スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fatal Fatalism/June 4, 2011, 9:43 AM

Fatal Fatalism 致命的な運命論

Our current economic discourse is pervaded by fatalism. Leave aside the people who insist that somehow Obama has destroyed capitalist incentives by passing Mitt Romney’s health care plan and threatening to raise tax rates to Clinton-era levels. Even among people who should be sensible, you hear many assertions that run something like this: historically, recovery from financial crisis is usually slow, so we have to accept a slow recovery this time around too. Actually, that’s more or less what Obama has been saying.
現在の経済に関する議論には、運命論が充満している。ミット・ロムニーの医療制度プログラムを通過させて、税率をクリントン時代のレベルにまで引き上げると脅かすことによって、オバマが資本家のインセンティブを破壊していると主張する人々は置いておこう。分別があるはずの人々の間でさえ、多くの人が次のように主張するのを聞いているだろう:歴史的に見れば、金融危機からの景気回復は常にゆっくりしたものだったのだから、我々は今回もまたゆっくりした景気回復を受け入れなければならない、と。これは、多かれ少なかれ、オバマが言っていることでもある。

This fatalism is deeply destructive ― because there’s no good reason we need to experience many years of high unemployment. What historical experience shows isn’t that there’s no answer to post-crisis slumps, it only shows that most governments have responded to such slumps with the same kind of fatalism and learned helplessness we’re showing now. (Hey, Greg, I have first dibs on that!)
この運命論は非常に破壊的なものだ―なぜなら、我々が長期間の高い失業率を経験しないといけないまともな理由は何もないからだ。歴史的な経験が示すのは、危機後の景気後退には答えがないということではなく、ほとんどの政府がそのような景気後退に際して、同じような運命論に陥り、現在の我々のような無力感を身に着けてきたことを示しているだけだ(ヘイ、グレッグ、これは私に先取権がある!)。

We are not, after all, suffering from supply-side problems. We don’t have high unemployment because workers lack the necessary skills, or are stuck in the wrong industries or the wrong locations; the hypothesis that we’re mainly suffering structural unemployment has been repeatedly shot down by evidence. This is a demand-side slump; all we need to do is create more demand.
結局のところ、我々は供給サイドの問題によって苦しんでいるわけではない。労働者に必要なスキルが欠如しているため、あるいは、間違った産業や間違った立地にはまり込んでしまったために失業率が高いわけではない。我々が、主として構造的な失業に苦しんでいるという仮説は、証拠によって繰り返し反駁されてきた。これは需要サイドの景気後退である。我々がしなければならないのは、もっと多くの需要を作り出すことだけだ。

So why is this slump, like most slumps following financial crises, so protracted? Because the usual tools for pumping up demand have reached their limits. Normally we respond to demand-side slumps by cutting short-term nominal interest rates, which the Fed can move through open-market operations. But we now have severely depressed private demand thanks to the housing bust and the overhang of consumer debt, so even a zero rate isn’t low enough.
それなら、なぜ、現在の景気後退は、金融危機に続くほとんどの景気後退と同じように、こんなに長引いたものになっているのか? それは需要を押し上げるためのいつもの道具が限界に達しているからである。通常では、我々は需要サイドの不況に、FRBが公開市場操作で動かすことのできる、短期の名目利子率を引き下げることによって対応する。だが、現在、住宅バブルの破裂と消費者債務の過剰のせいで、民間の需要は、ゼロ金利でさえ十分に低くないほど、深刻に落ち込んでいる。

So what’s the right response? Should we just throw up our hands, and say that having 12 million or so adults who should be working out of work, and roughly $1 trillion per year of output we should be producing not getting produced, is just a fact of life? Or should we be using unconventional policies to deal with an abnormal situation?
そこで、正しい反応とはなんだろうか? お手上げとあきらめて、働きたくとも仕事がない1200万人以上の成人の数や、生産できたはずなのに、実際には実現できなかった年間およそ1兆ドルもの生産高は、人生の現実にすぎないと言うべきだろうか? それとも、異常な状況に対処するために、非伝統的な政策を使うべきだろうか?

The answer seems obvious. We should be using fiscal stimulus; we should be using unconventional monetary policy, including raising the inflation target; we should be pursuing aggressive measures to reduce mortgage debt. Not doing these things means accepting huge waste and hardship.
その答えは明らかだ。我々は財政刺激策を使うべきである。我々は、インフレ・ターゲットを導入することを含めて、非伝統的な金融政策を使うべきである。我々はモーゲッジ負債残高を減らすために、積極的な手段を追求すべきである。これらの事をしないのは、莫大な無駄と困苦を受け入れることを意味する。

But, say the serious people, there are risks to doing any of these things. Well, life is full of risks. But it’s simply crazy to put a higher weight on the possibility that the invisible bond vigilantes might manifest themselves, or the inflation monster emerge from its secret cave, over the continuing reality of enormous human and economic damage from doing nothing.
だが、これらの事をするのにはリスクがある、とあの誠実な人々は言う。ああ、人生はリスクでいっぱいだ。でも、見えない債券自警団が姿を現すかもしれない、とか、インフレの妖怪が秘密の洞穴から出現してくる可能性を、何もしないことから生じて現実に続いている莫大な人的、経済的損失よりも強く重点を置くのは単にクレイジーだ。

The truth is that we have nothing to fear but fear itself ― fear and complacency ― the two things we have to fear are ― amongst our fears ….
本当のところ、我々は恐れそのものを除いて、恐れるべきものはない―恐れと自己満足―我々が恐れなければならない2つのこと―は我々の恐れの中にある…

Anyway, seriously, the fatalism that has overtaken economic debate is a terrible thing. It is, indeed, the main enemy of prosperity.
いずれにせよ、真面目な話だが、経済の議論を覆っている運命論は恐ろしいものである。それは、実際に、繁栄の主要な敵である。


翻訳の感想:Gregは、Greg Ipのこと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Who is Greg?

>Gregは、グレッグ・マンキューのこと。

リンク先がFreeExchangeのG.I.なので、Greg Ipだと思います。

No title

himaginaryさん
すいません、リンク先をよく読んでませんでした。
今後もよろしくお願いします。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。