スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Multidimensional Europe/January 26, 2011, 4:55 pm

Multidimensional Europe 多面的なヨーロッパ

One thing I tend to see in comments — especially from our resident troll, but from others as well — is an insistence that economies must be either all good or all bad. They seem to think that you can’t say good things about European employment performance and technology, on one side, and talk about the monetary and fiscal mess, on the other.
私がブログのコメントで見かけるものの一つとして―特に常駐してる荒らしから、そうじゃない人もいるが―経済はまったく良いか、まったく悪いかのどちらかしかないという主張がある。彼らは一方で、ヨーロッパの雇用状況やテクノロジーに良いことを言って、他方で金融政策や財政政策のでたらめさについて言うことはできないと考えている。

But as I often find myself saying, economics is not a morality play. America in the early 1930s was a nation of great dynamism, by far at the forefront of technology; that didn’t prevent it from having a worse Great Depression than most other advanced countries. America from 1973 to 1995 was a nation with remarkably poor productivity performance and stagnant median income; but it was also quite successful at job creation (as was Britain from 1950 to 1970, even as it was in relative economic decline.) And so on. Just as an individual can be good at some things and bad at others, economies can have strong and weak points.
だが私がよく言っていると思うが、経済学は道徳劇ではないんだ。1930年初期のアメリカは、偉大な最先端のテクノロジーによるダイナミズムを持った大国だった。だがそのことは他の先進国より大恐慌が悪化するのを妨げることはできなかった。1973年から1995年までのアメリカは、著しく乏しい生産性のパフォーマンスと停滞した平均所得の国だった。しかし雇用の創出にはかなり成功していた(相対的にもっと経済的に衰退していたが、1950年から1970年の間のイギリスと比べて)。そして続けよう。個人が得意なことも苦手なこともあるように、経済にも強い点と弱い点がある。

So, about Europe: the continent has made great strides in overcoming Eurosclerosis, the persistent failure of job creation that afflicted Europe from the early 70s into the mid 90s. Here’s prime-age employment — the percentage of adults aged 25-54 with jobs — for the 15 “old” members of the EU versus the United States, this time brought up to 2010 3rd quarter:
そこでヨーロッパについてだ:その大陸は70年代初頭から90年代半ばまで苦しんできた、永続的な雇用創出の失敗を意味するユーロ硬化症の克服に長足の進歩を遂げている。ここにプライムエイジの雇用―25歳から54歳までの職に就いている成人のパーセンテージ―のEUの15の「古い」メンバーとアメリカのデータがある、今回は2010年第3四半期まで:

untitled5.jpg

I focus on prime-age employment because the generosity of retirement programs is a separate issue from the functioning of the job market. But if you want to look at the population 15-64, Eurostat has a table; same trend, but Europe still slightly below US.
私がプライムエイジの雇用に焦点を当てたのは、寛大な退職年金が労働市場に与える影響を切り離すためだ。もし15-64歳の人口のものが見たいなら、EU統計局の表がある。同じような傾向だが、ヨーロッパはアメリカよりちょっと下方にある。

There’s no contradiction between noting these good signs and pointing out that the euro is functioning badly.
これらの良い兆候に注目することと、ユーロの酷い作用を指摘することの間に矛盾はない。

And my gripe about American attitudes is that many people have an outmoded view of Europe’s condition — they still think that Eurosclerosis is in full force — and assume that the monetary woes of the present must be connected to the old ailment. Not so.
そしてアメリカ人の態度について私が不満なのは、ヨーロッパの状況を古臭い見識で捉える人が多いことだ―彼らは今でもユーロ硬化症が猛威をふるっていると思っている―そして現在の金融の苦境が古い病気につながっているに違いないと決め付けている。そうじゃないんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。