スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inflation, Here and There (Wonkish)/April 16, 2011, 8:51 am

Inflation, Here and There (Wonkish) インフレ、あちらでもこちらでも(オタク風)

A few notes about recent inflation developments.
最近のインフレの進展について少し書いておこう。

Inflation is now a big and growing problem in emerging economies. Why? It’s the combination of the liquidity trap in advanced economies and the unwillingness of emerging nations to let their currencies rise.
インフレは現在途上国において、大きい問題に膨らみつつある。どうしてだろうか? それは、先進国における流動性の罠と新興国が通貨の上昇を放置しようとしないこととの組み合わせによるものだ。

The story runs like this: in advanced economies, the collapse of housing bubbles and the overhang of debt run up during the Great Moderation is leading to persistently depressed demand, even with very low policy interest rates. The result is low returns to investment; not much point in adding to capacity when you’re not using the capacity you have.
話はこんな流れだ:住宅バブルの崩壊と「大平穏期」の頃に積み上がった借金の行き過ぎにより、非常に低い金利であっても、いつまでも需要が落ち込んでいる。その結果は投資に対しての低いリターンだ。今すでにある設備が使用されていない状況で、さらに設備を増やすのはあまり意味がない。

Meanwhile, emerging economies have plenty of demand, in part because they’re emerging, in part because they didn’t share in the big debt runup. So what the world economy “wants” to do is have large capital flows from North to South, and, correspondingly, large current account deficits in the emerging world — which would, of course, help the advanced economies recover.
その間、途上国にはたくさんの需要があった。部分的にはそれがまさに新興だからであり、また大規模な借金をしていなかったことにある。そこで世界経済が「望む」のは、北から南への巨額の資本移動だが、それは同時に新興国の巨額の経常赤字を意味する―もちろん先進国の経済の回復に資するはずだった。

But since the doctrine of immaculate transfer is false, the transmission mechanism by which capital flows get translated into trade balances has to involve a rise in the relative prices of goods and services produced in the emerging nations. The natural and easy way to get that would be via currency appreciation; but governments don’t want to see that happen. So the invisible hand is in effect getting the same result — gradually — by pushing up nominal prices in these countries.
しかし一点の曇りもないかのような資本移転の考えは虚妄だ。資本移動が貿易収支に変換されるための伝達メカニズムは、新興国で生産される財サービスの相対的な上昇を必要とする。それを達成するためには、通貨の増価を経るのが自然であり、簡単でもある。でも政府はそれを見るのがお気にめさない。そこで見えざる手は、それらの国の名目価格を―徐々に―押し上げることにより結果として同じ効果を達成する。

It’s worth noting that when these governments try to control inflation by squeezing demand rather than by letting their currencies rise, they’re not just engaged in an eventually doomed effort; they’re also helping to perpetuate the slump in advanced countries. Good work all around.
政府がインフレをコントロールしようとする時、通貨の上昇を放置するより、需要を押さえ込むこむという手段をとるのは注目に値する。その努力は単なる徒労に終わったのではない。それは先進国の景気停滞を永続化させる効果もあった。大した効果だ。

Meanwhile, back in the North …
「北」の話に戻ろう…

March core inflation came in lower than expected, and there’s been a lot of talk about that. But really, when it comes to high-frequency data, stuff happens. People who got all worked up over a bump in prices, seeing it as the harbinger of a big inflationary takeoff, were ignoring the lessons of history, which is that short-run spikes in inflation generally reverse themselves.
3月のコアインフレは予想されたより低かった、そしてそのことについて多くの議論があった。しかし振幅するデータを見ると、分かることがある。物価の隆起にやっきになり、それを高インフレが始まる前触れとみなしている人々は歴史の教訓を忘れてしまっている。それは短期のインフレの盛り上がりは一般的に反転するということだ。

I’ve taken to looking at the Billion Price Index, which looks a lot like the goods-only, but with much higher frequencies. And right now the BPP index is clearly indicating that the big price bump of early 2011 is fading away:
ビリオン・プライス・インデックスを見てみよう、それは財のみが対象だが、かなりの振幅するデータを含んでいる。現在BPPは明らかに、2011年早期の大規模な価格の隆起はが消えつつあることを示している:

bpp411.jpg

And taking the longer perspective, you can’t have a wage-price spiral if wages refuse to spiral; and all indications are that wages are being held down by high unemployment, never mind gas and food prices:
長期的な観点で見ると、賃金がスパイラル的に上昇しないなら、賃金と物価のスパイラル的な上昇はありえない。そしてあらゆる指数が、賃金は高失業率に抑えこまれていると示している。ガソリンと食品の価格を気にする必要はない:

fredgraph4.png

Wage growth hasn’t fallen as much as I expected a couple of years ago; it’s now clear to me that I failed to put enough weight on the downward wage rigidity literature. But there’s nothing here to suggest any reason to consider inflation a problem.
賃金は一年前私が予想したよりは落ち込んでいない。私が賃金の下方硬直性を十分評価できなかったのは明らかだ。しかしインフレを問題として考える理由がないことには変わりがない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。