スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Musings on Minnesota Macro/November 26, 10:04 AM

Musings on Minnesota Macro ミネソタ流マクロについて考える

Miles Kimball and Noah Smith have a long piece on the shakeup at the Minneapolis Fed, where a couple of prominent freshwater macro people have been fired. Kimball and Smith carefully tiptoe about exactly what happened, and so will I — I hear stuff, but it’s second- or third-order hearsay, and not reliable.
マイルズ・キンボールとノア・スミスが、ミネソタ連銀において著名な淡水派の経済学者数人が解雇された騒動について長文の記事を書いている。キンボールとスミスは実際何が起こったかに関しては用心深く避けている。僕もそうすることにしよう――内容に関しては聞いているが、二次的、三次的なソースなのでまだ信頼が置けない。

What we can ask is what might have led Narayana Kocherlakota, the bank’s president, to conclude that he wasn’t getting value out of research economists with lots of publications in top journals. Kimball and Smith stress the broad failures of freshwater macro predictions — where’s the inflation from all that money-printing? How could something like the Great Recession even happen in a world of clearing markets and optimizing agents?
問われるべきは、何がミネソタ連銀総裁のナラヤナ・コチャラコタをして、このトップ専門誌で数多く論文を掲載させてきた調査部門の経済学者たちから得るものはないと結論付けさせたのかだ。キンボールとスミスは淡水派マクロ経済学者の予想が様々な場所で失敗してきたことを強調する――紙幣を刷れば必ず起こるはずのインフレはどこに存在するの? 大不況のような出来事が均衡市場や最適化エージェントの世界でどうやって生じるのか?

One might also want to look at some specifics. There was Kocherlakota’sspeech in 2010 in which he argued that low interest rates cause deflation — presumably with some input from the research economists; this was a big embarrassment, he probably noticed, and it may have fed his doubts about whether his economists had anything useful to offer.
具体例を見たい人もいるだろう。2010年のスピーチの中で、コチャラコタは低い利子率がデフレを引き起こしたと主張した――おそらく、先ほど話した調査部門の経済学者たちのこともあって、彼は非常に困った事態が生じていることを認めたんだろうし、自らが雇っている経済学者がなんら有益な助言をしていないのではないかという疑念につながったのかもしれない。

And Brad DeLong leads us to Ryan Avent linking to a Minneapolis Fedworking paper (pdf) by Chari, Christiano, and Kehoe basically sneering at the notion that the financial crisis would sharply raise borrowing costs or have major negative effects on the real economy. Not a good call:
そしてブラッド・デロングは、チャリ、クリスティアーノ、キーホーによるミネアポリス連銀のワーキングペーパーにリンクを貼ったライアン・アベントのブログを紹介しているが、その論文は金融危機が借り入れコストの急増をもたらしたり、実体経済に強烈な負の影響をもたらしたりするという観念を基本的にあざ笑ったものだ。いい知らせじゃないね:

image048.gif

By the way, Larry Summers mocked this stuff — probably this paper, but maybe more generally — during his IMF remarks:
ところで、ラリー・サマーズがIMFでの講演の中でこういった研究を馬鹿にしている――たぶんこの論文のことなんだろうが、もっと広い意味でも使える:

Now think about the period after the financial crisis. You know, I always like to think of these crises as analogous to a power failure, or analogous to what would happen if all the telephones were shut off for a time. The network would collapse, the connections would go away, and output would of course drop very rapidly. There’d be a set of economists who’d sit around explaining that electricity was only four percent of the economy, and so if you lost eighty percent of electricity you couldn’t possibly have lost more than three percent of the economy, and there’d be people in Minnesota and Chicago and stuff who’d be writing that paper… but it would be stupid. It would be stupid.
今、この金融危機以後の期間のことについて考えてみてください。ご存知のように、私はこの危機を停電、もしくは電話が突然つながらなくなった時起こることになぞらえるのが気に入ってるんです。ネットワークが崩壊し、相互のつながりは断たれてしまう。生産は当然急低下します。いすに腰掛けたままで、電気部門は経済のたった8%ほどしか占めていないのだから電力の80%が消失したとしても、全経済の3%を大きく超える損失になることは決してないと主張するような経済学者の集団があるんです。彼らはミネソタ大学やシカゴ大学にいて、そんな論文を書いています…でもそんなのは馬鹿らしい。馬鹿げています。


Now, as I’ve tried to say on a number of occasions, mistakes happen. If you, as an economist, try to weigh in on events as they happen, you will get things wrong, and sometimes you may get them wrong in a big way. The crucial question is what you do next. Do you engage in self-analysis, trying to figure out what in your framework led you astray? Or do you double down on your preconceptions, refusing to admit that you may have gone up the wrong path (and, if you’re in an institutional position, try to shut out people with differing views)?
僕が事あるごとに何度も言ってきたように、間違いは起こるものだ。一人の経済学者として、ある出来事が起こるごとに論争にかかわってていけば間違いは起こるし、時には手酷く間違えることもあるかもしれない。決定的な問題は次に何をするかだ。自己分析に取り組み、自説の枠組みの何が誤りに導いたのかを真剣に理解しようとするのか? それとも自らの先入観に倍賭けして、自分が間違った道に向かったかもしれないことを拒絶するのか(あるいは、もし組織の中枢にいるのなら異なった考えを持つ人の意見を封じようとするのか)。

One thing is for sure: people who take the second route don’t add value to a policy-making institution.
一つ確実なことがある:二番目の進路を取る人々が政策決定に携わる組織に価値を付け加えることはない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。