スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hitting the Ceiling/May 13, 2011, 5:29 pm

Hitting the Ceiling 天井に達する

How bad will it be if we don’t manage to raise the debt ceiling? And what should Obama’s negotiating strategy be? A few thoughts.
もし債務の天井を引き上げていなかったとしたら、世の中はどんなに悪くなっていただろうか? そしてオバマの金を使うという戦略は正しかったんだろうか? ちょっと考えてみよう。

The direct effects of hitting the ceiling would be bad enough — sharp cutbacks in spending, which would undermine essential services, not to mention derail the economy. It’s not clear to me whether there would be some wiggle room through the accumulation of arrears — say, not actually paying workers and contractors but promising to make it up when sanity returns. But it would be ugly indeed.
天井にぶつかることの直接の効果は十分悪いものだ―支出が大幅に削減される、それは経済を駄目にするのはもちろん、不可欠なサービスが受けられなくなる。延滞―実際に労働者や請負会社に支払う代わりに、正常に戻った時に支払うと約束すること―を重ねる余地があるのかは明らかではない。しかし確実に酷いことになるだろう。

What might make it even worse would be indirect effects, of two kinds.
その間接的な効果は、二つの点でさらに悪いものになるかもしれない。

First, US government debt plays a special role in the financial system: T-bills are the universal safe asset, the ultimate collateral. That’s why, during moments of financial stress, the interest rate on T-bills has actually gone negative. Make that safe asset suddenly unsafe, and it might cause vast disruption.
まず最初に、アメリカ政府の債務は金融システムの中で特別の役割を果たしている:アメリカ国債は世界的な安全資産であり、究極の担保である。そういうわけで金融的に緊張が高まってる間、アメリカ国債の利子率はネガティブなものだった。安全資産が突然、不安全なものに変わり、それは大混乱を引き起こす可能性がある。

Second — and I don’t think this is getting enough attention — failure to raise the debt limit could act as a terrible signal about the US political system.
二つ目に―私はそれが十分注目されてると思わない―債務の上限を上げることに失敗することが、アメリカの政治システムにとって恐ろしいシグナルになる可能性がある。

When you look at the US fiscal position in terms of what we’re capable of as a nation, it’s not a big problem. Never mind those big numbers you hear about implicit liabilities; we have a big economy, too. So modest tax increases and reasonable efforts to limit health care costs could bring our long-run finances into line.
一つの国としてのアメリカの能力を考えて、その財政的な状況を見るなら大きな問題はない。あなたがよく耳にする見えない事実上の負債のことなど気にするな。アメリカは巨大な国だ。適度な増税とヘルスケアのコストに限界を設けるよう合理的な努力をすることにより、長期的な財政は健全なものにできるだろう。

But all this depends on our having the political will and cohesion to do what’s necessary. What if it turns out that we’re a banana republic, with crazy extremists having so much blocking power that we can’t get our house in order?
しかしそれは我々が必要なことをするための意思と協力できるかにかかっている。もし狂った過激派が、我々が整然と協力することを妨げる巨大な権力を手にし、アメリカがバナナ共和国になったら、いったいどうなるかのか?

And failing to raise the debt limit could be widely read as a signal that we are, in fact, a banana republic.
そして債務の上限を引き上げることに失敗することは、アメリカが実際バナナ共和国であるというシグナルとして受け止められる可能性があるのだ。

In that case, however, what should Obama do? My answer is that despite all that, he must not let himself be blackmailed.
しかしそうであるなら、オバマは何をすべきなのか? 私の答えは、彼は絶対に脅しに屈するべきでないということだ。

Partly that’s because once he gives in the first time, the blackmail will never stop. Once the crazies know that they can get whatever they want by threatening to blow up the economy, they’ll just keep demanding more and more. Obama just can’t let that dynamic get started without setting up an even worse crash down the road.
一回でも彼が脅しに屈すれば、恐喝は止まらないというのがその一つの理由だ。いったん狂人が経済を破壊するように脅すことで、望みのものが手に入れられると分かると、彼らはますます多くのものを要求し続けることになる。オバマはさらに悪い混乱を作り出すことなしに、経済活動を再開させることはできないだろう。

Plus, the hard right may claim that it’s worried about deficits, but it’s actually deeply fiscally irresponsible. Realistically, the Ryan plan would sharply increase the deficit — because its spending cuts are in many cases impossible, and its supposed revenue neutrality is a sham. So giving in to the right would be just as much a signal of banana-republic-hood as a temporary default.
さらに極右が、政府は財政赤字を懸念しているが、実際にはまったく財政的に無責任だと主張するかもしれない。現実的に言えば、ライアンプランは財政赤字を急増させるだろう―なぜならその支出削減は多くの場合不可能で、歳入中立的という想定はごまかしだからだ。だから右派に屈することは、一時的なデフォルトと同じくらいバナナ共和国としてのシグナルになる。

This is going to be very ugly. But I don’t think there’s any way to avoid taking it all the way to the edge, and possibly over it.
これは本当に酷いことだ。しかし崖っぷちへと到ることを避けられるとは思えない、そしてもしかするとそれを超えてしまうかも。


翻訳の感想:banana republicというのは、中南米などのでたらめな統治機構の国のことらしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。