スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Greek Out?/May 10, 2011, 10:28 am

Greek Out? ギリシアの退出?

Kudos to Mark Weisbrot for saying the unsayable, and making a case for Greek exit from the euro.
言葉に表現しづらいことを言ってくれたことと、ギリシアがユーロから脱出するための案を考案してくれたマーク・ウェイズブロットに賛辞。

I agree with a lot of what he says, but am still not ready to counsel that step, for a couple of reasons. First, while I agree that Argentina is the right parallel, it’s an imperfect parallel: although Argentina had a supposedly irreversible peg, it still had peso notes in circulation, so the mechanics of exit from the peg were much easier than exiting the euro would be. And the mechanics matter a lot; they could make all the difference between a brief period of shock and an extended financial breakdown.
私は彼の言うことの多くに同意するが、いくつかの理由によりその措置を勧める準備はまだしていない。まず私はアルゼンチンのケースが類似しているものと認めるが、それは不完全な類似である:アルゼンチンは不可逆的と思われていたペッグ制を採っていたが、それはその流通の中でペソの紙幣も持っていた。ペッグ制から抜け出る時の力学は、ユーロから退出する時よりずっと容易だ。その力学はとても重要である。それは短期のショックとより長期の金融破たんとの違いの全てを作り出すものといえる。

Second, Greece, as a relatively poor country with a history of shaky governance, has a lot to gain from being a citizen in good standing of the European project — concrete things like aid from cohesion funds, hard-to-quantity but probably important things like the stabilizing effect, economically and politically, of being part of a grand democratic alliance. A euro exit could do much more damage to Greece in the long run that Argentina faced from its devaluation.
2つ目に、不安定な統治の歴史を持つ相対的に貧困国であるギリシアは、ヨーロッパのプロジェクトの中でよい地位の市民でいることによって大きな利益がある。具体的には結束基金からの援助などがあり、量的に表しにくいがたぶん重要なものとしては、壮大な民主主義の同盟の一部であることにより政治的、経済的に安定する効果がある。ユーロから脱出することは、アルゼンチンがその通貨安により被ったものより、ギリシアへのダメージはもっと大きいものになる可能性がある。

That said, Weisbrot is right in saying that the program for Greece is not working; it’s not even close to working. At the very least there must be a debt restructuring that actually reduces the debt burden rather than simply stretching it out. And the longer this situation remains unresolved, the less hope I have that Greece will be able to stay in the euro, even if it wants to.
そうは言うものの、ウェイズブロットがギリシアのためのプログラムは機能していないというのは正しい。それは機能する気配すらない。実質的に借金の重荷を減らすためには、単に引き延ばすだけではなく、少なくとも借金の再編成が不可欠だ。状況が解決されないままでいればいるほど、たとえそれを望もうと、ギリシアがユーロに残ることができるという希望は薄くなっていく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。