スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wages and Employment, Again (Wonkish)/January 16, 2011, 11:25 AM

Wages and Employment, Again (Wonkish) 賃金と雇用、再び(オタク風)

I occasionally mention here that recognizing the reality of wage stickiness is a key part of demand-side economics, but I’ve also argued a number of times that cutting wages now would probably make the slump worse, not better. Is there a contradiction here?
私は時折、このブログで、賃金には粘着性があるという事実を認識することが、需要サイドの経済学にとってカギとなる部分であると語ってきた。だが、私は何度も、賃金を削ることはたぶん不況を良くするのではなく、より悪化させるだろうとも論じている。ここに矛盾はないのか?

No, there isn’t ? but it’s a slightly tricky subject.
いや、矛盾はない―でも、ちょっと扱いにくい問題だ。

There’s a long tradition in macroeconomics, going back to Franco Modigliani in 1944, in which money has real effects precisely because it pushes against sticky nominal wages. As the late Rudi Dornbusch used to say, it takes two nominals to make a real, and in Modigliani it actually does all come down to M/w.
マクロ経済学には、1944年のフランコ・モジリアーニの論文にさかのぼる、正確には、貨幣は粘着的な名目賃金に作用することによって、実質的な影響力を持つとされる長い伝統がある。後に、ルディー・ドーンブッシュが言ったが、一つの実質には二つの名目が必要だ。モジリアーニの例では、それはM/wになる。

The way this channel works in standard models, however, is that a rise in the real money supply reduces interest rates, leading to a rise in demand; and a fall in nominal wages for a given money supply would have the same effect. What happens when you’re in a liquidity trap, with short-term interest rates up against the zero lower bound?
一般的なモデルでは、その経路の作用する方法は、実質貨幣供給量の増加が利子率を引き下げ、そのことが重要の増加を導くといった具合に展開する。そして所与の貨幣供給量においての名目賃金の下落は同じ効果を生むだろう。短期金利がゼロ下限に接している流動性の罠にいれば、何が起こるだろうか?

Well, the answer in a simple model is that falling wages and prices can still be expansionary, but only because they reduce current prices relative to expected future prices, and thereby generate expected inflation.
うん、単純なモデルにおける答えとしては、賃金と物価の下落が景気拡大効果を持つこともある。でも、予想される将来の物価に比較して、現在の物価が引き下げられ、それによって、期待インフレが発生するときに限られる。

And once you add in debt-constrained players, it’s likely that the effect actually goes the other way: a fall in wages worsens debt problems, and so ends up contractionary.
いったん、債務制約にあるプレイヤーを加えれば、その効果は事実として逆方向に向かうことになるだろう。つまり、賃金の下落は借金問題をもっと悪化させ、結局のところ景気を収縮させてしまう。

So does this mean that wage stickiness is irrelevant to the situation, that we’d be experiencing the same slump if wages were perfectly flexible? Not quite.
このことは、賃金の粘着性はその状況には関係がない、たとえ賃金が完全に伸縮的であっても、我々は同じ経済のスランプを経験することになるという意味なのか? いや違う。

Some of us encountered a closely related question back in the late 90s, when thinking about the Asian financial crisis. It seemed obvious that there were big problems when people had large foreign-currency debt: a depreciation of the rupiah, say, worsened balance sheets by causing the domestic-current value of debt to explode, and was probably contractionary overall. But this did mean that no amount of depreciation would be expansionary? No; as I wrote in a little paper at the time, once everyone who could go bankrupt had, any further depreciation would be expansionary. So a sufficiently large depreciation could restore full employment.
我々の内のいくらかは、90年代後期、アジアの金融危機を考えている時に近い関係のある疑問につきあたった。外国通貨建ての巨額な借金を持っているのが大きな問題であるのは明らかだ。例えば、ルピアの下落は自国通貨で測った借金の額を急増させることによって、バランスシートを悪化させ、たぶん全般的な景気収縮に至るだろう。でも、これはどんな規模の通貨下落も景気拡大効果はないということを意味するのだろうか? 違う。私がその時に小冊子で書いたように、いったん、破綻する可能性のある人がすべて破綻してしまえば、さらなる通貨下落は景気拡大的になるだろう。だから、十分に大きな通貨下落は完全雇用を回復させることができるだろう。

Similarly, you could argue that a sufficiently large fall in wages could restore full employment now ? but it would have to be a very large wage decline, and the positive effects would kick in only after deflation had first driven just about every debtor in the economy into bankruptcy.
同じように、十分な大きさの賃金下落は、今、完全雇用を回復することができると言うことができるだろうか? だが、それは非常に大きな賃金下落であるに違いない。そして、その積極的な効果は、デフレがまず経済のすべての債務者を破綻させた後に発現する。

The point is that making wages somewhat more flexible, as opposed to perfectly flexible, is not a good thing. And this in turn means that people arguing that what we need right now is more wage flexibility are actually pushing for a policy that would make things worse.
重要なのは、賃金をもっと伸縮的にすることは、完全に伸縮的である場合とは違って、良いことではない。したがって、現在、もっと賃金を伸縮的にすることが必要であると主張している人々は、物事をより悪化させる政策を現実に推し進めていることになる。


翻訳の感想:M/wのMは名目貨幣供給量、wは名目賃金。
以前に訳した、"Wages and Employment, Yet Again"はここ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。