スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Who Are The Rentiers?/June 7, 2011, 5:36 PM

Who Are The Rentiers? 利子生活者とは誰なのか?

Following up on my rentier post and the eurocentric followup, a question: who are we talking about? That is, who stands to gain from deflation, and lose if inflation is, say, 4 percent over a period of 10 years? Is it little old ladies living on fixed incomes, and salt of the earth workers who have scrimped and saved?
私の利子生活者についての記事とヨーロッパ中心主義についての記事の付け足し。疑問:誰について語っているのか? すなわち、デフレから利益を得るのは誰なのか? そして、例えば、10年にわたる4%のインフレで損をするのは誰なのか? 固定所得を生活の糧にする老婦人はほとんどいないし、倹約と貯蓄を行う模範となるような労働者もほとんどいない。

Well, no. There are, of course, some ordinary people who would lose a bit from higher inflation. But Social Security ― the bedrock of retirement for most Americans ― is indexed to inflation, and retirement accounts invested in stocks wouldn’t be hurt.
いや、そうじゃない。もちろん、高めのインフレによって、ちょっと損する一般庶民も存在する。だが社会保障―ほとんどのアメリカ人にとって退職後の基盤となる―は、インフレに連動する。そして、株に投資されている退職勘定も損害を受けない。

If you want to see who really has a stake in the inflation dispute, go to Edward Wolff’s latest on the American wealth distribution (pdf). Here’s the takeaway:
もし、誰がインフレ論争の中で、利害関係を持っているか知りたければ、最近のエドワード・ウルフによる「アメリカにおける富の分配」という論文を見ればよい。これが重要な所:

060711krugman3-blog480.jpg
Holdings of assets, by wealth class, 2007
有産階級によって所有されている資産、2007年

Financial securities are overwhelmingly held by the rich ― more than 60 percent by just one percent of the population, more than 98 percent by the top 10 percent. It’s true that middle-class Americans own significant shares of deposits, and that some part of their pension accounts would be in bonds. On the other hand, middle-class Americans owe the lion’s share of debt; relatively speaking, the wealthy have hardly any.
有価証券は、圧倒的に金持ちによって所有されている。人口のたった1%が60%以上を所有し、トップ10%が98%以上を所有する。中流階級のアメリカ人が、預貯金の重大なシェアを占めているのは事実だ。そして彼らの年金勘定の内いくらかは債券で運用されるだろう。他方では、中流階級のアメリカ人は、借入金のもっとも大きい割合を負っている。相対的に見れば、裕福な人々の借入金はほとんどない。

So if you think about the distributional consequences of the choice between a Japan-style lost decade of very low or negative inflation and a Mankiw-Rogoff strategy of higher inflation for a while, it’s very much about benefits to the wealthy versus benefits to the middle class. Since I’ve been arguing that some inflation would help the economy recover, what we’re seeing in practice is that defending the interests of a small wealthy slice of the population takes priority over a possible recovery strategy.
そこで、非常に低いインフレもしくは負のインフレである日本型の失われた十年と、マンキュー-ロゴフ型の一定期間における高インフレ戦略とがもたらす分配面における帰結を考えれば、それは、まったくもって、金持ちの利益対中流階級の利益ついてのものである。ある種のインフレは経済回復の手助けになると私が論じてきて、実際、目にしてきたのは、人口の中でほんのわずかな部分を占める金持ちの利益を守ることが、実行可能な景気回復の戦略よりも高い優先権が与えられているということである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。