スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

More Paleo-Keynesianism (Slightly Wonkish)/December 16, 2013, 10:55 am

More Paleo-Keynesianism (Slightly Wonkish) さらに古ケインズ主義(ちょっと専門的)

More followup on the state of Keynesian economics. In the Brad DeLong post I cited, he mentions as one of the key planks of New Keynesian (as opposed to old Keynesian) macroeconomics the rejection of the old-fashioned notion of a stable relationship between unemployment and inflation.
このケインズ主義経済学の現状についての記事への補足。僕が引用したブログ記事の中で、ブラッド・デロングは(オールド・ケインズ主義に対して)ニュー・ケインズ主義マクロ経済学のカギとなる項目の一つとして、失業率とインフレとの間に安定的な関係があるという時代遅れな観念を拒絶していることを挙げていた。

Now, you can argue that the notion of a long-term usable unemployment-inflation tradeoff was never really part of Keynesian economics, that it’s a caricature of what 60s Keynesians actually believed. Nonetheless, the stagflation of the 70s was a decisive moment in economic ideology. Stagflation seemed to confirm the Friedman-Phelps notion — based loosely on “microfoundations”, i.e., notions of rational behavior — that sustained inflation would get built into wage and price setting, so that historical correlations between unemployment and inflation would disappear. And this in turn gave a huge push to the anti-Keynesian revolution.
いまや使い物にならなくなって久しい失業率とインフレとのトレードオフという観念はケインズ主義経済学にとって本質的な部分であったことなどなく、そんなものは60年代のケインズ主義者が信じていたことのカリカチュアだと弁護することも出来る。だが、70年代のスタグフレーションは経済イデオロギーにとって決定的な瞬間となった。スタグフレーションは、持続的なインフレは賃金と物価の設定に組み込まれてしまうようになるため、失業率とインフレの間の歴史的な相関は消失してしまうというフリードマンとフェルプスの観念――大まかには「ミクロ的基礎」、つまり合理的行動の観念に立脚していた――を確証したかように見えた。このことは、その後に反ケインズ主義を強烈に後押しすることになった。

Put it this way: when I was in grad school, I remember lunchtime conversations that went something like this; “I just don’t buy the Lucas stuff — it’s not remotely realistic.” “But these people have been right so far, how can you be sure they aren’t right now?”言い方を変えよう:僕が大学院生だったころ、昼食時に交わしたこんな会話を覚えている。「俺はルーカスの代物なんて納得できないよ――全然、現実的じゃないし」「でも彼らはこれまでずっと正しかったのに、なんで今彼らが間違っていると分かるんだ?」

But that was then. And here’s a question: How many economists realize that the data since around 1985 — that is, since the Reagan-Volcker disinflation — actually look a lot like an old-fashioned Phillips curve?でも、それはその時の話だ。疑問に思っていることが一つある:だいたい1985年――つまり、レーガンとボルカーによるディスインフレ期――以来のデータが時代遅れのフィリップス曲線そのものだってことをどれだけの経済学者が知ってるんだろうか?

Start with the raw data. Here’s unemployment and increases in nonsupervisory wages since 1985:
生のデータから見てみよう。これが1985年以来の失業率と非管理職賃金の増加率のデータだ:

121613krugman1-blog480.png

What you see is that wage growth was low when unemployment was high, and vice versa. Now take annual averages (to avoid overlapping data) and plot the unemployment rate against the wage change over the next year:
これを見れば、賃金の伸び率は失業率が高い時に低く、逆もまたそうであることが分かる。次に年率平均を取って(データの重複を避けるために)、失業率と翌年にかけての賃金変化率をプロットしてみよう:

121613krugman2-blog480.png

There are a couple of possible explanations for the return of the good old-fashioned Phillips curve: anchored inflation expectations, downward sticky nominal wages. I’ll have more thoughts on that later (actually, downward rigidity and anchored expectations I think reinforce each other). But the point is that notions of how inflation works that were formed in the era of stagflation are very much at odds with the way the world has looked, not just since the Great Recession began, but since the mid-1980s. Yet stagflation still shapes both public perceptions and policy.
 綺麗な時代遅れのフィリップス曲線が帰ってきたことに関してはいくつかの説明がある:制御されたインフレ期待と名目賃金の下方粘着性。このことに関してはもっと考えてみるつもりだ(実際には、下方硬直性と制御された期待は相互に強化し合っていると思う)。だが、ポイントとなるのは、スタグフレーションの時代に形成されたインフレの作用の仕方をめぐる観念は、大不況が始まって以来と言うより、1980年代中期以来の世界の有り様とは全く相反しているということだ。だが、スタグフレーションは今でも大衆の認識と政策の両方を形作っている。

This matters, a lot. The belief that the economy fluctuates around potential output, that it can’t be persistently below potential, is based ultimately on the natural rate hypothesis, which in turn took over economic thinking during the era of stagflation. This belief, in turn, underlies official estimates of potential output, which as Simon Wren-Lewis notes, causes any sustained slump to get built into official estimates of potential. Hence the official EU view that Spain is near full employment, the notion that Britain in 2007 was a hugely overheated economy with a huge structural budget deficit, and so on. If stagflation-era macro is wrong, so are all of these conclusions.
これは重要だ、すごく。経済は潜在生産力の周囲を変動するものであり、永続的に潜在生産力を下回ることなどありえないという信念は自然失業率仮説に完全に依存したものであり、それがスタグフレーション時代の経済思想を乗っ取った。そして、その信念が今度は公式の潜在生産力推定の基礎となり、サイモン・レン-ルイスが指摘したように、持続的な不況が公式の潜在生産力の推定に組み込まれてしまう結果となった。だからこそ、EUの公式見解では、スペインがほぼ完全雇用とされ、2007年のイギリスが膨大な構造的財政赤字を抱えた非常に過熱した経済にされてしまう、等々。もしスタグフレーション時代のマクロ経済学が間違っているなら、これらの結論も全て間違っていることになる。

It is, in short, time to go back to the future.
端的に言おう、今こそ未来に戻る時なんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。