スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don’t Cry For Argentina/June 23, 2011, 1:20 PM

Don’t Cry For Argentina アルゼンチンを嘆くことなかれ

OK, I guess I don’t quite see how Argentina’s default, of all examples, can be viewed as a cautionary tale for Greece:
OK、私は、どうやったらよりによってアルゼンチンのデフォルトがギリシアのための教訓として見なされるのか、ちょっと理解できないと思う:

062311krugman3-blog480.jpg
IMF World Economic Outlook database

Argentina suffered terribly from 1998 through 2001, as it tried to be orthodox and do the right thing. After it defaulted at the end of 2001, it went through a brief severe downturn, but soon began a rapid recovery that continued for a long time. Surely the Argentine example suggests that default is a great idea; the case against Greek default must be that this country is different (which, to be fair, is arguable).
アルゼンチンは、1998年から2001年まで正統的であろうとして、また正しいことをしようとしてずっと酷い状況にあった。2001年の終わりにデフォルトした後、アルゼンチンは短期間の厳しい景気後退を経て、すぐに急速な景気回復が始まり、それは長期間続いた。確かに、アルゼンチンの例は、デフォルトがすばらしいアイデアであることを示している。ギリシアのデフォルトに反対するというなら、この国がアルゼンチンとは違っているということでなければならない(公平に言えば、そういう議論はできなくもない)。

I was really struck by the person who said that Argentina is no longer considered a serious country; shouldn’t that be a Serious country? And in Argentina, as elsewhere, being Serious was a disaster.
私は、ある人がアルゼンチンをもはやまともな国とは考えていないと言った時、本当に衝撃を受けた。どうすれば、ある国が「まともな」国でなくなるというのか? そして、アルゼンチンや、その他の地域であれ、「まとも」であるというのは災厄だった。


追記:山形浩生さんのコメントがあります。
・「OK、私は、あらゆる例の中でもアルゼンチンのデフォルトがギリシアのための教訓として見られるとは、まったく考えていなかったと思う」を
「OK、私は、どうやったらあらゆる例の中でもアルゼンチンのデフォルトがギリシアのための教訓として見なされるのか、ちょっと理解できないと思う」に差し替え。
・「それは疑問の余地のあるものだ」を「そういう議論はできなくもない」に差し替え。
・「どうやったらあらゆる例の中でも」を「どうやったらよりによって」に差し替え。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

冒頭、 I don't quite see how... というのは、「どうやったら... になるのか、ちょっと理解できない」ということで、今現在理解できない、ということです。

また(which, to be fair, is arguable) に対して(公平に言えば、それは議論の余地のあるものだ)という訳にしていて、厳密にはまちがいではないのですが、日本語で「議論の余地がある」というと通常それは「疑わしい」(往々にして「ありえん」の婉曲表現)という意味です。それに対してここは、「そういう議論はできなくもない」という趣旨なので、ニュアンス的に差が出てきます。

で、最後のところ。小文字のserious countryは、訳されたとおり「まともな国」です。でも後者のSerious country は、たぶんおわかりなんだろうと思いますが、この文の趣旨から考えて「くそまじめ(にIMFの言いつけまもって緊縮財政したり構造改革したりする)な国」とでもいう意味ですよね。2段落目にある「正統的」と同じ意味ですね。今のままだとそれがちょっと理解しにくいかと思います。これをうまく表現するのはむずかしいし、工夫して変な言葉遊びをしようとするとイタい訳文になることが多いので、ぼくなら注で逃げます。が、いいアイデアがあれば是非。

No title

山形浩生さん
誤訳の指摘ありがとうございます。
それで、seriousとSeriousのことで別にいいアイデアはないんですが、クルーグマンは今回みたいにトピックの中でよくこの二つを使い分けてますよね。訳を変えてしまうとこの面白さが分からなくなってしまうと思うので、僕は訳を同じにして、大文字のほうには鍵括弧を付けてます。訳注みたいなもののあると分かりやすいと思うんですが、意味を短くまとめるのは難しいし、正直照れもあるので今は逃げてます。
「bond vigilantes」とかも定訳があるといいと思うんですが。
またよろしくお願いします。

No title

冒頭の文の of all examples は「よりによって」と訳すとしっくりきます。ミニ知識。

No title

山形さん
ありがとうございます。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。