スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Un-COLA Era/February 1, 2011, 11:33 AM

The Un-COLA Era 非COLA時代

I’m still having fun with the Atlanta Fed’s sticky-price CPI data. These data go back to the late 1960s, and offer an interesting contrast between then and now.
私はアトランタ連邦準備銀行の粘着価格CPIデータを楽しんででいる。このデータは1960年代後期にさかのぼって、その時と今とで興味深い対照があることを示してくれる。

For those just joining this conversation: the idea of core inflation involves making a distinction between prices that fluctuate all the time, and those that are changed only at fairly long intervals, and are therefore set with future inflation in mind. I explained how limited price-setting can cause inflation inertia a while back; the original version of this argument goes back to Ned Phelps, who explained more than 40 years ago (pdf) how staggered wage setting leads to a situation in which actual wage growth depends both on unemployment and on expected future wage growth.
この議論に参加しようという人のために:コアインフレの概念を理解するためには、常に変化する価格と比較的長い間隔を置いて変化するがゆえに、将来のインフレの予想を伴う価格とを区別する必要がある。私は以前、限定的な価格設定がどのようにインフレの慣性を生じさせるか説明した。その議論のオリジナルのバージョンはネッド・フェルプスにさかのぼる。彼は40年以上前に、ねじれた賃金設定により、どのようにして実際の賃金成長率が、失業率と将来の予想賃金成長の両方に依存する状況に至るのかを説明した。

The point here is that there’s an important distinction between the prices of wheat, oil, rubber, etc. that may rise or fall by double-digit amounts over the course of a year, then quickly reverse that rise or fall, and the prices of many services and manufactured goods ― and most wages ― which are set for periods of months or years. The latter are slow to develop inflation, but also slow to give it up, which is why policy should focus on whether those prices have started to rise too fast (or too slowly).
ここでのポイントは、小麦、石油、天然ゴムその他の価格のような一年の間に2桁も上下して、それからまた逆向きに上下するかもしれない価格と、多くのサービスや工業製品―ほとんどの賃金も―のような数ヶ月あるいは数年感覚で決まる価格を区別することが重要だと言うことだ。後者はゆっくりとインフレをもたらすが、収まるのもまたゆっくりである。そのことは、これらの価格の上昇するスピードがあまりにも速くなりすぎているか(あるいは遅すぎるか)という事に政策の焦点を当てるべきだと示している。

The question, however, is whether changes in the flexible-price goods feed into persistent inflation in the core. Phelps thought not: he believed that wages were set mainly in reference to other wages, implying that swings in oil or wheat prices were largely irrelevant to the story. I’d agree: if we think of wages as the ultimate core price, I don’t see any mechanism in today’s America whereby rising commodity prices translate into higher wage contracts.
しかし疑問なのは、伸縮的な商品価格の変化が、永続的なコアインフレの変化に結びつくかどうかという事だ。フェルプスはそう考えなかった。つまり彼は、賃金は主に他の賃金を参照して決まるものと考えた。それは石油や小麦の価格の変動には当てはまらない。私はその意見に賛成だ。賃金を究極のコア価格と考えれば、私は今日のアメリカに、商品価格の上昇が高給の賃金契約に転ずるようないかなるメカニズムも見出せない。

But what does the historical record say? It depends on which era you’re looking at.
しかし歴史的な記録から見ればどうだろうか? それはあなたがどの時代を見るかによる

From the Atlanta Fed data:
アトランタ連邦準備銀行のデータから:

un70s.jpg

The two big commodity price shocks of the 70s did, in fact, feed quickly into core inflation. Since then, however, nada.
70年代に生じた二つの大きい商品価格ショックは、実際速やかにコアインフレに転じた。しかしそのとき以来それは起こっていない。

Why the difference? The obvious point is that back in the 70s many labor contracts included cost of living adjustments (COLAs). This in turn partly reflected stronger worker bargaining positions and also real doubts about whether monetary policy would contain inflation. Today, none of that: COLAs are rare, and commodity-price fluctuations don’t feed into wages at all.
なぜこんな違いがあるのか? 明白な点として、70年代には多くの労働契約が生計費コスト調整分(COLAs)を含んでいた。これは、部分的には、当時強い労働者側の売り手市場であったことと、また金融政策がインフレを抑えることができるかについてかなり疑念があったことを反映している。今日ではそれはない。つまりCOLAはほとんどなくなったし、商品価格の変動が賃金に転ずることはまったくない。

I know there’s a school of thought that believes that the 1970s are coming back any day now. But I haven’t seen any sign of the return of bell-bottom pants, actually good Hollywood movies, or wage-price spirals.
私は1970年代が今まさに帰ってこようとしていると信じる思想の派閥があることを知っている。だが私にはそれが帰ってくるといういかなる兆しも見えない。ベルボトムのパンツも、いいハリウッド映画も、そして賃金価格のスパイラルも。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。