スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Has the World Run Out of Spare Capacity?/January 22, 2011, 11:07 am

Has the World Run Out of Spare Capacity? 世界は生産余力を使い果たしたのか?

Samuel Brittan points us to John Kemp suggesting that global growth is hitting supply-side limits. The argument is that while high unemployment and low inflation may prevail in advanced economies, the rest of the world is facing accelerating inflation, together with rising commodity prices. And that is, indeed, a fair picture of what’s going on.
サミュエル・ブリッタンがジョン・ケンプの世界の成長は供給サイドの限界に達しつつあるという論文を紹介してくれている。高失業率と低インフレが先進国を席巻する一方、世界の残りは商品価格の上昇と共に、加速するインフレに直面しているというのがその論旨である。そして確かにそれは起こっていることを正しく示している。

What’s more questionable is the assertion that “The problem is not aggregate demand but its distribution.” In fact, it’s both.
疑わしいと言えるのは、「問題は総需要ではなく、その分配である」という主張だ。事実としてはその両方が重要なのである。

Let’s look at measures of industrial production from the World Trade Monitor; I’ve indexed everything to Dec. 2005=100, so you can see the 5-year trend. Here’s the world:
World Trade Monitorの工業生産高の測定値を見てみよう。私は全て2005年12月を100とした指標としているので、5年間のトレンドが分かる。これが世界だ:

worldprod.jpg

Production has recovered the ground lost during the recession, but it’s still only slightly higher than the previous peak, which puts it well below any reasonable estimate of trend.
生産は景気後退の間、失っていた地面を取り戻した。しかしまだ以前のピークをちょっと超えているだけで、それはどんな合理的な推測よりもかなり低いものだ。

But this overall picture hides a sharp divergence between advanced and emerging economies:
だがこの全体としての図は、先進国と新興国の間にある急速な分岐を隠してしまう:

worldprodae.jpg

Emerging economies are well above previous peak, and arguably more or less back to trend. Advanced economies, however, are still well below pre-crisis output, let alone the pre-crisis trend. No wonder, then, that we’re seeing inflationary pressures in the South even as disinflation remains the rule in the North.
新興国は以前のピークよりもかなり上方にいるし、たぶん多かれ少なかれトレンドは元に戻っている。しかし先進国は危機前のトレンドはおろか、その危機前の生産高のかなり下方にある。「北」でディスインフレが支配的であるのと同時に、「南」でインフレ圧力が高まっているのは不思議なことではない。

But what this says is that if global aggregate demand were redistributed, so that more of it fell on advanced countries, we could expand further without putting pressure on capacity worldwide. And there’s a simple way to get such a redistribution of demand: an appreciation of emerging-market currencies against advanced-country currencies. It’s the fact that the emerging nations aren’t willing to let this happen that is causing them to face inflationary pressures, even as it helps keep the advanced economies depressed.
でもこれが示すのは、世界の総需要が再配分されれば、すなわちもっと多くの総需要が先進国に向かえば、我々は世界的な生産能力に圧力をかけることなく、さらに経済を拡大できることになるということだ。そのような需要の再配分を行うためのシンプルな方法がある。つまり先進国の通貨に対しての新興国市場での通貨の増価だ。新興国の政府がそれを望んでいるないのは事実である。たとえその事によって先進国の経済が低迷し続けるとしても。

Kemp more or less acknowledges this, but seems to believe that an exchange rate adjustment would somehow impoverish advanced countries:
ケンプは多かれ少なかれこのことが分かっている。しかし為替レートの調節が、なぜか先進国を駄目にすると信じているように思える:

Until firms significantly raise productivity, especially resource efficiency, the painful remedy is likely to involve increased competitiveness and reduced living standards across North America and Western Europe (through a combination of commodity price inflation, weaker exchange rates, higher import prices and falling real wages and incomes).

企業が大幅に生産性、特に資源効率性を上昇させるまで、北アメリカや西ヨーロッパでは、競争力の上昇や生活水準の引き下げといった痛みのある治療がいることになるだろう(商品価格のインフレ、為替レートの低下、輸入価格の上昇そして実質賃金・所得の下落の組み合わせを通して)。


That’s way over the top. Advanced-country imports from emerging markets are still well under 10 percent of GDP; even a large depreciation would have only a modest effect on real incomes.
それは行き過ぎだ。先進国の新興国からの輸入は、今でもGDPの10%以下なのである。だからたとえ大幅な通貨安があったとしても、実質所得には控えめな影響しか生じない。

The bottom line here is that advanced countries still have plenty of room to grow — and inflation in China has no bearing on that fact.
ここでの結論としては、先進国は今でも多くの成長余力を残しているということだ―そして中国のインフレはその事実と関係がない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。