スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Supercore! (Wonkish)/May 23, 2011, 3:57 am

Supercore! (Wonkish) スーパーコア!(オタク風)

Two questions about inflation:
インフレについての2つの質問:

1. What would the ECB be doing if it were the Fed?
2. Why have some measures of US core inflation ticked up slightly recently?
1. もしFRBがECBの立場にあったら、何をしているだろうか?
2. なぜアメリカのコアインフレの指標の中で、最近少し上昇しているものがあるのか?


On the first question, Eurostat offers us a consumer price index sans energy, food, and tobacco, which is more or less US-style core. Here’s what the 12-month change looks like:
最初の質問に関しては、ヨーロッパ統計局がエネルギー、食料、タバコを除いた消費者物価指数を公表しているが、それは多かれ少なかれアメリカ型のコアインフレだ。ここ12ヶ月の変化がこれ:

052311krugman1-blog480.jpg

The eurozone looks like the United States — there is no good reason to raise rates. To be fair, on the labor side things look a bit different: there are actual labor shortages in some parts of Europe, reflecting both low labor mobility and the extreme asymmetry of the European shock. But raising rates for all of Europe because parts of Germany are doing well is, as I’ve written before, worse than the one-size-fits-all policy euroskeptics warned about; it’s one size fits one. And the case for a somewhat higher inflation target is even stronger for the euro zone than it is for the US.
ユーロ圏はアメリカと似ている―利子率を上げる正当な理由はない。公平に言えば、労働の側ではちょっと違いがある。つまりヨーロッパでは、低い労働移動性とヨーロッパショックの極度の非対称性を反映して、いくらの地域で実際に労働力が不足している。だがドイツが上手くやっているという理由で、ヨーロッパの全ての利子率を上げるのは、私がかつて指摘したことだが、ユーロ懐疑主義者が警告した「一つのサイズで全てに合う」政策よりも酷いものだ。それは一つのサイズで一つにあう政策だからだ。そしていくらか高いインフレターゲットは、アメリカよりもユーロ圏においてこそ強い説得力を持つ。

Meanwhile, back in the new country: US core inflation has ticked up slightly recently. What’s that about?
さて、あの新国家の話に戻ろう。つまりアメリカのコアインフレが最近少し上昇していることだ。何があったのか?

I’ve suspected that what we’re really seeing is the inadequacy of even core inflation as a way to purge transitory effects of volatile prices: the measure takes out purchases of food and energy, but it doesn’t take out indirect effects of raw material prices on costs. New research from Goldman Sachs (no link) seems to support that view: it finds that core inflation is getting a temporary bump from the prices of imported raw materials, and will probably subside if the commodity surge is in fact over.
私は現在目にしているのが、変動しやすい価格の一時的な効果を除外するための手法として、コアインフレですら不十分な証ではないかと疑っている。つまりその指標は食料やエネルギーを取り除いているが、コストにかかる原材料価格の非直接的な効果は取り除いていない。ゴールドマンサックスの新しい調査(リンクはない)は、この見方を裏付けていると思われる。つまりコアインフレは、原材料品価格によって一時的に上昇しているので、実際その商品価格の上昇が終われば、おそらく低下するだろうと考えられる。

This in turn suggests that policy should really be based on some kind of “supercore” inflation. Should this simply be wage growth? Adam Posen at the Bank of England has certainly gone well down this route, arguing that the relatively high rate of even core inflation in the UK reflects one-off factors and that stagnant wages show that there are few risks. And I totally agree with Posen about the UK policy issues.
したがって、政策は「スーパーコア」インフレのような種類のものに基づいて実行されるべきであるということになる。これは単純に賃金成長率になるんだろうか? アダム・ポーゼンは確かにこの路線で行っている。そこで彼は、イギリスの比較的高いコアインフレ率ですら一時的な要因を反映しているものであり、賃金が落ち込んでいることから、ほとんどそのリスクはないと論じている。そして私はイギリスの政策問題について、完全にポーゼンに同意する。

Yet there are problems with a wage target — mainly, you don’t want to base policy on the notion that wage gains are always a bad thing. Maybe adding a trend productivity adjustment would do the trick. More systematic thoughts when I have time.
だが賃金ターゲットには問題がある―主として、賃金の上昇が常に悪いことになる観念に政策の基礎を置くのは、世間では好まれないということだ。たぶんトレンド生産性調整を加えれば、上手くいくだろう。時間がある時、もっとシステマチックに考えてみる。

Anyway, the bottom line for now is that neither the Fed nor the ECB should be at all concerned about inflation. Unfortunately, the ECB is not interested in having its orthodoxy challenged.
いずれにせよ結論としては、今FRBもECBもインフレを全く懸念するべきではないということだ。不幸にも、ECBは彼らの正統教義を変更することには関心がない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。