スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why Does Inequality Make the Rich Feel Poorer?/January 12, 2011, 4:23 pm

Why Does Inequality Make the Rich Feel Poorer? なぜ不平等は金持ちを貧乏に感じさせるのか?

Catherine Rampell has a very nice piece about why the objectively rich feel poor, although Brad DeLong is right, a log-income chart is better:
キャサリン・ランペルが、なぜ客観的に金持ちな人が貧しく感じるのかについての非常にすばらしい記事を書いている。ブラッド・デロングは正しいんだろうが、その所得の対数チャートはさらによいものだ:

444.jpg

I’d like to elaborate a bit here.
私はここでさらに詳しく述べたい。

What Rampell has in mind is a vision of society as being something like a long street running up a hill, in which rising altitude goes along with rising income. And each person along that street evaluates himself or herself relative to the neighbors on either side, rather than the whole street.
ランペルの頭にあるのは、高さを増していく丘への長い道のようなものとしての社会のビジョンである。そこで上昇する高度は上昇する所得に対応している。そして道のそれぞれの地点で人々は、自身を全ての道というより、両側の隣人と比べて評価する。

Now, there are two slightly different interpretations of this story. What Rampell seems to suggest is that people compare themselves only to their uphill neighbors — and since the hill gets steeper as you move up the street, the rich feel worse because the guy to the right is increasingly different from themselves.
今この話には少し異なった解釈がある。ランペルが提案しているように思えるのは、人々は自身を上り坂の方にいる隣人とだけ比べるというものだ。道を進むたびにその丘はますます急になっていくに従い、右側にいる人はますます彼らとかけ離れていくので、彼らの感情はさらに悪化していく。

An alternative is that people compare themselves to neighbors on both sides, but it’s the convexity that changes: if you’re in the middle of the income distribution, your uphill neighbor is about as much richer than you than your downhill neighbor is poorer, but in the upper reaches that’s no longer true. (I was taught, long ago, that the income distribution is more or less lognormal for most of its range, but turns Pareto at the upper tail. If you have no idea what I’m talking about, never mind.)
もう一つの説は、人々は自身を両隣の人と比べるというものだ。そこで変化するのは凸面性である。もしあなたが所得分布の真ん中にいるとしたら、あなたの上り坂の方にいる隣人は、あなたの下り坂の方にいる隣人が貧乏である程度よりも、ずっと金持ちである。だが実際上方に達すると、それはもはや当てはまらない。(私が昔教えられたのは、所得分布は多かれ少なかれほとんどの範囲で対数正規であるということだ。しかし上方の端でパレートはひっくり返る。私の言ってることが分からなくても気にしないでくれ。)

Either way, what’s true is that the gap between the rich and the superrich has grown dramatically. Here’s the Piketty-Saez data showing the top 1 percent pulling away from the next 4; the same thing is happening for the top 0.1 versus the losers who are in the 99.0-99.9 range, and so on:
どちらにせよ、金持ちと超金持ちの間のギャップは劇的に広がっている。ここにトップ1%が1-5%の間にいる人を引き離していることを示すPikettyとSaezのデータがある。同じことはトップ0.1%対0.1-1.0%の間にいる負け犬との間にも起こっている。それはさらに続いていく:

saez-shares.jpg

The net result is a society of winners as whiners, where people who are not only doing fine but doing much better relative to the median than they were a generation ago nonetheless feel left behind.
最終的な結果は、泣き言を言う勝者の社会だ。そこでは単に上手くやっているだけでなく、一世代前の状態と比べてというより、中央値にいる人と比べてもさらに上手くやってる人も取り残されてるように感じることになる。

A personal note: I’ve always found extreme inequality at the top rather relaxing from my own point of view. Robin and I are doing very well, of course, but others are much richer; the fact, however, is that especially in New York you know that no matter how much you make, there are other people making so much that your earnings look trivial. So what’s the point of evaluating yourself that way? Of course, it’s probably a lot easier to feel that way when you’ve gotten plenty of other ego-boosters.
個人的なノート:私自身の観点からは安心する以上に、トップの人たちにはいつも極端な不平等を見つけてしまう。ロビンと私はかなりよくやっている。もちろんもっと金持ちはいる。しかし特にニューヨークにいれば、あなたがどれだけ稼いだとしても、その稼ぎがショボく感じるほど稼ぐ人々がいる。自分自身を評価するために大切なものは何か? たぶん他のエゴを高めるものをたくさん持つことが、そのための極めて簡単な方法だろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。