スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stagnation Without End, Amen (Wonkish)/April 9, 2014, 8:03 AM

Stagnation Without End, Amen (Wonkish) 終わりなき停滞、アーメン(専門的)

In 1938 Alvin Hansen, who did more than anyone else to bring Keynesian economics to America, gave a landmark speech to the American Economic Association. (The speech is behind a paywall, but Tim Taylor has a good summary here.) In it, he made the case for “secular stagnation” — a persistently depressed economy. His arguments were pretty good, too: slow population growth and slow technological progress, he argued meant low investment demand — and even very low interest rates wouldn’t be enough to make up for the shortfall.
ケインズ経済学をアメリカにもたらした第一人者であるアルヴィン・ハンセンは1938年にアメリカ経済学会で記念碑的なスピーチを行った(その演説は有料の壁の背後にあるが、ここにティム・テイラーの素晴らしい要約がある)。演説の中で、彼は「長期停滞説」――永続的な不景気――を認める主張をした。その論旨もまた非常に素晴らしいものだった:遅々とした人口成長率と遅々とした技術進歩は低い投資需要――非常に低い利子率ですら需要不足を埋めるのに十分でないほど――につながると彼は主張した。

Incidentally, for those who believe that the new interest in secular stagnation vindicates arguments like those of Greider, notice that technological progress in the secular stagnation story has the opposite sign; instead of worrying that rapid technological progress will destroy jobs, secstaggers (we are going to need a word!) worry that slow technological progress will mean not enough investment demand.
ついでながら、長期停滞への新たな関心はグレイダーらの主張を裏付けていると考えている人々のために言っておくが、長期停滞の筋書きにおいて技術進歩は彼の主張と逆符号になる:急速な技術進歩は雇用を破壊するのではなく、長停論者(なにか呼び名がいるな!)たちは鈍い技術進歩のために投資需要が不足することを心配している。

Of course, it didn’t happen at the time; but many people took the wrong conclusion from Hansen’s failed prediction. They took it to mean that secular stagnation could not happen in real life, that the magic of the marketplace would always find a way to restore full employment. But given what actually happened — a baby boom and a wave of productivity growth that Hansen failed to anticipate — his theory never got a real test.
もちろん当時そんなことは起こらなかった。でも、多くの人々はハンセンの予想の失敗から間違った結論に達している。彼らは現実世界では長期停滞は起こりえない、市場の魔法は常に完全雇用に達する手段を見出すものと受け取ってしまった。だが、実際に起こったこと――ハンセンが予想できなかったベビーブームと生産性向上の大波――を考えると、その理論は現実のテストを通ったとは言えない。

Moreover, you could very much argue that Japan since the 1990s fits Hansen’s story quite well. Stagnating population? Check. Slowing technological progress? Well, not so clear cut, but certainly Japan didn’t progress after 1990 the way it did before. Persistently depressed economy? Oh yes.
さらに言えば、1990年代以降の日本はハンセンの筋書きとぴったり合ってると言える。人口成長の停滞? チェックだ。技術進歩の鈍化? それほどはっきりしたものではないが、1990年以降の日本の技術進歩のスピードがそれ以前よりも鈍くなっているのは確実だ。永続的な不況? オー、その通りだ。

And now we’re talking about the same thing for advanced western economies. And this time the theory is getting more explicit: Eggertsson and Mehrotra (pdf and very wonkish) have an excellent paper showing how this can happen.
現在、西欧先進国で同じことが議論されている。そして今度の場合、その理論はもっと明白なものになっている。エガートソンとメーロトラはこのことがどのようにして起こるかを示した素晴らしい論文(pdf、超専門的)を書いている。

There are two things I really like about the EM paper. First, it shows that I was wrong. Second, it shows that I was right.
EM論文に関して僕がすごく好きなことが二つある。一つ目は、僕が間違っていたことを示したところだ。二つ目は、僕が正しかったことを示したところだ。

On the wrongness side of the ledger: In my original Japan piece (pdf), I offered a little model of a liquidity trap in which, for simplicity, I assumed infinitely-lived agents. This was a gadget, not a fundamental assertion — that is, it was a way to push aside complexities I din’t think were central to the logic. The rest of the literature has followed the same path of least mathematical resistance.
元帳の間違った側:元々の日本に関する部分で、僕は流動性の罠についての小さなモデルを提示しているが、そこでは単純さのために無限生存エージェントを仮定した。これは仕掛け(gadget)であって、本質的な主張ではない――要するに、ロジックの中心とは思えない部分で複雑性を回避するために手段。論文のその他の部分でも少なくとも数学的強度では同じ道をとっている。

As Eggertsson and Mehrotra point out, however, this approach effectively rules out anything like secular stagnation: the real interest rate eventually must equal the discount rate of whichever players matter on the margin. So a liquidity trap has to be a temporary phenomenon driven by a temporary shock. Since this fitted in with what policymakers wanted to hear, and with the general presumption that Hansen-type stories can’t be right, it went largely unquestioned.
だが、エガートソンとメーロトラが指摘しているように、このアプローチは結果として長期停滞のようなものが起こる可能性を排除してしまった:実質利子率は最終的にはプレイヤーの限界的な割引率と必ず等しくなる。だから、流動性の罠は一時的なショックによって引き起こされる一時的な現象でしかありえない。これは政策当局者が聞きたがること、そしてハンセン型の筋書きは正しくないとする一般的な推定と一致するので、大部分が疑問とされてこなかった。

But EM show that once you have overlapping generations, you can indeed have secular stagnation. So this is kind of an object lesson in how strategic simplifications in modeling — which are necessary! — can lead you to overlook important possibilities.
でも、EM論文は世代重複をモデルに取り入れれば、長期停滞は起こる可能性があることを示した。だから、これはいかにしてモデルの戦略的な単純化――必要なことなんだが!―が重要な可能性を見落とさせてしまうかを示す実例となっている。

On the other hand, EM confirm my hypothesis of a timidity trap: while an inflation target, if believed, can bootstrap you out of secular stagnation, it has to be a sufficiently bold target. Announce your commitment to 2 percent inflation when the economy needs 4, and nothing happens.
一方、EM論文は小心の罠に関する僕の仮説を追認している。インフレターゲットが信じられたとして、それで長期停滞から自力で抜け出すためには十分に大胆な目標でなければならない。経済が4%を必要としている時に、2%のインフレ目標を発表しても何も起こらない。

I need to work a lot more on the mechanics of this paper; I’m wondering in particular whether there is a possibility of sustaining the economy with permanent fiscal expansion.
この論文のメカニズムに関してはもっと研究する必要がある。具体的に言えば、経済を支えるためには永続的な財政拡張が必要となる可能性があるのか思案している。

But important stuff.
いずれにせよ、これは重要だ。


後書き:小心の罠の翻訳はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。