スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Send In The Cranks/May 12, 2011, 3:49 pm

Send In The Cranks 奇人の中に

Matt Yglesias notes that another GOP senator, in addition to declaring that Peter Diamond, one of the world’s greatest economists, isn’t fit to be on the board of the Fed, has joined the ranks of monetary cranks:
世界でもっとも偉大な経済学者の一人であるピーター・ダイアモンドはFRBの理事にふさわしくないと主張したことにより、マット・イグレシアスはまた共和党の上院議員を「金融奇人」にランク入りさせた:

“We must be increasingly wary of the threat of inflation, yet the Fed continues to print money with reckless abandon,” Johanns said in a statement.
「我々はインフレの脅威をますます警戒しなければならない。いまだFRBは無謀な奔放さでお金を刷り続けている。」とヨハンスは声明を出した。

I have to admit that the triumph of the hard-money/goldbug view among Republicans has surprised even me. After all, Milton Friedman — who castigated the Fed for not printing enough money during the Great Depression — used to be the patron saint of conservative economics.
私はハードマネー/ゴールドバグ的観念が、共和党の中で大勝利を収めていることに驚きを禁じえない。さらに言えば、ミルトン・フリードマン―彼は大恐慌の間、十分に貨幣を刷らなかったことでFRBを厳しく批判した―はかつて保守的な経済学者の守護聖人とみなされていたのに。

And let’s also note that we’ve had a strong test of monetary doctrines these past three years, and the inflation worriers have been proved overwhelmingly wrong. Yes, they’ve seized on the rise in commodity prices since last summer; but they have yet to find any signs of domestic inflation, as opposed to movements in prices determined on world markets and strongly driven by China and other emerging markets.
過去3年にわたり、我々は様々な金融に関する説をしっかりとテストする機会をもち、インフレへの懸念が圧倒的に間違っていることが証明されたことも言っておこう。彼らは昨年の夏以来、物価の上昇に執着しているが、世界の市場、特に中国やその他の新興国の影響を強く受ける価格の動きとは対照的に、国内のインフレへのいかなる兆しも見つけることができない。

Look, very early on I tried to explain that “printing money” — what people who say that really mean is increases in the monetary base, which includes bank reserves as well as currency — doesn’t cause inflation, or even a rise in broader definitions of the money supply, when you’re in a liquidity trap. And I illustrated the point with historical examples. Here’s Japan:
まあ私はかなり早い段階で、「貨幣を刷ること」―その本当の意味は、貨幣と預金準備からなるマネタリーベースの増加―は、流動性の罠に囚われている時、インフレや広義でのマネーサプライの増加を引き起こさないと説得しようと試みた。そして歴史的な例を挙げてこの点を示した。これが日本についてだ:

05111krugman3-blog480.jpg

And here’s America in the 30s:
これが1930年代のアメリカ:

051211krugman3-blog480.jpg

And I predicted that we’d see the same kind of result — huge increases in the monetary base not translating into rises either in broader money or in prices — this time around. And sure enough:
私は今回も同じような結果―マネタリーベースの急上昇が、広義でのマネーサプライや物価の増加には結びつかない―になることを予言した。そして案の定これだ:

051211krugman4-blog480.jpg

So we have the whole Republican party jumping on to a doctrine that has not only been wrong historically, but has been wrong in the very recent past.
そういう訳で、全て共和党は歴史的に間違っているだけでなく、ごく最近の歴史に照らしても間違っている説に飛びついているということだ。

Amazing. And will Obama do anything about Peter Diamond?
驚きである。そしてオバマはピーター・ダイアモンドについてどうするのか?

Update: And now the Hair Club for Growth has turned the Diamond nomination into a loyalty test.
更新:現在ヘア・クラブ・フォー・グロウスはダイアモンドの任命を踏み絵にしようとしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。