スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Economic Consequences of Mr. Trichet/June 10, 2011, 10:00 AM

The Economic Consequences of Mr. Trichet トリシェ氏の経済的帰結

In response to my latest Iceland-Ireland post, a commenter at The Irish Economy writes,
最近の私のアイスランド-アイルランドに関する記事への反応の中で、The Irish Economy誌のコメンテーターが次のように書いている、

Ireland and Iceland are like orphans that have been taken in by 2 different foster families. Iceland ended up with a circus crowd. Not very intellectual but people with a lot of cop on.
アイルランドとアイスランドは、2つの別々の家族に引き取られた孤児のようなものだ。アイスランドは結局、サーカス団の中に入った。まったく知的ではないが、やるべきことはやる人々である。

The Trichets are a very respectable couple who took in Ireland but Mr Trichet has a ferocious temper and he never admits to his wife that she is right when she suggests he should look at the map.
アイルランドを引き取ったトリシェ夫妻はとても尊敬すべきカップルであるが、トリシェ氏は凶暴な気質を持っていて、妻が正しくも地図を見るように提案しても、決して受け入れない。


Quite. William Black has a great catch: a Trichet speech from 2004 in which he praises Ireland to the skies. Also, way back then he was pushing the same doctrine of expansionary austerity he has clung to more recently, in the teeth of the evidence.
確かにそうだ。ウィリアム・ブラックはよく把握している:2004年のスピーチの中で、トリシェはアイルランドを褒めちぎった。そして、以来ずっと、彼は「景気拡大的な財政緊縮策」を推し進めて来て、証拠に反しているというのに、最近、ますますそれにしがみついている。

Same as he ever was. He might ask himself, “My God! What have I done?” But he won’t.
彼はその時とまったく同じだ。かつては、彼はこう自問していたかもしれない、「神よ、私が何をしたというのですか?」 でも、今後はそうすることはないだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。