スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Disagreement Among Economists/March 19, 2011, 1:26 pm

Disagreement Among Economists 経済学者の間の不一致

Henry Farrell has an interesting “model” — as he says, more of a sketch than a fully-worked-out thesis, but provocative all the same — of disagreement among economists. The core of it is that when there are powerful political interests that want certain economic conclusions, and which believe that voters will be influenced by what economists say, economists who are politically aligned with one faction or another get suborned into providing analysis that backs that position.
ヘンリー・ファレルは経済学間の不一致に関して興味深いモデルを持っている―彼が言うには深く練られた命題というよりは粗描といったもののようだが、それでも挑発的なものだ。そのモデルの真髄は確かな経済的な結論を望む強力な政治的意図があり、かつ有権者が経済学者の言うことに影響を受けるだろうとどちらかの側に信じられるとき、政治的に一つないし二つの派閥と結託している経済学者は、自らを偽りその立場をバックアップするような分析をするようになるというものだ。

It’s a good story, which I’m sure contains a good deal of truth. So I’ve been trying to think about how it applies to the debate over macroeconomic policy.
それはよくできた話だ。わたしはそこに十分な真実が含まれていると確信している。そこで私はマクロ経済学における論争にそれをどう適用しようか考えている。

What makes the story a bit tricky, I’d say, is that until 2008 there was a slightly peculiar situation in macroeconomic theory and practice — namely, there was sharp division over theory, but broad consensus over practice.
そのお話がちょっと扱いずらかったのは、2008年までずっとマクロ経済学の理論と実践においてちょっと奇妙な状況があったからだ、というのは理論においては鋭い意見の違いがあったものの、実践の面では広いコンセンサスがあったということである。


On the theoretical side, there was a huge gulf between economists who insisted that business cycles reflected technological shocks, and denied any role for demand-side policies — so-called “freshwater” economists, a term Bob Hall coined reflecting the fact that they tended to dominate departments in the nation’s interior — and those who continued to hold a more or less updated Keynesian view of how the world worked — “saltwater”, because they tended to be in coastal schools.
理論の側では、ビジネスサイクルはテクノロジーによるショックを反映するものであり、需要サイドの政策はいかなる役割も果たさないと信じるエコノミスト―いわゆる「淡水学派」、彼らがアメリカの内陸部の学部を支配している傾向があることを表すボブ・ホールの造語―と多かれ少なかれケインジアンの世界の見方を更新し続けてきたエコノミスト―「海水学派」、彼らが海岸沿いの学校に所属している傾向があったことに由来する―とはその間に巨大な大海が存在する。


On the practical side, however, everyone was more or less happy with the job the Fed was doing, and was prepared to leave stabilization of the economy up to Uncle Alan.
しかしながら実践の側では、全ての人が多かれ少なかれFRBがしていた仕事に満足していたし、経済の安定化はアラン(グリーンスパン)おじさんに任せる用意ができていた。

There was a clear but imperfect correlation between politics and theoretical views here. I’d venture to say that almost all freshwater economists are conservative, while most saltwater economists are liberal. But there are a significant number of economists who combine conservative political orientation with a saltwater view of the way the economy works: Martin Feldstein, Greg Mankiw, John Taylor are the obvious examples.
政治と理論的な見方との間には、完全と言うわけではないがはっきりとした相関がある。思い切って言うが、ほとんど全ての淡水学派の経済学者は保守派で、一方ほとんどの海水学派の経済学者はリベラルだ。しかし保守的な政治志向と経済がどう動くかについての海水学派的見方を結合させているかなりの数の経済学者がいる。それはマーティン・フェルドシュタイン、グレッグ・マンキュー、ジョン・テイラーといった人たちがその典型的な例だ。

What Henry Farrell’s model would suggest is that faced with a conflict between their economic views and their political orientation — which would happen if a liberal Democratic administration was trying to use saltwater-type theory to support its policies — many of these conservative saltwater types would find ways to reject the implications of their own previous analysis.
ヘンリー・ファレルのモデルが示すのは、経済学的な見方と政治志向が齟齬を生じる際、―リベラルな民主党政権がその政策の裏づけとするために海水学派的理論を使おうとしている時などに起こることだ―多くの保守的な海水学派は彼ら自身の過去の分析の内容をかなぐり捨てる道を選んでしまうということである。

And my sense is that this is indeed what happened. Brad DeLong often suggests that if a President McCain had proposed the very same fiscal policies President Obama did, in fact, propose, he would have received support from many of the Republican economists who found all sorts of reasons to find fault with the Obama plan. And I’d add that quantitative easing has been received with far more skepticism than it would have if Bernanke were operating under a GOP administration.
私の感覚ではそれはまさに実際に起こったことだ。ブラッド・デロングはもしマケインがオバマ大統領が行った政策を提案したとしたら、どんな種類のものであれオバマの政策の欠陥を見つけることにやぶさかでない共和党系の経済学者からの賛同を受けたことだろうとよく言っている。私が付け加えるなら、もしバーナンキが共和党政権の下で量的緩和を行っていたら、現在のような懐疑的な態度で受け取られることはなかっただろうということだ。

All in all, this has not been the profession’s finest hour …
概して、専門職の最良な時代なんかじゃない…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。