スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mind-Changing Events/March 19, 2011, 2:08 pm 

Mind-Changing Events 心変わりさせるような出来事

One question that comes up occasionally in comments is, what would make me change my mind about how the economy works? Associated with this is the question of whether I have ever changed my views drastically in the face of events.
コメントの中にたまに出てくる質問の一つが、経済がどう動くかについてがらりと考え方を変えさせるものがあるかというものだ。またこれに伴って、私がかつてイベントに直面して大胆に見方を変えたことがあるかという質問もある。

Let me answer the latter question first. I had a major change of views in the late 1990s, driven by events in Asia.
後者のほうを先に答えよう。私は1990年後半アジアの出来事により大きく思考を転換した。

Until then I had pretty much accepted the “elegant, and conceptually simple” framework described recently by Olivier Blanchard. Basically, I thought that conventional monetary policy could do the job of stabilizing the economy.
その時までずっと私はオリヴィエ・ブランシャールによって描かれたエレガントで概念的にシンプルな枠組みを心底受け入れていた。基本的に私は従来の金融政策が経済の安定化の責を担うことができると思っていた。

The Asian crisis, however, led me to rethink that orthodox view. It showed, first of all, that a market economy can suffer huge financial shocks that can’t be offset just by using monetary policy; in particular, I found myself seeing a real role for capital controls to deal with the effect of currency crises in countries with large foreign-currency-denominated debt.
しかしながらアジアの危機はオーソドックスな見方を再考させるものとなった。そのことはまず市場経済が、金融政策によって相殺できない巨大な財政上の危機に脆いということを示していた。特に私は巨額の外国通貨建て債務を抱える国の資本収支上の危機に取り組む上で資本を管理することの真の役割に気づかされた。

And the reality of Japan’s liquidity trap showed that monetary policy can lose traction even without those kinds of currency and debt-denomination issues.
そして日本の流動性のわなという事実は、資本収支や外貨建ての借金に掛かる問題がない国でさえも金融政策が効果を失うことがあることを示していた。

You could say that the Asian crisis made me more Keynesian — because it showed that 1930s-type problems could happen in the modern world, and that you could not, in fact, count on Uncle Alan or Uncle Ben to solve everything. So I came into the 2008 crisis with a framework based on my interpretation of what happened in Asia in the 1990s — a framework that has worked pretty well at making sense of events so far. Meanwhile, a lot of economists who had not taken the events of the 1990s on board were caught flat-footed.
アジアの危機が私をケインジアンにしたとも言えるだろう。なぜならそれは1930年型の危機が現代の世界においても起こりうることを示していて、それは実際問題アラン(グリーンスパン)おじさんやベン(バーナンキ)おじさんに全ての問題のを解決を任せられるわけではない。そこで私は1990年のアジアでの出来事の私なりの解釈した上で立脚したフレームワーク(理解するためにとても役に立つ)を持って2008年の危機を迎えた。その間に直に1990年に起こったことを把握していないたくさんのエコノミストは不意打ちを食らったようなものだった。

What would it take for me to decide that I needed another major rethink? A major surge in domestically-driven inflation — in particular, a surge in wages — would do it. And there has been an uptick in core inflation measures that is a bit of a surprise; but at this point it doesn’t remotely count as the kind of discordance with theory that would require a major shift.
私が再び本質的に考えを変えるを必要になるとしたらそれはどのようなものか? それは国内でのかなりの高インフレ、特に賃金の暴騰が起こる時がそうだ。そして少し驚いているのだがコアインフレは上昇している。ただしこの点において、大きな変動を予想するような理論と一致するようなものとは程遠いが。

The point is that yes, I am prepared to change my views when the evidence warrants. Are you?
重要なことは心変わりをさせるような出来事は確かにあるということだ。私は証拠が指し示すなら立場を変える用意はしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。