スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thoughts on Voodoo/June 11, 2011, 9:17 AM

Thoughts on Voodoo ヴードゥーについて考える

With Tim Pawlenty ― who was supposed to be a sensible Republican ― going all-in for high voodoo, I thought it’s worth pointing out that at the moment there’s a pretty good case that there is a kind of Laffer curve in which more is less and less is more. Namely, there’s a good case that fiscal stimulus right now would actually improve the long-run fiscal situation, while fiscal austerity makes it worse.
ティム・ポーレンティー―分別のある共和党員と認識されている―が、さらにヴードゥーに向かっている。そこで今、ラッファー・カーブのような、大きいことは小さいことで、小さいことは大きいことになる、すごく良い例があることを示しておくことには意味があると私は考えた。すなわち、今現在は、財政刺激策が実際に長期的な財政状況を改善する一方、財政厳格主義はさらにそれを悪くするようなケースである。

Here’s a repost of part of a post from last year. I’d note that the numbers are even more favorable now, with the real interest rate on 10-year bonds just 0.79 percent as of yesterday.
ここで、去年の記事の一部を再投稿しておく。その数字は今のほうがもっと好都合なもの、10年物国債の実質利子率は昨日の時点でちょうど0.79%になっていることを指摘しておく。

So here goes:
ここから始める:

Self-defeating Austerity
自滅する財政厳格主義

There’s a quite good case to be made that austerity in the face of a depressed economy is, literally, a false economy ― that it actually makes long-run budget problems worse.
経済が落ち込んでいる中での財政厳格主義は、文字通り、見かけだけの節約と言うことができる―それは、実際には長期の予算問題を悪化させる。

People like me have been hesitant to make this argument loudly, for fear of being cast as the left equivalent of Arthur Laffer ― but the heck with it, I’m going to lay it out.
私のような人々は、左派のアーサー・ラッファーに当たる人物と見られるのを恐れて、この議論を声高に言うのを躊躇する―だが、かまうものか、私がそれを提示しよう。

So here’s the outline. Suppose you slash spending equal to 1 percent of GDP. That looks like a budget saving, right? But if you do it in the face of an economy up against the zero bound, so that the Fed can’t offset the demand effects with lower rates, it’s going to shrink the economy. Let me use a multiplier of 1.4; you can adjust the numbers as you wish.
その概要はこんな感じだ。GDPの1%に当たる支出をカットすると想定しよう。これは予算の節約のように見えるけど、本当だろうか? だが、経済がゼロ下限の利子率に直面している時にそれをすれば、FRBは金利を下げることで需要の影響を相殺できないから、経済は縮小してしまう。乗数は1.4だとするが、その数字は好きなように調節してもよい

Now, a weaker economy means less revenue. Assume that every dollar up or down in GDP means $0.25 in revenue, which is conservative. Then the fiscal austerity reduces revenue by 0.35 percent of GDP; the true saving is only 0.65 percent.
今、弱体化する経済は少ない歳入を意味する。GDPが1ドル上下するごとに、歳入は0.25ドル上下すると仮定するが、これは保守的であると言える。その時、財政厳格主義はGDPの0.35%に当たる歳入を減らす。それゆえ、本当に節約できたのは、たった0.65%だけだ。

Now, the government has to borrow those funds; let’s say the real interest rate is 3 percent (it’s actually much lower now). Then the long run impact of the austerity on the fiscal position is to reduce real interest payments by 0.0195 percent of GDP.
今、政府は資金を借り入れしないといけない。実質利子率は3%だとする(現時点での実質利子率はもっと低い)。その時、厳格主義が財政状況に与える長期の影響は、GDPの0.0195%だけ実質的な利子の支払いを減らすことになる。

But wait: what if there are long-run negative effects of a deeper slump on the economy? The WSJ piece showed one example: workers driven permanently out of the labor force. There’s also the negative effect of a depressed economy on business investment. There’s the waste of talent because young people have their lifetime careers derailed. And so on. And here’s the thing: if the economy is weaker in the long run, this means less revenue, which offsets any savings from the initial austerity.
でも、待ってほしい:長期において、経済が落ち込むことによるネガティブな効果がある場合にはどうなるのか? ウォール・ストリート・ジャーナルの記事は一つの例を示している。すなわち、労働者が永続的に労働力から阻害されてしまう。ビジネス投資にも、経済が落ち込むことによるネガディブな効果がある。彼らが人生のキャリアから脱落することにより、その能力を無駄にしてしまう。まだ続きがある。こんな感じのことが:もし、経済が長期的に弱体化すれば、歳入は減ってしまい、当初の財政厳格主義によって節約した効果が打ち消されてしまう。

How big do these negative effects have to be to turn austerity into a net negative for the budget? Not very big. In my example, the real interest payments saved by a 1 percent of GDP austerity move are less than .02 percent of GDP; if the marginal tax effect of GDP is 0.25, that means that a reduction of future GDP by .08 percent is enough to swamp the alleged fiscal benefits. It’s not at all hard to imagine that happening.
このネガティブな効果がどれだけ大きければ、財政厳格主義が差し引きで、予算にマイナスの影響を与えるようになるのか? そんなに大きいものではない。私の示した例では、GDPの1%の厳格主義で節約される実質的な利子の支払いは、GDPの0.02%以下だった。
もし、GDPの限界税効果が0.25だとすると、0.08%だけ将来のGDPが減少すれば、脆弱な財政的利益を台無しにするのに十分だ。それは起こるのを想像するのがそれほど難しいわけではない。


In short, there’s a very good case to be made that austerity now isn’t just a bad idea because of its impact on the economy and the unemployed; it may well fail even at the task of helping the budget balance.
要するに、財政厳格主義は、それが経済や失業者に与える影響のためだけに悪い考えなのではない。それは、財政収支を支える役目ですら失敗するかもしれないのだ。

It’s important to realize that I’m not saying that government spending always pays for itself, and that saving money is always counterproductive. These kinds of effects are specific to a liquidity trap situation. But that’s the situation we’re in.
私が、政府の支出は常にためになり、お金を節約することが常に非生産的だと言っているわけではないことを理解するのは重要だ。これらの効果は、流動性の罠の状況に特有のものだ。でも、それは我々が現在いる状況である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。