スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Lump of Austerity Doctrine (Wonkish)/April 29, 2011, 2:26 pm.

The Lump of Austerity Doctrine (Wonkish) まぬけな厳格主義(オタク風)

Steve Randy Waldman has a good post critiquing the now widespread notion that debt-troubled economies will have to engage in the same amount of austerity regardless of what they do with their currencies.
スティーブ・ランディー・ウォルドマンが、借金に苦しむ経済は、独自通貨を持っているのに関わらず、その借金と同じ程度の緊縮財政を採らなければならないという観念を批判したすばらしい記事を投稿している。

But I would go further than Waldman here; it’s not just that the fiscal deficit and the external deficit are different things; even the fiscal deficit becomes much easier to reduce if you can have a devaluation-led boom.
しかし私はここでその先に進もう。それは財政赤字と対外赤字は別々の物事ではないということだ。もし通貨安により好景気をもたらすことができれば、財政赤字を減らすのはもっと簡単になる。

Look at Argentina before and after the 2001-2002 devaluation/default:
2001-2001年のアルゼンチンの通貨安/デフォルトの前後を見てほしい:

argentina.jpg

Trade moved into large surplus, while the budget deficit was actually (after a brief spike) brought below its pre-crisis levels; but the suffering that had induced the crisis was greatly reduced thanks to a huge export-led boom, and rising revenues made budget control relatively easy.
貿易は巨額の黒字に転じ、一方財政赤字は実際に(束の間急増した後)危機が起こる前のレベル以下になっている。危機をもたらした困難は、巨大な輸出主導の好景気のおかげで大幅に縮減されたし、増加した歳入は予算をコントロールするのを比較的容易にした。

This wasn’t a unique experience: default-and-devaluation episodes have often been followed by “phoenix-like” economic recoveries (pdf).
これは特異な経験ではない:デフォルトと通貨安のエピソードは「不死鳥のような経済回復」という論文の中でもしばしば出てくる。

The point is that austerity the way peripheral Europe is doing it — with a fixed exchange rate (because they’re on the euro) — imposes costs that are much greater than those needed simply to bring spending into line with income. The austerity programs depress demand, leading to depressed economies, which not only magnifies the pain but even makes fiscal adjustment difficult thanks to reduced revenue.
問題は、ヨーロッパの周縁国が行っているような厳格主義は―(これらの国はユーロに参加しているため)固定為替相場である―単に収入に応じた支出をするのに求められるより、ずっと重いコストを課すことになることだ。厳格主義のプログラムは、需要を低下させることにより不景気をもたらし、そのことが苦痛を増やすだけでなく、歳入の減少により財政の調整を困難なものにしてしまう。

There may be no easy alternative given the way the euro is set up: no country can even think about exiting without triggering a huge bank run. But there’s no law of economics that says that the cost of reducing spending is the same no matter what you do with monetary and exchange rate policy.
ユーロがすでに設定されているので代替案を見つけるのは容易なことではないかもしれない:どの国も甚大な取り付け騒ぎの引き金を引くことなく、ユーロから抜けることは考えられない。だが、支出を減らすコストは、どんな金融政策や為替政策を採ろうと同じであるという経済の法則は存在しない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。