スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why People Say “Eeh!” When They Learn About the ECB/April 8, 2011, 9:35 am

Why People Say “Eeh!” When They Learn About the ECB なぜ人はECBについて知ると“Eeh!” と言うのか

With all the craziness at home, I didn’t have time to comment on the European Central Bank’s decision to raise rates despite continuing very high unemployment.
国内のことに忙しすぎて、ヨーロッパ中央銀行が非常に失業率が高いにもかかわらず、利子率を上げるという決定をしたことにコメントする時間がなかった。

The first thing to say is that overall eurozone numbers look very much like US numbers: a blip in headline inflation due to commodity prices, but low core inflation, and no sign of a wage-price spiral. So the same arguments for continuing easy money at the Fed apply to the ECB. And the ECB is not making sense: it’s raising rates even as its official acknowledge that the rise in headline inflation is likely to be temporary.
まず言いたいのは、全般的なEUの状況はアメリカとよく似ているように見える。日用品のヘッドラインインフレ率が一時的に上昇している一方、コアインフレ率は低いし、賃金がスパイラル的に上昇する兆候もない。そこでFRBが金融緩和を続けていることに対する議論は、そのままECBにも当てはまる。そして公式にはヘッドラインインフレ率が一時的なものに止まるであろうことを認識しているのに、ECBが利子率を上げるのは理解不能だ。

But there’s another, euro-specific aspect to this story. I was spared the need for chart-making by this very good post by Paul Mason, who gives us this:
しかしこの話にはEUに特有の面もある。ポール・マイソンが非常に良いポストをしてくれたため、私はわざわざチャートを作らずにすんだ。これが彼が提供してくれものだ:

untitled1.jpg

During the eurobubble years, there were huge capital flows to peripheral economies, leading to a sharp rise in their costs relative to Germany. Now the bubble has burst, and one way or another those relative costs need to be brought back in line. But should that take place via German inflation or Spanish deflation?
ユーロバブルの時代に、ヨーロッパの周縁諸国に巨額の資本流入があり、それはドイツに対する相対的コストの急上昇につながった。現在バブルが破裂すると、どうにかしてその相対コストを引き下げことが必要になった。しかしそれはドイツのインフレか、スペインのデフレかどちらの経路でなされるのか?

From a pan-European view, the answer is surely some of both — and given that deflation is always and everywhere very costly, the bulk of the adjustment should in fact take the form of rising wages in Germany rather than falling wages in Spain.
汎ヨーロッパ的な視点からは、答えはきっと両方という事になる―そしてデフレが常にどんな場所でもコストがかかるものだとすると、その調整はスペインの賃金の下落を通してではなく、ドイツの賃金の上昇という形で達成されるべきだろう。

But what the ECB is in effect signaling is that no inflation in Germany will be tolerated, placing all of the burden of adjustment on deflation in the periphery. From the beginning, euroskeptics worried about one-size-fits-all monetary policy; but what we’re getting is worse: one-size-fits-one, Germany first and only.
しかしECBが結果として示唆しているのは、ドイツのゼロインフレは許容されるし、デフレの調整に掛かる全ての負担は周縁諸国が負うということである。当初からユーロ懐疑主義者は、一つのもので全てに合わせる金融政策を懸念していた。しかし我々はもっと悪いものを手にしている:それは一つのものを一つに合わせるもの、ドイツが唯一であるということだ。

That’s a recipe for a prolonged, painful slump in the periphery; large defaults, almost surely; a great deal of bitterness; and a significantly increased probability of a euro crackup.
それは周縁諸国に長引く、苦痛に満ちたスランプをもたらすレシピだ。ほぼ確実な巨額のデフォルト、相当な程度の苦しみ、ユーロ崩壊の可能性の深刻な増加。

Aside from that, it’s prudent, reasonable policy.
それを脇にどければ、慎重で合理的な政策であるが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。