スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Currency Wars” and the Impossible Trinity (Wonkish)/May 9, 2011, 9:38 am

“Currency Wars” and the Impossible Trinity (Wonkish) 「通貨戦争」と不整合な三角形(オタク風)

Putin says we’re hooligans; Brazil accuses us of “currency wars”; and the Chinese are, well, being their usual charming selves. But what’s going on in the international currency scene?
プーチンが我々をフーリガンと呼んでいる。ブラジルは我々を「通貨戦争」のことで非難している。そして中国は、まあいつものように自己をよく見せようとしている。しかし国際的な通貨の状況に何が起こっているのか?

I don’t know why I didn’t think to put it this way before — and I don’t know if anyone else is saying this — but what we have here is a classic example of the Mundellian impossible trinity, aka the trilemma, which says that you can’t simultaneously have free movement of capital, a stable exchange rate, and independent monetary policy. Here’s an illustration:
私はなぜ以前こう考えなかったのかわからないのだが―そして他の人でそのことを言ってる人がいるのか分からない―現在の状況というのは、マンデルの不整合な三角形、別名トリレンマの古典的な例である。それが示すのは、自由な資本移動と安定的な為替レート、そして独立した金融政策を同時に実行することはできないということだ。
ここに図を示そう:


050911krugman1-blog480.jpg

So, how does this apply to current issues? Advanced countries, very much including the United States, are weighed down by the aftereffects of the 2008 financial crisis; this has led to low investment returns. Meanwhile, emerging markets are in much better shape, so capital wants to go there.
そしてこれを現在の問題にどう適用するのか? アメリカを含む先進国は、2008年の金融危機の後遺症に苦しめられている。これは投資の収益率低下をもたらす。その間、新興国の市場はますます活況を呈していて、そのため資本はそちらに流れようとする。

And this creates a problem for the EMs. They don’t want their currencies to rise sharply; Brazil is not at all happy about this:
そしてこのことが新興国にひとつの問題を作り出す。彼らはその通貨が急速に高くなることを望まない。ブラジルにとってそれは全く喜ばしいことではないのだ:

050911krugman2-blog480.jpg

But not letting the currency rise would be inflationary – that is, Brazil doesn’t want to give up on its independent monetary policy. So what’s the answer?
だが通貨の上昇を許容しないことは、インフレにつながりうる―すなわちブラジルは独自の金融政策を放棄したくはない。そこで出てくる答えは?

All those accusation of hooliganism, currency wars etc. are in effect demands that the trilemma be resolved by having America give up having an independent monetary policy — basically, that the Fed give up on trying to stabilize the US economy so that emerging markets aren’t faced with the uncomfortable tradeoff between massive appreciation and imported inflation. But this shouldn’t and won’t happen.
フーリガニズムや通貨戦争その他の非難は、アメリカに独自の金融政策を放棄させることにより、トリレンマを解決しようという強い欲求によるものである。基本的に言えば、FRBがアメリカ経済を安定化しようという試みを放棄すれば、新興国は大規模な通貨高とインフレの輸入との間の不快なトレードオフに直面せずにすむのだ。しかしこれは起こるべきではないし、起こることもないだろう。

The alternative, trilemma analysis suggests, is capital controls. China already has these, but they’re looking a bit porous. Brazil has been making some efforts in this direction, but they obviously haven’t been enough.
トリレンマの分析がもたらす代替案は資本管理だ。中国はすでにそうしているが、それらはちょっと穴があると見られている。ブラジルはこの方向にいくらか努力しているが、明らかに十分なものではない。

But to come back to the issue of monetary policy, what this analysis tells us is that the hard choices emerging markets are facing don’t reflect any kind of spectacular misbehavior on the part of the United States. All that we’re seeing is the classic set of tradeoffs that any currency regime faces — and it’s not the business of the Fed to save other countries from the necessity of making choices.
しかし金融政策の問題に戻ろう。この分析から分かるのは、新興国が直面する難しい選択は、アメリカの投資家による不正行為とは何の関係もないということだ。我々が見ているのは、あらゆる通貨の管理体制が直面するトレードオフの古典的な組み合わせだ―そして他国が必要な選択をせずにすむようにすることはFRBの仕事ではない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。