スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reposted: Sam, Janet, and Debt/June 8, 2011, 11:22 AM

Reposted: Sam, Janet, and Debt 再投稿:サム、ジャネット、そして借金

In the discussion of Richard Koo, I’m seeing a number of people asserting (a) debt can’t be the solution to debt (b) inflation can’t possibly be helpful. I guess that’s the problem with blogging: even if you explain your position clearly, after a few months people enter the discussion without knowing about or having forgotten the earlier discussion.
リチャード・クーとの議論に関連して、 多くの人が、(a)借金は借金に対する解決策にはならない(b)インフレは役に立たないかもしれない、と想定しているのを見てきた。私はこれがブログの問題だと思う。その立場をはっきりと説明しても、数ヶ月もたつと、以前の議論を知らなかったり、忘れてしまっている人々が議論に参加してくる。

So let me repost in its entirety my take on the balance-sheet recession issue. There’s a more formal treatment of the ideas, plus a bunch of further results, in my work with Gauti Eggertsson.
だから、バランスシート不況の問題に関する私の認識を、そっくりそのまま再投稿させてほしい。ガウティ・エガートソンと私との共同の論文では、この概念をもっと正式な形で扱っているし、一連の更なる結果も提示している。

The original post:
元の投稿:

Sam, Janet, and Fiscal Policy
サム、ジャネット、そして財政政策

One of the common arguments against fiscal policy in the current situation – one that sounds sensible – is that debt is the problem, so how can debt be the solution? Households borrowed too much; now you want the government to borrow even more?
現在の状況において、財政政策に反対する一般的な議論の一つ―分別あるように見られている―が、借金こそが問題であるのに、どうすれば借金が解決策になると言うのか?というものだ。家計はあまりにも借金をし過ぎた。今、あなたは政府がさらに借金を増やすことを望むのか?

What’s wrong with that argument? It assumes, implicitly, that debt is debt – that it doesn’t matter who owes the money. Yet that can’t be right; if it were, we wouldn’t have a problem in the first place. After all, to a first approximation debt is money we owe to ourselves – yes, the US has debt to China etc., but that’s not at the heart of the problem. Ignoring the foreign component, or looking at the world as a whole, the overall level of debt makes no difference to aggregate net worth – one person’s liability is another person’s asset.
この議論の何が間違っているのか? それは暗黙に、借金は借金だ、その金を誰が負担するのかは重要ではないと仮定している。でも、それは正しくない。それが正しいなら、初めから問題にならなかっただろう。結局のところ、第一近似では、借金とは我々が自身で負うものだ―そう、アメリカは中国に借金をしている等。だが、それは問題の核心ではない。外国の要素を無視すれば、あるいは、世界を全体として見れば、借金の全般的な水準は、集計された純資産に違いをもたらさない―ある個人にとっての負債は、別の個人にとっての資産になる。

It follows that the level of debt matters only if the distribution of net worth matters, if highly indebted players face different constraints from players with low debt. And this means that all debt isn’t created equal – which is why borrowing by some actors now can help cure problems created by excess borrowing by other actors in the past.
それは、借金の水準が重要になるのは、純資産の分配が重要になる時、非常に重い債務を負ったプレイヤーが、低い債務のプレイヤーからの種々の制約に直面する時だということだ。そして、そのことは、全ての借金は平等に作られているわけではないということを意味する―そういう訳で、今、ある主体が借金をすることは、過去に借金をし過ぎた主体によって生じる問題を治療するのに役立つことができる。

To see my point, imagine first a world in which there are only two kinds of people: Spendthrift Sams and Judicious Janets. (Sam and Janet who? If you’d grown up in my place and time, you’d know the answer: Sam and Janet evening / You will see a stranger … But actually, I’m thinking of the two kinds of agent in the Kiyotaki-Moore model.)
要点を抑えるために、まず、たった2種類の人々のみから成る世界を想像してほしい。浪費家のサムと倹約家のジャネットだ。(サムとかジャネットとか誰かって? 私と同じような時代と場所で育った人なら、答えを知っているんだが:今宵サムとジャネットが/あなたは一人の人と出会うかもしれない♪… ところで、実際には、私は清滝-ムーア・モデルの中で、この2種類のエージェントを考えている。)

In this world, we’ll assume that no real investment is possible, so that loans are made only to finance consumption in excess of income. Specifically, in the past the Sams have borrowed from the Janets to pay for consumption. But now something has happened – say, the collapse of a land bubble – that has forced the Sams to stop borrowing, and indeed to pay down their debt.
この世界の中では、実質的な投資は存在しないと仮定する。だから、ローンは所得を超える消費の資金を調達するためにのみ存在する。具体的に言えば、過去にサムはジャネットから消費の支払いのために借り入れをしているとする。だが、今、なにかが起こって、例えば、土地バブルが破裂したとして、サムが借金することができなくなり、それどころか、借金を返済しないといけなくなったとしよう。

For the Sams to do this, of course, the Janets must be prepared to dissave, to run down their assets. What would give them an incentive to do this? The answer is a fall in interest rates. So the normal way the economy would cope with the balance sheet problems of the Sams is through a period of low rates.
サムがこれをするためには、当然、ジャネットの貯蓄が取り崩されなければならず、その資産は縮小する。何が、これをさせるためのインセンティブを与えるのか? 答えは利子率の下落だ。そうすれば、通常では、低い利子率の期間を経ることで、経済はサムのバランスシート問題を収拾するだろう。

But – you probably guessed where I’m going – what if even a zero rate isn’t low enough; that is, low enough to induce enough dissaving on the part of the Janets to match the savings of the Sams? Then we have a problem. I haven’t specified the underlying macroeconomic model, but it seems safe to say that we’d be looking at a depressed real economy and deflationary pressures. And this will be destructive; not only will output be below potential, but depressed incomes and deflation will make it harder for the Sams to pay down their debt.
だが―もう、これから言うことが予想できているかもしれない―たとえゼロ金利であったとしても十分に低い利子率、すなわち、サムが貯蓄しようとする分に見合うように、ジャネットの側が貯蓄を取り崩させるほどに十分低い利子率でなかったとしたら? その時には問題が生じる。私は根底にあるマクロ経済学モデルを特定していないが、それが、落ち込んだ実質経済やデフレ圧力を意味するのは確実だ。これは破壊的なものになる。生産高が潜在能力以下になるだけでなく、所得の下落とデフレは、サムが借金を返すことをもっと困難にするから。

What can be done? One answer is inflation, if you can get it, which will do two things: it will make it possible to have a negative real interest rate, and it will in itself erode the debt of the Sams. Yes, that will in a way be rewarding their past excesses – but economics is not a morality play.
何ができるだろうか? 一つの答えはインフレだ。インフレになれば、二つの効果がある。負の実質利子率が可能になるし、インフレ自身によりサムの借金が目減りする。そうだ、それは、ある意味で過去のいきすぎを褒賞することになる―でも、経済学は道徳劇ではない。

Oh, and just to go back for a moment to my point about debt not being all the same: yes, inflation erodes the assets of the Janets at the same time, and by the same amount, as it erodes the debt of the Sams. But the Sams are balance-sheet constrained, while the Janets aren’t, so this is a net positive for aggregate demand.
ああ、今一度、借金はすべて同じではないという私の論点に戻るために:そうだ、インフレがジャネットの資産を目減りさせる時、同じ額だけ、サムの借金を目減りさせる。だが、バランスシート制約にあるのはサムであり、ジャネットはそうではない。だから、このことは、総需要にネットでプラスの効果がある。

But what if inflation can’t or won’t be delivered?
だけど、もしインフレが起こらないし、起こせないならどうか?

Well, suppose a third character can come in: Government Gus. Suppose that he can borrow for a while, using the borrowed money to buy useful things like rail tunnels under the Hudson. The true social cost of these things will be very low, because he’ll be putting resources that would otherwise be unemployed to work. And he’ll also make it easier for the Sams to pay down their debt; if he keeps it up long enough, he can bring them to the point where they’re no longer so severely balance-sheet constrained, and further deficit spending is no longer required to achieve full employment.
うん、3人目の登場人物を仮定してほしい。政府のガス君だ。彼は一定の期間、借り入れをすることができて、そのお金をハドソン川の下にある鉄道トンネルのような有益なものを買うために使用する。これらに掛かる真の社会的コストは非常に低い。なぜなら、彼は、それをしなかったとすれば、失業者になっていた資源を労働者として活用するから。そして、彼は、サムが借金を返すのをもっと容易にもする。つまり、彼が十分に長くそれを続ければ、彼らは厳格なバランスシート制約から抜け出すことができ、完全雇用を達成するための、さらなる赤字支出が必要ないところまで達することができるだろう。

Yes, private debt will in part have been replaced by public debt – but the point is that debt will have been shifted away from severely balance-sheet-constrained players, so that the economy’s problems will have been reduced even if the overall level of debt hasn’t fallen.
そう、民間の借金が、部分的に政府の借金で置き換えられることになる―だが、重要なのは、借金が厳格なバランスシート制約にあるプレイヤーから移されることになることだ。そうであるなら、全般的な借金の水準は下がらないとしても、経済的な問題は小さくなる。

The bottom line, then, is that the plausible-sounding argument that debt can’t cure debt is just wrong. On the contrary, it can – and the alternative is a prolonged period of economic weakness that actually makes the debt problem harder to resolve.
結論としては、借金で借金の問題を解決することはできないという、一見もっともらしく聞こえる議論は完全に間違いだということだ。反対に、それは可能である―そして代替案は、経済的弱体化を長引かせることになり、事実として、借金の問題を解決するのをもっと困難にする。


翻訳の感想:Sam and Janetは、「Some enchanted evening」という曲のタイトルと「Sam and Janet evening」の発音が同じとこからくるジョーク(?)のこと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。