スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exchange Rates and Price Stickiness (Wonkish)/February 5, 2011, 10:13 am

Exchange Rates and Price Stickiness (Wonkish) 為替と物価の粘着性(オタク風)

I mentioned recently that the correlation between nominal and real exchange rates is one key piece of evidence that we live in a Keynes-Friedman world of sticky prices, not the classical, perfect flexibility world of real business cycle theorists. Now that I have a few moments, let me elaborate on that.
最近名目為替レートと実質為替レートの相関は、我々がケインズ-フリードマン型の粘着価格の世界に生きているのであり、古典派の完全に伸縮的なリアルビジネスサイクル理論の世界ではないことの決定的な証拠であると話した。いま少し時間をいただいて、そのことに説明させてほしい。

In international macro we talk a lot about real exchange rates, which are price-level adjusted rates. The nominal dollar-euro rate is the number of dollars per euro; the real dollar-euro rate is dollars/euro * European price level / US price level. So suppose that there were a doubling of prices in America while inflation remained at zero in Europe, but that the dollar lost half its value against the euro. The real exchange rate, which measures the relative price of US goods, would not change.
国際マクロ経済学では、我々はよく物価水準を調節された実質為替レートについて語る。名目ドル-ユーロレートとはユーロの数量に対するドルの数量のことだ。そして実質ドル-ユーロレートとはドル/ユーロ*ヨーロッパの物価水準/アメリカの物価水準のことである。そこでヨーロッパのインフレがゼロのままで、アメリカの物価水準が2倍になるとすると、ドルの価値はユーロの半分になってしまうことになる。アメリカの財の相対価格を測るものである実質為替レートは変化しない。

If you have a classical view of the world, you would argue that nominal shocks should affect the nominal, not the real exchange rate: the real exchange rate is a real phenomenon, and money is a veil. Specifically, you’d expect any nominal shock to move the price level by the same amount that they move the exchange rate. In reality, however, what we normally see is that nominal and real exchange rates are very closely correlated. Here are changes in the US-German nominal and real exchange rate (computed using consumer prices, and with Deutsche marks before 2000, euros thereafter) since 1951:
もしあなたが古典派の世界観を持つなら、名目ショックは名目為替レートに影響を与えるのであり、実質為替レートではないと言うだろう。つまり実質為替レートは実質的な現象であり、貨幣はベールにすぎないと。具体的に言うと、どんな名目的なショックも、それが為替レートを動かすのとちょうど同じ量だけ物価水準を動かすと想定するだろう。だが現実に我々が通常目にするものは、名目為替レートと実質為替レートの緊密な相関である。ここにアメリカ-ドイツの名目と実質の為替レート(消費者物価を使用してある、そしてドイツは2000年まではマルクで、1951年以降はユーロ)がある:

usgermx.jpg

Now, a classical economist could (and some did) try to explain away this observation by arguing that what’s going on here is that there are real shocks, and that monetary policy was used to stabilize each country’s price level. But then you run into another problem, highlighted in a classic paper by Mike Mussa (haven’t found the original online, but he summarized the argument here (pdf)). Mussa pointed out that the behavior of both nominal and real exchange rates changed dramatically when the exchange rate regime changed, becoming vastly more volatile with the end of Bretton Woods. You can see that in the figure above; here’s one of Mussa’s figures, which highlights it even better because it covers a shorter period of floating rates:
今でも古典派の経済学者ならこの観察を、ここで起こったことの背後には実質的なショックがあり、金融政策はそれぞれの国の物価水準を安定化するために使われるものと論じることで言い逃れすることができるだろう(そしていくらかの人はした)。しかしその時マイク・ムッサの古典的な論文によって強調された新たな問題に突入する(オリジナルはオンライン上では見つけられなかったが、その議論を要約したものがここにある)。ムッサは名目と実質の為替レートの動きが、為替レートのレジームが変わる時に劇的に変わることを指摘した。ブレトンウッズ体制の終わりには非常に変動的になったことだ。その図を示そう。これはムッサの図の一つだが、それが変動レート制の短い期間をカバーしているためさらに分かりやすい:

mussarx.jpg

You can, if you’re desperate, try to explain this away by saying that there was some fundamental structural change in the early 1970s, but at that point you’re deep into epicycle territory. And there’s more — for example, Ireland went abruptly from having a stable real exchange rate against the UK to having a stable rate against Germany when it joined the European exchange rate mechanism, etc..
やけくそになれば、1970年の初めになんらかの根本的な構造変化があったと主張することにより言い逃れしようとすることもできる。しかしこの時あなたは周天円の領域に沈み込んでいる。そしてもっと多くのことがある―例えば、アイルランドはイギリスに対して為替レートを安定化させていたのを、ヨーロッパ為替メカニズムに参加する時ドイツに対して安定化させるようになった、等々。

Incidentally, I suspect that this evidence is one reason why international macro people have tended to stay more Keynesian than domestic macro people — why those of us who read Obstfeld and Rogoff knew that Ricardian equivalence didn’t imply ineffectual fiscal policy, while even Nobel laureates on the domestic macro side were getting it wrong. If you work with international data, the evidence for price stickiness is so overwhelming that it’s hard to stay in denial.
ついでに言えば、この事実が、なぜ国際マクロ経済学者の人々がドメスティックな経済学者の人々よりケインジアンであり続ける理由の一つであるというのは疑わしい―なぜならオブズフェルド・ロゴフを読んでいる我々は、リカードの等価原理が財政政策の無効性を意味するものでないことを知っているが、一方ノーベル賞受賞者でさえドメスティックなマクロ経済学者はそれを誤解している。国際的なデータに精通していれば、価格の粘着性証拠は圧倒的なためそれを否定し続けるのは難しい。

Oh, and to anticipate some comments: saying that wage and price stickiness is clearly there, and that it plays a key role in how we should understand the slump we’re in, does not say that increased wage flexibility is the answer; see this post.
いくつかのコメントを予想して言っておく。賃金と価格の粘着性は明らかに存在するし、それが我々が陥っているスランプを理解するための重要な手がかりになっている。賃金の伸縮性を高めることが答えだなんて言わないで、ここの投稿を見てくれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。