スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

America’s Chinese disease (not quite what you think)/October 19, 2009, 5:07 PM

America’s Chinese disease (not quite what you think) アメリカの中国病(あなたの考える意味ではない)

Fed chairman are expected to speak in code, so that reading their remarks is a bit like watching the famous scene in Annie Hall where the conversation between the lovers is subtitled with what they’re really saying. So when Ben Bernanke says this:
FRB議長は暗号のように話すと考えられている。そこで、彼らの言説を読む際には、『アニーホール』の有名なシーンを見るときのようにしたほうがいい。そこでは、恋人たちが会話している時には、彼らが本当に言わんとすることが字幕で表される。だから、バーナンキが次のようなことを言う時には:

Another set of lessons that Asian economies took from the crisis of the 1990s may be more problematic. Because strong export markets helped Asia recover from that crisis, and because many countries in the region were badly hurt by sharp reversals in capital flows, the crisis strengthened Asia’s commitment to export-led growth, backed up with large current account surpluses and mounting foreign exchange reserves. In many respects, that model has served Asia well, contributing to the rapid growth rates in the region over the past decade. In fact, it bears repeating that evidence from the world over shows trade openness to be an important source of economic growth. However, too great a reliance on external demand can also pose problems. In particular, trade surpluses achieved through policies that artificially enhance incentives for domestic saving and the production of export goods distort the mix of domestic industries and the allocation of resources, resulting in an economy that is less able to meet the needs of its own citizens in the longer term.
1990年代の危機によって、アジア経済が学んだ一連の教訓は、もっと問題の多いものになるかもしれない。なぜなら、強い輸出市場がアジアの危機からの回復を助けたことと、資金流入の急激な逆流がその地域の多くの国をひどく傷つけたことから、危機の後、アジアは、大きな経常収支の黒字と巨額の外貨準備高の積み立てに支えられた、輸出主導の成長により強くコミットすることになった。多くの点において、このモデルはアジアにとって役に立つものであり、その地域での過去十年以上の急速な成長率に貢献した。実際に、それは、世界中の証拠が示すように、貿易の開放度が経済成長の重要な資質であることを再確認させることになった。しかしながら、対外需要にあまりにも頼りすぎることは、更なる問題を生む可能性もある。特に、人為的に、国内の貯蓄と輸出財の生産のインセンティブを強化することを通して達成された貿易黒字は、国内で消費される産業との調合と資源の配分を捻じ曲げてしまい、結果として、長期で見ると、経済はその市民の必要性を満たすことができなくなる。


the subtitle reads
字幕はこうなる

HEY, CHINA, STOP ACCUMULATING DOLLARS ― IT’S TIME TO REVALUE YOUR CURRENCY
おい、中国、ドルを貯めこむのを止めろ―そろそろ通貨切り上げの時だろ


But does the United States dare put pressure on the Chinese to do that? People constantly say that we can’t risk it ― that we’re dependent on China to keep buying our debt. Yet this is all wrong under current circumstances.
でも、アメリカはなんとかして中国にそうするようにプレッシャーをかけているんだろうか? 人々が決まって言うのは、そんなリスクは犯せない―我々は中国がアメリカの借金を買い続けてくれることに依存している。だが、これは現在の状況においてはまったく間違っている。

How do I know it’s all wrong? Here’s one way to think about the issue that I haven’t seen anyone else put forth (if they have, I’ll be happy to give credit.)
どのようにして、私は、それがまったく間違っていると知ったのか? 次にこの問題に関して、誰も言及しているのを見たことがない一つの考え方を示す(もし、そういう人がいるなら、私は喜んで賞賛する)。

Right now, we’re in a situation in which conventional monetary policy is hard up against the zero lower bound; rules of thumb that track past Fed behavior suggest that the short-term interest rate should be -5% or lower. To partially make up for its lack of traction, the Fed is engaged in massive “quantitative easing” ― a misleading term, but I guess we’re stuck with it. What it basically means is that the Fed is selling Treasury bills or their equivalent (interest-paying excess bank reserves are essentially the same thing), while buying other assets, expanding its balance sheet enormously in the process.
今、我々は、ゼロ下限の金利に直面して、伝統的な金融政策が困難な状況にある。過去のFRBの行動を追跡することによって得られた経験則によると、現在の短期金利は-5%かそれ以下でなければならない。部分的には、その欠けている牽引力を埋め合わせるために、FRBは大規模な「量的緩和」を採っている―誤解を誘う言葉だが、使わざるを得ないように思う。それが基本的に意味するのは、FRBが短期国債かそれに相当するもの(預金準備金の過剰な部分に金利を支払うのは、実質的に同じことだ)を売って、他の資産を買うことであり、その過程において、バランスシートは非常に拡大する。

What kinds of other assets? Mortgage-backed securities; securities backed by credit-card debt; longer-term government debt; etc..
他の資産はどのような種類のものか? 担保保障有価証券、クレジットカードの債務によって裏付けられた有価証券、長期国債、その他。

One type of asset the Fed has not been buying is foreign short-term securities. But that’s not because such purchases would be ineffective. On the contrary, selling domestic short-term debt and buying its foreign-currency counterpart is the essence of a sterilized foreign-exchange-market intervention, which is a time-honored way of gaining a competitive advantage and helping your economy expand.
FRBが買うことのない資産の一つが、外国の短期有価証券だ。だが、それは、その資産を買うことに効果がないからではない。反対に、国内の短期債務を売って、外国通貨建てのそれに相当する物を買うことは、非不胎化の外国為替市場介入にとって本質的なものであり、競争力を獲得して、経済を拡大させるのに役立つ由緒ある方法である。

And some countries have, in fact, made foreign-currency purchases a part of their quantitative easing strategy ― Switzerland in particular. The only reason the Fed isn’t doing this is that we’re a big player, and can’t be seen to be pursuing a beggar-thy-neighbor strategy.
実際に、量的緩和戦略の一端として、外国通貨建てのものを買っている国がいくつかある―特にスイス。FRBがこれをしない唯一の理由は、アメリカがビッグ・プレイヤーだからであり、近隣窮乏化政策を採っていると見られないためである。

But now ask the question: what would the effect be if China decided to sell a chunk of its Treasury bill holdings and put them in other currencies? The answer is that China would, in effect, be engaging in quantitative easing on behalf of the Fed. The Chinese would be doing us a favor! (And doing the Europeans and Japanese a lot of harm.)
だが、今、あの疑問を尋ねよう:もし、中国が所有する米短期国債を大量に売って、他の通貨建てのものを買うことを決定したら、どうなるだろうか? 答えは、結果として、中国はFRBのために量的緩和をしてくれていることになる。中国人は我々に親切なことをしてくれることになる(そして、ヨーロッパや日本にとっては非常に害となることをしていることになる)。

Conversely, by continuing to buy dollars, the Chinese are in effect undermining part of the Fed’s efforts ― they’re conducting quantitative diseasing, I guess you could say, hence the title of this post.
反対に、ドルを買い続けることによって、中国は、結果としてFRBの努力を台無しにしている節がある―彼らは反量的緩和をしていると言っていいだろう。それゆえに、この投稿のタイトルになるわけだ。

The point is that right now the United States has nothing to fear from Chinese threats to diversify out of the dollar. On the contrary, if the Chinese do decide to start selling dollars, Tim Geithner and Ben Bernanke should send them a nice thank-you note.
重要なのは、今、中国がドル以外の通貨に多様化するという脅しを怖がる必要はないということだ。反対に、中国がドルを売ることを決定したのであれば、ティム・ガイトナーとベン・バーナンキは彼らに感謝状を送るべきだ。


翻訳の感想:かなり古い記事ですが、クルーグマン自身の推奨記事。ここ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。