quickly with supply and demand changes, and don’t display inertia. So we need a measure that extracts the signal from the noise, getting at the inertial part of the story.
今、測定の問題について:我々は、上方であれ下方であれ、インフレの慣性のようなものを追跡したい―なぜなら、埋め込まれたインフレを取り除くのが難しいのと同じように、埋め込まれたデフレを取り除くのも難しいから(日本に聞いてくれ)。だが、現実の世界では、ある(多くの)財はこんな風にふるまうが、そうではない財もある。それらの価格は需要と供給の変動に応じて即座に上昇するものであり、慣性は見られない。だから、我々は雑音から信号を抽出するための測定手段、この筋書きでは慣性の部分を捉える手段が必要となる。

The standard measure tries to do this by excluding the obviously non-inertial prices: food and energy. But are they the whole story? Of course not ― and standard core measures have been behaving a bit erratically lately. Hence the growing preference among many economists for measures like medians and trimmed means, which exclude prices that move by a lot in any given month, presumably therefore isolating the prices that move sluggishly, which is what we want.
標準的な測定手段では、明白に非慣性的な価格、つまり食料とエネルギーを取り除くことによって、これを行おうとしている。これが話の全てだろうか? もちろん違う。標準的なコアの測定手段は、最近、少し随伴的になっている。それゆえ、多くの経済学者の間で、メディアンやトリムド・ミーンのような測定手段を好む傾向が強くなっている。それらは、所与の月に何度も変動する価格を除外することによって、鈍重な動きの価格を隔離しているが、それこそ我々が求めているものである。

And what these measures show is an ongoing process of disinflation that could, in not too long, turn into outright deflation:
これらの測定手段が示しているのは、現在進行中のディスインフレの過程が、そう遠くない将来、明らかなデフレに転じる可能性があるということである:

coredeflate.png
Cleveland Fed

Japan, here we come.
日本、そこに我々は向かっている。


翻訳の感想:クルーグマン自身の推奨記事。ここ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。