スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

British Inflation: A Teachable Moment/June 28, 2011, 11:35 AM

British Inflation: A Teachable Moment イギリスのインフレ:学びの時

Adam Posen gave a talk yesterday (pdf) about British monetary policy that drives home a point I’ve been meaning to make; namely, that what’s happening in Britain on the monetary front right now is very much a teachable moment for monetary policy more generally. The Bank of England faces the same kind conflict between what it should be doing and what it’s under pressure to do that faces the Fed, but in starker form. And if the BoE holds its ground, we should soon have a clear demonstration that one side is right and the other is wrong.
昨日、アダム・ポーゼンがイギリスの金融政策についての講演を行ったが、それは、まさに私が言わんとすることそのものである。すなわち、現在、イギリスの金融の最前線で起こっていることは、より一般的な金融政策において非常に学ぶことが多い機会である。イングランド銀行(以下、BoE)は、何をすべきかという事と、何をするように圧力をかけられているかという事の間の葛藤に直面している。FRBもそれに直面しているが、BoEのほうがより際立ったものである。そして、BoEが現在の立場を堅持すれば、我々は一方が正しくて、もう一方が間違っていると明白に分かる論証をすぐに得ることになる。

The story so far: Britain is currently experiencing relatively high headline inflation, more than 4 percent over the previous year. And so there are demands that the BoE tighten. Yet the bulk of the rise in inflation clearly represents temporary or one-time factors: a rise in value-added taxes as temporary breaks introduced during the recession expired, commodity prices, and the once-off effects of the fall in the value of the pound against the euro.
粗筋:現在、イギリスは相対的に高いヘッドライン・インフレ、去年は4%以上を経験している。そして、BoEには金融引き締めを求める声がある。だが、このインフレ上昇の大部分は明らかに一時的、もしくは一回限りの要因によるものである。つまり、景気後退期の減税措置の終了にともなう付加価値税の増加、商品価格(の上昇)、そしてユーロに対してポンドの価値が下落したことによる1回きりの効果。

Nonetheless, the inflation hawks demand a rate rise, arguing that despite the still very depressed state of the economy, inflation must be nipped in the bud or it will turn into stagflation, 70s-style.
それにもかかわらず、インフレ・タカ派は、いまだ経済が非常に落ち込んだ状況にいるというのに、インフレはつぼみの間に摘み取られなければならず、そうでなければ70年代型のスタグフレーションに突入するだろうと論じて、利子率を上げることを求めている。

What Posen points out is that the case for preemptive monetary tightening to head off stagflation is entirely based on the 70s experience; there have been no other similar episodes in history. before or since. And the situation in Britain today bears little resemblance to the situation preceding any modern takeoff in inflation. Here’s unit labor costs in the quarters preceding several modern British inflation episodes, and this time around:
ポーゼンが指摘しているのは、スタグフレーションを避けるための先制的な金融引き締めを求める議論が、完全に70年代の経験に基づいているということだ。歴史上、他に似たエピソードはない。その前もその後も。そして、今日のイギリスの状況は、あらゆる現代のインフレが起こる前の状況とほとんど似ているところはない。以下の図は、現代の様々なイギリスのインフレが起こった時と現在とに先立って、生産一単位当たりの人件費がどう推移していたかを四半期ごとに示したものだ:

062811krugman1-blog480.jpg

So it really does not look as if there’s much risk that this blip in inflation will turn permanent. And on the other hand, there’s every risk that a premature tightening will ensure that Britain faces a lost decade or more.
それは、現在のインフレの一時的な上昇が永続的なものになるリスクが高いようにはまったく見えない。そして、一方では、早すぎる引き締め政策により、イギリスが確実に失われた十年やそれ以上のものに直面するリスクはふんだんにある。

All the same issues apply in the United States, although in less extreme form: we didn’t have the VAT increase, but we did have the commodity shock, and the depreciation of the dollar has had some effect, although probably not as much as the depreciation of the pound.
同じこと全てが、極端なところは少ないものの、アメリカにも適用できる。つまり、アメリカは付加価値税を引き上げていないが、商品価格のショックはあったし、ドル安もたぶんポンド安ほど大きいものではないが、なんらかの効果はある

What we can hope for is that the BoE stays the course; and when inflation in the UK drops sharply, as it almost surely will, that will be an object lesson in the folly of always making policy as if it were 1979.
我々が望むのは、BoEが現在の政策を続けることである。そうすれば、イギリスのインフレが急速に下落したあかつきには、それはほぼ確実にそうなるので、その政策は、常にまるで今が1979年であるかのように政策決定を行うことの愚かさを示す良い実例となるだろうから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。