スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Obstinacy of Error, Interest Rates Edition/June 19, 2011, 5:20 AM

The Obstinacy of Error, Interest Rates Edition 間違いの強情さ、利子率版

Brad DeLong reposts something he wrote two years ago about interest rates; it was, I think, at least in part a followup to my slightly earlier post on liquidity preference and loanable funds. Brad and I both believe that the story of interest rates in this crisis is both remarkable and under-appreciated.
ブラッド・デロングが、2年前に利子率について書いたものを再投稿している。それは、少なくとも部分的には、私のごく最近の流動性選好と貸出資金についての記事を補足するものだと思う。ブラッドと私はともに、この危機の中で、利子率の話は注目すべきものであると同時に、過小評価されていると考えている。

Here’s how it went down. In early 2009 we were faced with the prospect of (a) huge borrowing by the United States and other advanced-nation governments, because the recession had savaged revenues and increased the costs of safety-net program (b) a protracted period of high unemployment, with monetary policy likely to be up against the zero lower bound for years to come.
話はこんな流れになる。2009年初期、我々は、(a)不景気が歳入を削り、セーフティーネットにかかる費用が増大するため、アメリカや他の先進国政府が巨額の借り入れを行う(b)金融政策が、数年間ゼロ下限金利に直面し続けるため、高い失業率は長引いたものになる、という見通しに直面した。

Many private investors – plus economists and economic commentators who never understood Keynes – looked at (a) and confidently predicted soaring interest rates. Economists who did get Keynes looked at (b) and said that rates would stay low unless government borrowing was large enough to return the economy to something like full employment, which was unlikely.
多くのケインズを理解していなかった民間の投資家―それに、経済学者や経済のコメンテーター―は、(a)を見て、自信たっぷりに利子率が急上昇することを予想した。ケインズを理解している経済学者は、(b)を見て、政府の借り入れが、経済を完全雇用に近い状態まで持っていくほど十分に大きいものでないなら、そして、それはありえそうにないので、利子率は低いままだろうと言った。

The economic argument for rates staying low, by the way, wasn’t complicated: it amounted to saying that the IS curve looked like this:
ところで、利子率が低いままで止まるという経済学的な論旨は複雑なものではない。それは、ISカーブがこんな風であると言うものだ:

061911krugman2-blog480.jpg

and that there was no reason for the interest rate to rise, even with large government borrowing, unless that borrowing shifted the IS curve enough to the right to bring the economy above the zero lower bound. The subtlety arose from understanding that at each point on that IS curve the supply and demand for loanable funds are in fact equal, that liquidity preference and loanable funds are both true.
そして、たとえ政府の借り入れが大きくても、その借り入れがISカーブをシフトさせて、経済をゼロ下限金利より上に持ってくるほど十分に大きいものでないなら、利子率が上昇するような理由は何もない。ISカーブ上のそれぞれの点において、貸付資金の需要と供給は実際に等しくなり、流動性選好と貸付資金がともに実現するということを理解するのには捉えがたいところがある。

And here we are, two-plus years later, and the interest rate on 10-year U.S. Treasuries is only 2.94 percent. This should count as a triumph of economic analysis: the model was pitted against the intuitions of practical men, making a prediction many people considered ridiculous – and the model was right.
今、それから2年が経った。アメリカの10年物国債の利子率はたった2.94%だ。これは経済的分析の大手柄の一つして数えられるべきだ。つまり、このモデルは実際的な人の直感に逆らい、多くの人々の予想を馬鹿げたものと看做した―そして、モデルは正しかった。

And nobody noticed; economic discourse – and even a lot of investment strategy ― continues to rely on the supply-and-demand-for-bonds view, even though it has been thoroughly discredited by experience.
そして、そのことに誰も気づいていない。経済的な議論は―たくさんの投資戦略でさえ―引き続き「債券の需要と供給」的観点に依存している。それは、経験によって徹底的に否定されているというのに。

How is this possible?
こんなことがどうすれば可能なのか?

One answer is that the Greeks muddied the waters. The solvency problems of the Greek government actually have nothing to do with the notion that we’ll face crowding out because the government is selling too many bonds, even with the economy depressed; but many of the original crowding-out prophets nonetheless seized on Greece and claimed that it vindicated their views.
一つの答えは、ギリシアが混乱させたからだ。ギリシアの支払い能力の問題は、事実として、経済が落ち込んでいたとしても、政府があまりにも多く債券を売りすぎれば、クラウディング・アウトの問題に直面してしまうという観念とはまったく関係ない。それにもかかわらず、初めにクラウディング・アウトを予言した者の多くは、ギリシアの例にしがみつき、彼らの見解が証明されたと主張している。

More broadly, I guess it turns out that Hicks/Keynes analysis is harder than it looks, and that even smart people – many of them with economics PhDs – just can’t wrap their minds around the notion that sometimes just doing supply and demand isn’t enough.
もっと広く言えば、それは、ヒックス/ケインズ分析は見かけよりも理解するのが難しいことを示しているように思われる。賢い人々ですら―彼らの多くは経済学のPhDを持っている―時には需要と供給だけでは十分でないという観念を思考に取り込むことすらできないように見えるから。

The result – that one theory has been proved wrong, another proved right, yet the world continues to believe in Theory #1 – is frustrating. It’s also tragic, because that intellectual obstinacy is contributing to the “new normal” of permanently high unemployment.
その結果―1つの理論が間違っていると証明されて、もう1つの理論は正しいと証明されたのに、まだ世界は理論#1を信じ続けている―は、いらだたしいものである。それは悲劇でもある。なぜなら、知的な強情さは、永続的な高い失業率という「新たな標準」に寄与しているのだから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。