スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Instability of Moderation/November 26, 2010, 9:40 AM

The Instability of Moderation 中庸の不安定性

Brad DeLong writes of how our perception of history has changed in the wake of the Great Recession. We used to pity our grandfathers, who lacked both the knowledge and the compassion to fight the Great Depression effectively; now we see ourselves repeating all the old mistakes. I share his sentiments.
ブラッド・デロングが、大不況に続いて、我々の歴史認識がどのように変わっていったのかについて書いている。我々はかつて祖父を哀れんだものだ。彼らは大恐慌と効果的に戦うための知識と同情心をどちらも欠いていたから。今、我々はその古い過ちをそっくりそのまま繰り返している。私は彼と心情を共有している。

But watching the failure of policy over the past three years, I find myself believing, more and more, that this failure has deep roots – that we were in some sense doomed to go through this. Specifically, I now suspect that the kind of moderate economic policy regime Brad and I both support – a regime that by and large lets markets work, but in which the government is ready both to rein in excesses and fight slumps – is inherently unstable. It’s something that can last for a generation or so, but not much longer.
だが、過去3年以上の政策の失敗を見ると、私はますますこの失敗には深い根があると―ある意味では、こうなることは運命付けられていた―考えるようになっている。具体的に言えば、ブラッドと私が共に支持している穏健な経済政策のレジーム―政府が行き過ぎに手綱をつけないといけない時や、不況と闘う時を除いて、基本的には市場の作用に任せるというレジーム―は、本質的に不安定なのではないかと疑っている。それは、一世代かあと少しは存続できるものであるが、それ以上は無理なのではないか。

By “unstable” I don’t just mean Minsky-type financial instability, although that’s part of it. Equally crucial are the regime’s intellectual and political instability.
私が「不安定性」という時、それはミンスキー型の金融不安定性そのものを意味するわけではない。それはその中の一部ではある。だが、そのレジームの知的そして政治的不安定性もまた同様に本質的なものである。

Intellectual instability
知的不安定性

The brand of economics I use in my daily work – the brand that I still consider by far the most reasonable approach out there – was largely established by Paul Samuelson back in 1948, when he published the first edition of his classic textbook. It’s an approach that combines the grand tradition of microeconomics, with its emphasis on how the invisible hand leads to generally desirable outcomes, with Keynesian macroeconomics, which emphasizes the way the economy can develop magneto trouble, requiring policy intervention. In the Samuelsonian synthesis, one must count on the government to ensure more or less full employment; only once that can be taken as given do the usual virtues of free markets come to the fore.
私が日々の研究で使っている経済学のブランド―そのブランドは、私がいまだもっとも合理的なアプローチと考えている―は、大部分、1948年にポール・サミュエルソンによって設立された。その年に、彼は古典的な教科書の第一版を出版した。それは、どのようにして見えない手が一般的に望ましい結果に導くかを強調する、ミクロ経済学の偉大な伝統を、どうやって経済が甚大な困難に至り、政策の介入が必要になるかを強調する、ケインズ経済学と結合させるアプローチである。サミュエルソン的総合の中では、多かれ少なかれ、完全雇用を満たすためには政府が必要とされる。そして、いったん、それが達成されれば、自由市場のいつもの美徳が前面に来るようになる。

It’s a deeply reasonable approach – but it’s also intellectually unstable. For it requires some strategic inconsistency in how you think about the economy. When you’re doing micro, you assume rational individuals and rapidly clearing markets; when you’re doing macro, frictions and ad hoc behavioral assumptions are essential.
それは非常に合理的なアプローチである―だが、それは知的には不安定でもある。それは、経済の仕組みを考える際に、戦略的な矛盾を必要としているからだ。ミクロについて考える時には、合理的な個人や速やかな市場の清算を仮定する。マクロについて考える時には、摩擦やその場しのぎのふるまいが不可欠となる。

So what? Inconsistency in the pursuit of useful guidance is no vice. The map is not the territory, and it’s OK to use different kinds of maps depending on what you’re trying to accomplish: if you’re driving, a road map suffices, if you’re going hiking, you really need a topo.
それがどうしたと言うのか? 役に立つガイダンスを追求する中での矛盾は悪徳ではない。地図は土地そのものではない。達成しようとするものに応じて異なる種類の地図を使っても構わない。つまり、ドライブする時には道路地図で十分だし、ハイキングに行く時には等高線地図が必要だ。

But economists were bound to push at the dividing line between micro and macro – which in practice has meant trying to make macro more like micro, basing more and more of it on optimization and market-clearing. And if the attempts to provide “microfoundations” fell short? Well, given human propensities, plus the law of diminishing disciples, it was probably inevitable that a substantial part of the economics profession would simply assume away the realities of the business cycle, because they didn’t fit the models.
だが、経済学者はミクロとマクロの分割線を押し出してしまう運命にあった―実際には、それはマクロをよりミクロに近づけること、ますます最適化と市場の清算に土台を置くことを意味する。もし、「ミクロ的基礎」を提供する試みが不足したとしたら? うん、人間の本性と、逓減の法則の子弟たちとを合わせれば、たぶん、経済学の職業としての本質的な部分で、景気循環の現実は単に想定されなくなるのは避けられないことだった。なぜなら、それはモデルと合わないから。

The result was what I’ve called the Dark Age of macroeconomics, in which large numbers of economists literally knew nothing of the hard-won insights of the 30s and 40s – and, of course, went into spasms of rage when their ignorance was pointed out.
その結果は、私が言うところの、マクロ経済学の暗黒時代だ。その中において、たくさんのマクロ経済学者が30年代、40年代に勝ち取られた洞察を文字通り何も知らない―そして、もちろん、彼らは無知であることを指摘されると怒りの発作を起こしてしまう。

Political instability
政治的不安定性

It’s possible to be both a conservative and a Keynesian; after all, Keynes himself described his work as “moderately conservative in its implications.” But in practice, conservatives have always tended to view the assertion that government has any useful role in the economy as the thin edge of a socialist wedge. When William Buckley wrote God and Man at Yale, one of his key complaints was that the Yale faculty taught – horrors! – Keynesian economics.
保守派でありながら、ケインジアンであることも可能だ。結局のところ、ケインズ本人が、自らの仕事を「その内容においては、適度に保守的なもの」としている。だが、実際には、保守派は、政府が経済にとって何らかの有益な役割を果たすという考えを、やがて社会主義へと至る一歩と常にみなしてきた。エール大学のウィリアム・バックリーが『God and Man』を書いた時、その主要な不平の一つは、エール大学が教えているのが―恐ろしいもの―ケインズ経済学だったことだ。

I’ve always considered monetarism to be, in effect, an attempt to assuage conservative political prejudices without denying macroeconomic realities. What Friedman was saying was, in effect, yes, we need policy to stabilize the economy – but we can make that policy technical and largely mechanical, we can cordon it off from everything else. Just tell the central bank to stabilize M2, and aside from that, let freedom ring!
私はマネタリズムを、マクロ経済学的な現実を否定することなく、結果として、保守的な政治的偏見を宥めるための試みであると常にみなしてきた。フリードマンが言っていたことは、本質的には、経済を安定化させるための政策が必要であるということだ―だが、その政策は技術的に、大部分は機械的にすることができる。それ以外の全てのことは哨兵線の外におくことができる。中央銀行にM2を安定化させるようにだけ言っておけ、それ以外のことは、自由の鐘を鳴らしておけ!

When monetarism failed – fighting words, but you know, it really did ― it was replaced by the cult of the independent central bank. Put a bunch of bankerly men in charge of the monetary base, insulate them from political pressure, and let them deal with the business cycle; meanwhile, everything else can be conducted on free-market principles.
マネタリズムが失敗に終わった時―戦闘的な言葉だが、実際にそうなんだよ、分かるだろう―中央銀行の独立性カルトに取って代わられるだけだった。銀行マンの集団にマネタリーベースの責任を任せておけ、政治的圧力から隔離して、彼らに景気循環の対処をまかせておけ。一方、その他の全てのことは、自由市場原理によって導かれる。

And this worked for a while – roughly speaking from 1985 to 2007, the era of the Great Moderation. It worked in part because the political insulation of central banks also gave them more than a bit of intellectual insulation, too. If we’re living in a Dark Age of macroeconomics, central banks have been its monasteries, hoarding and studying the ancient texts lost to the rest of the world. Even as the real business cycle people took over the professional journals, to the point where it became very hard to publish models in which monetary policy, let alone fiscal policy, matters, the research departments of the Fed system continued to study counter-cyclical policy in a relatively realistic way.
これは、しばらくの間は作用した―大まかに言うと、1985年から2007年まで―大安定期の時代だ。これは、部分的には、彼らは政治的に隔離されることにより、知的にも隔離されることになったからである。マクロ経済学の暗黒時代において、中央銀行は、外の世界では失われた古代の本を貯蔵して、学習している修道院のようであった。リアル・ビジネス・サイクルの人々が専門的な査読誌をのっとり、財政政策は論外として、金融政策が重要であるとするモデルを発表するのは非常に難しくなるところまで来たとしても、FRBの調査部門は、相対的には現実的な手法により、景気循環を均す政策を研究し続けていた。

But this, too, was unstable. For one thing, there was bound to be a shock, sooner or later, too big for the central bankers to handle without help from broader fiscal policy. Also, sooner or later the barbarians were going to go after the monasteries too; and as the current furor over quantitative easing shows, the invading hordes have arrived.
だが、これもまた不安定になってしまった。一つには、遅かれ早かれ、中央銀行家が扱うには大きすぎて、より広い財政政策の助けなしには対処できなくなってしまうようなショックが起こる運命にあった。また、遅かれ早かれ、あの野蛮人たちは修道院に狙いを定めていただろう。量的緩和に対する現在の馬鹿騒ぎは、侵略者の大群が到着してしまったことを示している。

Financial instability
金融的不安定性

Last but not least, the very success of central-bank-led stabilization, combined with financial deregulation – itself a by-product of the revival of free-market fundamentalism – set the stage for a crisis too big for the central bankers to handle. This is Minskyism: the long period of relative stability led to greater risk-taking, greater leverage, and, finally, a huge deleveraging shock. And Milton Friedman was wrong: in the face of a really big shock, which pushes the economy into a liquidity trap, the central bank can’t prevent a depression.
最後だが重要なこととして、中央銀行の主導による安定化の非常な成功は、金融の規制緩和と共に―それ自体が自由市場原理主義の復活による副産物である―中央銀行が対処するには大きすぎるほどの危機をお膳立てすることになった。これがミンスキーイズムである:長期間にわたり相対的に安定していることが、リスクの引き受けを大きくして、レバレッジを大きくして、そして、最終的には巨大なレバレッジの巻き戻しショックが発生する。そして、ミルトン・フリードマンは間違っていた。つまり、本当に大きいショックが起こると、経済は流動性の罠に入り込んでしまい、中央銀行が不況を妨げることはできなくなる。

And by the time that big shock arrived, the descent into an intellectual Dark Age combined with the rejection of policy activism on political grounds had left us unable to agree on a wider response.
そして、この巨大なショックが到着する時には、政治的な場において行動主義的な政策は否定され、我々は知的暗黒時代へと下落して行ってしまい、もっと広い対応を採ることに同意することができなくなってしまった。

In the end, then, the era of the Samuelsonian synthesis was, I fear, doomed to come to a nasty end. And the result is the wreckage we see all around us.
最後に、サミュエルソン的総合の時代は、私が恐れたとおり、悲惨な結末を迎える運命にあった。そして、その結果は、我々の目前に広がる瓦礫の山だ。


翻訳の感想:クルーグマン自身の推奨記事。ここ
the thin edge of a wedgeは、重大な事になる小さな糸口のこと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。