スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Meltdown Macroeconomics/March 15, 2011, 11:56 am

Meltdown Macroeconomics メルトダウンのマクロ経済学

Life and business go on; so I guess we have to talk about the economic impact of the Fukushima nightmare.
人生と経済は続く、私は福島の悪夢の経済的な衝撃が語られなければならないと思う。

One set of impacts involves disruption of supply chains: Japanese chips and other components are an important part of world manufacturing — you really need to think of China, Korea, Japan and so on as being part of an East Asian manufacturing complex –and it’s not clear yet just how much damage will be done.
一連の衝撃には供給網の破壊も含まれる:日本のコンピューターチップやその他の部品は世界の生産の重要な役割を担っている―中国、韓国、日本などを東アジアの生産複合体の部分として考えていただきたい―そして、その被害がどれほどのものになるかはまだ明らかではない。

But what I’m hearing a lot is worries about financial impacts. Japan will clearly have to spend hundreds of billions (dollars, not yen) on damage control and recovery, even as revenue falls thanks to the direct economic impact. So Japan will become less of a capital exporter, maybe even a capital importer, for a while. And this, so the story goes, will lead to soaring interest rates.
しかし私がよく聞くのは、金融的な衝撃についての懸念だ。明らかに日本はその被害の管理と復旧に1000億(ドルであって、円ではない)の支出を必要とするだろう、ただでさえ直接的な経済的被害により歳入が減るというのにである。そこで日本の資本流出は減少し、しばらくの間資本の流入国になる可能性もある。そしてそのことが利子率を上昇させることにつながるというのだ。

But so far, um, not. Japan 10-year:
しかしそれは間違っている。日本の10年物国債:
chart.png

And US 10-year:
そしてアメリカの10年物国債:
chart2.png

What’s going on? The story about rising interest rates would be right in normal times. But we’re not in normal times: we’re — still — in a liquidity trap, with short-term rates up against the zero lower bound.
何が起こっているのだろう。利子率が上昇するという話は通常時なら正しい。しかし今は平時ではない。つまり短期の利子率がゼロ金利近傍にある流動性のわなに―まだ―はまっているのだ。

As I tried to explain almost two years ago, one way to think about a liquidity trap is that it’s a situation in which the amount people would save if we were at full employment — S in the figure below — is greater than the amount businesses would want to invest, even at a zero interest rate. So there are, in effect, excess desired savings floating around:
私がほぼ二年前、流動性のわなについての考え方のひとつとして説明しようとしたのは、それは我々が完全雇用にあるのに―下の図のS―たとえ利子率がゼロでさえ、なお人々が投資をしようとする額を超える貯金をするような状況だというものである。結果として余った計画された貯蓄が浮流する。
lplf4.png


So government borrowing doesn’t have to come at the expense of private investment, driving up interest rates; instead, it just mobilizes some of those desired but unrealized savings.
そういうわけだから政府の借り入れは、利子率を上昇させるような民間の投資支出と重ならない。代わりにそれは計画されたが未実現の貯蓄を動員するだけだ。

And yes, this does mean that the nuclear catastrophe could end up being expansionary, if not for Japan then at least for the world as a whole. If this sounds crazy, well, liquidity-trap economics is like that — remember, World War II ended the Great Depression.
そしてそれは核の大惨事が結果として経済の拡大につながることを意味している、日本にとってというより少なくとも全体としては世界の残りにとっての。もしこのことがクレイジーに感じるというなら覚えておいて欲しい、第二次世界大戦が大恐慌を終わらせたということを。

So, back to Japan: I’m terrified about the possible loss of life; nervous about the disruption of world production; not worried at all about the impact of Japanese borrowing on world bond markets.
日本についての話に戻ると、私は人命の損失については心配しているし、世界の生産の破壊に関してはナーバスだ。でも世界の債券市場における日本の借り入れがもたらす衝撃についてはまったく心配していない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。