スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Soaring Food Prices/February 5, 2011, 12:05 pm

Soaring Food Prices 急騰する食料品価格

What’s behind the surge in food prices? The usual suspects have made the usual claims — it’s all about the Fed, or it’s all about speculators. But I’ve been looking at the USDA World supply and demand estimates, and what stands out from the data is mainly that we’ve had a huge global harvest failure.
食料品価格の急上昇の背後には何があるのか? お決まりの犯罪にはお決まりの容疑者がつきものだ―それをすべてFRBのせいにしたり、あるいは全部投機家のせいにしてみたり。でも私がUSDAの「世界の需要と供給の推計」を見たところ、データから分かるのは、主にそれは甚大な世界的な収穫の不作のためであるということだ。

Here are some percentage changes in world grain production between 2008/2009 and 2010/2011, according to the USDA estimates:
これが2008/2009年と2010/2011年で、世界的な穀物生産がどれだけ変化したかをパーセンテージで示すUSDAの推計値である:

badharvest.jpg

Overall grain production is down — and it’s down substantially more when you take account of a growing world population. Wheat production (this time not per capita) is way down.
全般的な穀物生産が落ち込んでいる―そしてそれは世界人口の成長を考慮に入れると、実質的にはもっと落ち込んでいると言える。小麦生産(今回は一人当たりのものではない)はさらにその下だ。

You might ask why a production shortfall of 5 percent leads to a doubling of prices. Part of the answer is that some kinds of demand are growing faster than population — in particular, China is becoming a growing importer of feed to meet the demand for meat. But the main point is that the demand for grain is highly price-inelastic: it takes big price rises to induce people to consume less, yet collectively that’s what they must do given the shortfall in production.
なぜ5%生産量が不足することにより、価格が2倍も上昇するのか聞きたいかもしれない。その答えの一部は、ある種の需要は人口より早く増加するからである。特に中国は食肉の需要を満たすため、ますます大きな食料の輸入国になってきている。しかし主要な理由は、穀物の需要が非常に価格弾力性が低いことによるものだ。その意味は消費を減らすには、大きな価格の上昇が必要だということである。生産量が不足している時には、そうなる必要がある。

Why is production down? Most of the decline in world wheat production, and about half of the total decline in grain production, has taken place in the former Soviet Union — mainly Russia, Ukraine, and Kazakhstan. And we know what that’s about: an incredible, unprecedented heat wave.
なぜ生産量は低下したのか? 世界での小麦生産の落ち込みのほとんど、そして全体的な穀物生産の落ち込みの半分が、旧ソ連―主にロシア、ウクライナそしてカザフスタン―でのものである。そして私はなぜそれが起こったか分かっている。つまり信じがたい前例のない熱波だ。

Obligatory disclaimer: no one event can be definitively assigned to climate change, just as you can’t necessarily claim that any one of the fender-benders taking place right now in central New Jersey was caused by the sheet of black ice currently coating our roads. But it sure looks like climate change is a major culprit. And it’s not just the FSU: extreme weather elsewhere, which again is the sort of thing you should expect from climate change, has played a role in bad harvest around the world.
義務免責事項:どんな出来事も気候変動へ決定的に結びつけることはできない。ニュージャージー州の真ん中で今起こった衝突事故が、現在道路を覆っている黒氷によって引き起こされたものであると必ずしも言えないのと同じことだ。でも気候変動は主要な下手人であると確信している。そしてそれは旧ソ連だけではない。気候変動というものから予想できるように、他の地域での極端な気象も、世界での不作に影響を与えている

Back to the economics: if you want to know why we’re having a spike in food prices, the data suggest that the key cause is terrible weather leading to bad harvests, especially in the former Soviet Union.
経済学の話に戻ろう。なぜ食料価格が急上昇したのか知りたいなら、それはデータが示すところによると、その不作の主な原因は、特に旧ソ連での酷い気象によるもであると言える。

Update: The USDA has estimates of price elasticities. For the United States, they put the price elasticity of demand for breads and cereals at 0.04 — that is, it would take a 25 percent rise in price to induce a 1 percent fall in consumption.
更新:USDAの価格弾力性の推計。アメリカにおける、パンや穀物に関する需要の価格弾力性は0.04―それは消費量を1%減らすためには、価格が25%上昇する必要があることを意味する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。