スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bowlesonomics Versus Abenomics/October 21, 2013, 1:33 pm

Bowlesonomics Versus Abenomics ボウルズノミクス対アベノミクス

As some readers may have guessed, a number of my recent blog posts have in effect been notes on the way toward my paper and presentation here. I have gotten somewhat obsessed with the question of whether a Greek-style crisis is possible for a country like the United States, and with the amazing way that the conviction that it is has taken root among policy elites without, as far as I can tell, any attempt to explain the actual mechanism.
お気づきの読者の方もいるかもしれないが、最近、このブログの多くがここでの僕の論文とプレゼンに関わる内容になっている。僕は、ギリシア型の危機がアメリカのような国でも起こりうるのかという疑問と、僕の知る限り実際のメカニズムが何も説明されないままに、その可能性は確実に存在するという認識がエリートたちの間に根付いている奇妙さに少し取り付かれている。

And by the way: yes, a decade ago I expressed similar worries. But when I learn new things, I change my views. What do you do?
実際のところ:そう、10年前には、僕も同じようなことに気を揉んでいた。でも、それから新たなことを学んで、僕の考えは変わった。あなたはどうかな?

So let me add another piece, partly as a way to make sure that I don’t forget about it in my own writing, and let’s talk about contemporary Japan.
そこで、僕が昔書いたことを忘れてないということをはっきりさせるためにももう一つ記事を書いておきたい。現在の日本についての話だ。

First of all, compare and contrast. Here, again, is Erskine Bowles warning, in March 2011, that terrible things will happen if China stops buying our bonds:
まずは比較と対比から。前にも書いたけど、2011年3月にアースキン・ボウルズは、中国がアメリカ国債の購入をストップすれば恐ろしいことが起こると警告した:

[T]his is a problem we’re going to have to face up to. It may be two years, you know, maybe a little less, maybe a little more. But if our bankers over there in Asia begin to believe that we’re not going to be solid on our debt, that we’re not going to be able to meet our obligations, just stop and think for a minute what happens if they just stop buying our debt.
これは我々が向かい合う必要のある問題です。それは2年後かもしれないし、それより早まる可能性もあるし、遅くなる可能性もある。だが、アジアにあるアメリカの銀行がもはや国債は信頼できるものではないと考え始めたらどうなるか。政府は債務を返済する能力がないと考えたら。中国がアメリカ国債を買うのを止めたら何が起きるか一分でも立ち止まって考えた時には。


But just a few months earlier Japan was also worried about Chinese purchases of their debt — worried not that China would stop buying, but about the effects of China starting to buy:
だが、ほんの数ヶ月前に、日本も中国による日本国債購入のことを心配していた――中国が国債購入を止めるのを心配していたんじゃなく、中国が国債購入し始めたことによる影響を心配していた:

Japan’s government said it will seek discussions with China over the nation’s record purchases of Japanese bonds as an appreciating yen threatens to undermine an economic recovery.
日本政府は、中国による過去最大の日本国債購入が円高を引き起こし、それが経済回復の阻害となる恐れがあることに関して中国政府と話し合いの場を持ちたいと言及している。

Japan is closely watching the transactions and will seek to maintain close contact with Chinese authorities on the issue, Vice Finance Minister Naoki Minezaki told lawmakers in Tokyo. Finance Minister Yoshihiko Noda suggested at the same hearing that it’s inappropriate for China to buy Japan’s bonds without a reciprocal ability for Japanese to invest in China’s market.
「我が国としても大変この点については関心を強く持っておりまして、是非中国当局とも緊密に連絡を取っていきたいなというふうに思っております」と峰崎直樹財務副大臣は東京にある国会で語った。野田佳彦財務大臣は同じ委員会で、「中国の外準当局が日本の国債は買えるのに、日本の外準では中国の国債は買えないということについては不自然さを感じる点もある」と証言した。


Funny: Japan didn’t seem to think that China was doing it a favor by buying its debt, even though Japan has a much higher debt ratio than we do. And for these purposes, Japan looks a lot like us: it’s an advanced nation that borrows in its own currency and finds monetary policy constrained by the zero lower bound.
おかしいね:日本はアメリカよりもずっと債務比率が高いのに、中国による日本国債購入をありがたいことと思ってないようだ。この趣旨に関して、日本はアメリカと凄くよく似ている:自国通貨で借金をしている先進国で、金融政策がゼロ金利の制約にある。

It’s instructive here to look at Japan’s real effective exchange rate since the beginning of the economic crisis:
ここでリーマンショック以後の日本の実効実質為替レートを見ておくことがためになる。

102113krugman1-blog480.png

You can see why Japan was complaining about the high value of the yen. What was causing that? Not so much Chinese purchases, I’d argue, as ingrained deflation. Once the whole advanced world found itself with zero nominal interest rates, Japan — where people had come to expect deflation at around 1 percent a year, compared with expectations of around 2 percent inflation in the US and elsewhere — was offering higher real interest rates than its counterparts. The result was a strong yen, which was exactly what a liquidity-trap economy didn’t need.
なぜ日本が円高について不平を言っているのかは分かるよね。何がそれを引き起こしているのか? 中国による日本国債購入のせいじゃなくて、根深いデフレのせいだ。全ての先進国がゼロの名目利子率に直面するようになり、日本――アメリカや他の先進国での予想インフレ率が年率2%ほどであるのと比較して、この国の予想インフレ率は1%ほどだ――は競争相手よりも高い実質利子率を提示していることになった。その結果が円高であって、それは流動性の罠にある経済にとって全く望ましくないものだ。

As you can see, however, more recently the yen has declined steeply. What’s that about? The answer is, Abenomics, which has successfully, at least for now, convinced investors that the Bank of Japan has changed its spots and will keep the pedal to the metal for a long time even after moderate inflation sets in.
だが、ご存知のとおり、最近は急激な円安になっている。なぜそうなったのか? 答えはアベノミクスだ。アベノミクスは、少なくとも現在のところ、投資家に、日銀はその性質を転換し、適度なインフレが始まった後も長期間全速力で行くと納得させることに成功した。

And think about it: what Abenomics is trying to do, although it’s not stated that way, is reduce investor confidence in Japanese bonds — it’s trying to convince buyers of JGBs that the value of those bonds will in fact be eroded by inflation, not swelled by deflation. So far, it has succeeded.
そして、そのことについて考えてほしい:アベノミクスがしようとしていることは、そう言明されているわけではないが、投資家の日本国債への信頼を引き下げることだ――日本国債の買い手に日本国債の価値は今後インフレによって浸食されていくのであり、デフレによって膨らんでいくのではないと確信させようとしている。今のところ、それは成功している。

So has this loss of confidence led to rising Japanese interest rates and a recession? Well, no:
そして、この信頼性の喪失が日本の利子率を引き上げ、不景気をもたらしたのか? いや、違う:

102113krugman2-blog480.png

So Japan has, in effect, engineered the very kind of loss in confidence that politicians in the US and the UK warn, in dire terms, will be our doom unless we cut social programs. And it has been an unambiguous good thing for the Japanese economy.
アメリカやイギリスの政治家は絶望的な調子で、もし社会保障を削減しなければ、信頼性の喪失により破滅が来ると警告しているが、日本は結果としてその信頼の喪失ってやつを操作している。そして、それは日本経済にとって明らかに良いものだ。

Now, I’m sure many people will argue that a Chinese loss of confidence in America would play out very differently. But why, exactly? Show me the model — and don’t tell me that it must be true because those great experts in open-economy macroeconomics Erskine Bowles or Admiral Mullen say so.
きっと、中国のアメリカへの信頼性の喪失は全然違う働きをすると主張する人がたくさん出てくるだろう。でも、その理由をはっきりさせてもらえないかな? そのモデルを示してくれ――偉大な開放系マクロ経済学者のアースキン・ボウルズやアドミラル・ミューレンがそう言ってるんだから真実に違いないなんて言うのは無しだぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。