スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inflation and Debt (Wonkish)/May 28, 2011, 10:44 am

Inflation and Debt (Wonkish) インフレと借金(オタク風)

As I mentioned in an earlier post, the latest OECD Economic Outlook is a remarkable document — and I mean that in the worst way. I’ve already pointed to the report’s insistence that we must raise interest rates, because foofa grrzt bumble shazam — OK, that’s not quite what the report says, but it makes at least as much sense as the justification the report does offer.
私が少し前の投稿で述べたように、最近のOECD Economic Outlookは注目に値する文書である―これは悪い意味で言っている。その報告書が、アメリカに利子率を上げることを求めているのはすでに指摘したとおりだ。その理由は、foofa grrzt bumble shazam―OK、それは全く報告書に書いてあることじゃない。でもそれは少なくとも、報告書が提示しようとする正当化のための説明とほとんど同じ意味だ。

More broadly, what the report does is to encapsulate in a particularly pure form the can’t-do spirit that has gripped much of the world’s policy elite (and which I’ve heard a lot of over the past two days). In his remarks presenting the report, the OECD’s head admits that high unemployment is a terrible problem, which risks inflicting permanent damage; but he goes on to say that
もっと広く言えば、その報告書は、世界のたくさんのエリートをとりこにしている(そして過去二十年以上に渡り何度となく聞かされてきた)「できない精神」を純粋な形で、カプセル化したものだ。その報告書を代表するような所見の中で、OECDのトップは高失業率が永続的な損害につながるリスクがある、すさまじい問題であることを認めている。だが彼は続いて次のように語る:

The room for macroeconomic policies to address these complex challenges is largely exhausted; therefore, we have to “go structural”.


これらの複雑な問題に対処するに当たって、マクロ経済政策に残された余地はほとんど残されていない。それゆえ、我々は「構造問題に向かう」必要がある。


How do we know that the room for macroeconomic policies is exhausted? Why should we “go structural” if the problems are mostly not structural (and unemployment definitely isn’t structural to any large extent)?
マクロ経済政策に残された余地がないと、どうやって分かるのか? その問題がほとんど構造的でないなら(そして失業率は確実に少しも構造的ではない)、どうして我々は「構造問題に向かう」必要があるのか?

Well, it’s just that can’t-do spirit.
うん、それがまさに「できない精神」だ。

I’ve been focusing today on one special exemplar of that spirit in action. Chapter 1 (pdf) of the report has a box dismissing the possibility that a higher inflation target, which has been advocated among others by Olivier Blanchard and even Greg Mankiw, could do any good. The report does some arithmetic on the likely reduction in public debt burdens, finding that
今日、その精神が活動中であることを示す一つの模範的な例に焦点を当てよう。その報告書の第1章に載っているボックスの中で、オリヴィエ・ブランシャールからグレッグ・マンキューまでの様々な人によって提唱されている、高めのインフレターゲットがなんらかの良い結果をもたらす可能性が否定されている。その報告書は、それが公共の債務負担を減らすことがありうるかいくつか計算をして、見出したのは次のような事だ。

a sustained increase in inflation by 2 percentage points would be required over a 10-year period to erode the average crisis-induced increase in the debt ratio in the OECD area


OECDエリアの債務比率が、平均的に危機誘発的な程度にまで増加するのを防ぐためには、2%ポイント増加した持続的なインフレが、十年以上の期間にわたり必要になる。


which the OECD takes as evidence that inflation can’t be a useful response.
OECDはこの事をインフレが有用な答えにならない証拠として受け取っている。

So, what’s wrong with this? I see at least three things wrong.
この事に何か間違っている事があるのか? 私は少なくとも3つの点で間違っていると見ている。

First, the report writes as if a period of 4 percent inflation rather than 2 percent inflation would be a terrible thing, highly disruptive to the economy.
Um:
最初に、この報告書は、まるで4%のインフレが、2%のインフレに比べて、恐ろしいものであり、経済にとって非常に破壊的であるかのように書いている。
ええと:


052811krugman1-blog480.jpg

Yes, it would be really horrible if we had inflation at the same rate as prevailed during Morning in America.
うん、もしそのインフレが「アメリカの夜明け」の時代に一般的であったのと同じくらいの率なら、本当に酷い事になるだろうね。

Second — and this is technical but important — the OECD assumes that higher inflation would be reflected one-for-one in higher interest rates. This is a good assumption in normal times — but the whole reason we’re in such a mess is the fact that short-term rates are up against the zero lower bound, that is, that we’re in a liquidity trap. This means that short-term rates would not rise at all for some length of time if we had higher inflation, and that long rates, which reflect expected short rates, should rise less than one for one. In fact, that’s one of the main arguments for higher inflation when you’re facing a zero lower bound: it would reduce real interest rates. So the benefits for the public debt burden would be larger than the estimates suggest.
2つ目に―これは専門的になるが重要なこと―OECDは高いインフレが、高い利子率と一対一で対応すると仮定している。これは平常時にはいい仮定である―だが我々がこんなに困った状況にいる全ての理由は、短期金利がゼロ下限に直面している、すなわち我々が流動性の罠の中にいるという事実からである。このことは、インフレ率がもっと高くなっても、しばらくの間は、短期金利が上がらないということを意味している。そして、予想された短期金利を反映したものである、長期金利の上昇率は、一対一で対応するものより低くなる。実際、それはゼロ下限の金利に直面している時に、より高いインフレを支持するための主要な論点の一つである。つまりそれは実質利子率を引き下げる。だから、公共の債務負担に与える利益は、OECDの推定より大きいものになるだろう。

Third, public debt is not our only problem — in fact, it’s not the core problem. The key problem is, instead, the overhang of private debt:
3つ目に、公共の債務は我々が抱える唯一の問題ではない―事実の問題として、それは主要な問題ではない。それよりも重要な問題は民間債務の過剰である:

052811krugman2-blog480.jpg
Household debt as % of personal disposable income
家計の債務の個人可処分所得に対するパーセンテージ

And a period of modestly higher inflation would help reduce that private debt overhang, which would help promote economic recovery, which would in turn raise revenues and help the fiscal situation.
そして一定期間の適度に高めのインフレは、民間債務の過剰を減らすためにも役立つだろうし、その事は景気回復を促進することにもつながり、それが今度はさらに歳入を増やし、財政状況を手助けする。

In sum, the case for higher inflation is vastly better than the OECD is willing to acknowledge. Again, it’s that can’t-do spirit.
要約すれば、高めのインフレを支持する論拠は、OECDが喜んで認めるものよりずっと優れたものである。繰り返すが、それは「できない精神」だ。

Learned helplessness can be a terrible thing.
学習性無力感は、酷いものになることがある。


翻訳の感想:that can’t-do spiritは、そのままの方がいいかも。日銀にも使えそう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れさまです。いつもありがとうございます。
Learned helplessness は学習性無力感という定訳があるみたいですね。
http://goo.gl/t9Ef

No title

prisonerofroadさん
コメントありがとうございます、訂正しておきます。
また誤字・誤訳指摘して下さい。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。