スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Greenish Shootlets in Southern Europe (Implicitly Wonkish)/April 10, 2014

Greenish Shootlets in Southern Europe (Implicitly Wonkish) 南ヨーロッパの芽吹き(言うまでもなく専門的)



There are hints of recovery in some of Europe’s austerity-stricken economies. Even Greece is finally showing some signs of an uptick. And you know one thing is going to happen: some people will say, “See — growth despite austerity! Krugman and the Keynesians were wrong!”
緊縮財政が直撃した南ヨーロッパ諸国のいくつかで景気回復の兆しがある。ギリシアですらようやく経済が上向きになる兆候が見られる。そうなると、次に起こることはすぐに想像がつく:「ほら見ろ、緊縮財政をやっても成長するんだよ! クルーグマンとケインズ経済学は間違ってたんだよ!」てなことを言い出す人が出てくる。

What’s interesting is that at the very same time other people (or in some cases, I think, the same people) are pointing to the lack of recovery in the United States and declaring “This has gone on so long that it can’t be cyclical. Krugman and the Keynesians are wrong!”
興味深いのは、別の人々(同じ人々である可能性もあると思うんだが)が、アメリカは景気回復をしていない事を持って、「こんなに長い期間に不況が続いているんだから、循環的なものであるはずがない。クルーグマンとケインズ主義は間違ってるんだ!」と宣言していることだ。

So whatever happens, I’m proved wrong. So it goes.
何が起こっても、僕の間違いが証明されたことになってしまう。だから、どうしようもない。

But what we should really be doing, of course, is asking what the models (not the person) predicts. And I want to enlarge on some points I made last fall.
でも、もちろん、本当に我々がやるべきなのは、そのモデル(人ではなく)がどんな予想をしたか尋ねてみることだ。去年の秋に僕が指摘した点を拡張しておこう。

Back then I pointed out that textbook macroeconomics says that economies will eventually self-correct from adverse demand shocks, including those created by fiscal austerity. And I do mean textbook: from the World’s Best Principles Book,
その時に、教科書では、経済は逆向きの需要ショック(緊縮財政によって生み出されたものも含めて)があっても最終的には自動修復することになると指摘した。教科書と言っても、あの世界最高の初級教科書の中から:

090813krugman1-blog480.png


The idea is that high unemployment produces gradually falling wages and prices, and that the economy slides down the aggregate demand curve until full employment is restored in the long run. The problem is that this is the long run in which we are all dead — that is, the cost in output lose and lives ruined may be immense by the time you finally get there.
そこでの考え方とは、高失業率が徐々に賃金と物価を引き下げ、総需要曲線が下方にシフトすることにより、長期的には経済は完全雇用を回復するというものだ――つまり、最終的にそこに至るまで、生産の喪失と人生の破滅というコストは莫大なものになるかもしれない。

Beyond that, I noted that in a liquidity trap it’s hard to see why aggregate demand should slope down. The usual channel through which lower prices increase demand, via an increased real money supply and lower interest rates, doesn’t work; meanwhile a worsened burden of debt means that a falling price level probably reduces demand. So the aggregate demand curve slopes the “wrong” way, and the auto-correct mechanism doesn’t work:
それ以上に、以前も指摘したように、流動性の罠の中では、総需要曲線が右下がりになる理由を見出すのは難しい。実質貨幣供給量の増加と利子率の低下を通じて、物価の低下が需要を増加させるという通常のチャネル(経路)は機能しない。一方、債務負担が増加することにより、物価水準の下落はおそらく需要を減少させる。そうすると、需要曲線は「間違った」方向に傾くことになり、自動調整メカニズムは機能しない:

090813krugman2-blog480.png
The paradox of flexibility 伸縮性のパラドクス

But wait: this is an analysis for a closed economy, or more realistically, for an economy with a floating exchange rate. What if you’re Greece, with a fixed exchange rate (because you have no currency of your own) vis-a-vis a much larger currency area? IN that case falling wages and prices make you more competitive, so that the aggregate demand curve probably slopes down after all, for different reasons.
でも、待った:これは閉鎖経済、もっと現実的に言えば、変動為替相場の経済に対しての分析になる。ずっと大きな通貨圏に対して固定為替相場制を取っているギリシアならどうなるんだろうか? その場合には、賃金と物価の低下により競争力が高まり、総需要曲線は別の理由により右下がりになるだろう。

So we would expect deflation in Greece eventually to produce recovery, even in a totally Keynesian framework. The point, however, is that the cost of austerity and currency rigidity has been immense, and will continue to be immense for years even if GDP is finally growing again.
だから、完全にケインズ経済学の枠組みであっても、ギリシアのデフレは最終的には景気回復を呼び起こすと考えられる。だが、重要なのは、最後にはGDPが再び回復するとしても、緊縮財政と為替が変動しないことによるコストは莫大であり、それが今後何年にもわたって続いて行くということだ。


後書き:ここで言う世界最高の初級教科書とはクルーグマンが書いた教科書のこと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。