スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bubblephobia and Monetary Policy/November 23, 2013, 8:42 am

Bubblephobia and Monetary Policy バブル恐怖症と金融政策

How do you know that monetary policy is too loose? The textbook answer is that excessively expansionary monetary policy shows up in rising inflation; stable inflation means money is neither too loose nor too tight. This answer has, however, come under challenge from both sides. One side — the side I’m on, and I’m pretty sure the side Janet Yellen is on, says that at low inflation rates this rule breaks down: the Phillips curve isn’t vertical, even in the long run, at low inflation (perhaps thanks to downward nominal wage rigidity), so stable inflation at a low level is consistent with an economy operating well below potential.
金融政策が緩和しすぎってどうすれば分かるのか? 教科書的な答えでは、過度に拡張的な金融政策はインフレの急上昇を招く。つまり、インフレ率が安定しているなら貨幣は緩和しすぎでもなければ、引き締めすぎでもないということになる。しかしながら、この答えは双方向からの挑戦に会っている。一方の側が主張するには――僕が属している立場で、きっとジャネット・イエレンもこっち側だ――低インフレ率の下では、この法則は成り立たなくなる:低インフレ率では、フィリップス曲線は長期的にも垂直でなくなるので(おそらくは名目賃金の下方硬直性のため)、低水準での安定的なインフレ率と潜在成長率を下回った経済とは矛盾しないことになる。

But there’s a critique from the other side that seems to be gaining a lot of traction with central bankers not named Janet Yellen — namely, the notion that if asset prices are rising, and that this might signal a bubble, it’s time to tighten, even if inflation is low or falling.
だが、ジャネット・イエレンという名前でない中央銀行家の間で大きな影響力を持っているらしいもう一方の側からの批判がある――すなわち、資産価格が上昇しているなら、それはバブルのシグナルかもしれないので、インフレ率が低いか下落しているとしても、金融引き締めに入るべきだという考えだ。

As Simon Wren-Lewis points out, the Swedish Riksbank has gone all in on this doctrine — a decision that isolated my former colleague Lars Svensson (one of the people who warned long ago about the dangers of a liquidity trap), and led to his departure. The picture is really quite amazing:
サイモン・レン-ルイスが指摘しているように、スウェーデン国立銀行(リスクバンク)は完全にこの方向に進んでいる。その決定が僕の以前の同僚であるラース・スヴェンソン(ずっと前から流動性の罠の危険性について警告した人々の内の一人)を孤立させ、彼の退任につながった。この図は本当に驚くべきものだ:

112313krugman1-blog480.png

The Riksbank raised rates sharply even though inflation was below target and falling, and has only partially reversed the move even though the country is now flirting with Japanese-style deflation. Why? Because it fears a housing bubble.
リスクバンクはインフレ率が目標値以下であり、なお下落していたのに利子率を急激に引き上げた。そして、その国が現在日本型のデフレに向かっているのに、政策の方向転換は部分的なものに留まっている。なぜか? 住宅バブルへの恐れのためだ。

This kind of fits the H.L. Mencken definition of Puritanism: “The haunting fear that someone, somewhere, may be happy.” But here’s the thing: if we really are in the Summers/Krugman/Hansen world of secular stagnation, things like this are going to happen all the time. The underlying deficiency of demand will call for pedal-to-the-medal monetary policy as a norm. But bubbles will happen — and central bankers, always looking for reasons to snatch away punch bowls, will use them as excuses to tighten.
これはH.L.メンケンの清教徒主義の定義そのものだ:「どこかで誰かが幸せになっているのではないかという恐怖」。だが、ここで問題がある:もし我々が本当にサマーズ/クルーグマン/ハンセン型の長期停滞の最中にあるのなら、このようなことは常に起こる。根底にある需要不足により全速力での金融政策が常態になる。だが、バブルはいつか発生するものだ――そして、常にパンチボウルを取り上げる理由を探している中央銀行家はそれを引き締めの口実に使うだろう。

One last point: Isn’t Sweden a sort of liberal’s ideal? Not on monetary policy. In America, right-wingers get their ideas about both aid to the poor (end it) and monetary policy (gold!) from Ayn Rand, so hard money and hatred of the welfare state go hand in hand. In Europe, the connection is less clear-cut.
最後に一点:スウェーデンはリベラルにとっての理想じゃなかったの? 金融政策に関しては、それは違う。アメリカでは、右翼は貧しい人への援助(廃止しろ)と金融政策(金貨だ!)に関してのアイデアの両方をアイン・ランドから得ているので、金本位制と福祉国家への敵意は手に手を取って進んできた。ヨーロッパではこのつながりはそれほど明白なものではない。


後書き:リスクバンクとスヴェンソンに関してはこちらを。それにしてもすごく旧日銀ぽいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。