スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Death of High Inflation/July 23, 2013, 6:41 pm

The Death of High Inflation 高インフレの死

Back home, although I got a bit worried when the gate agent in Edinburgh announced a delay. At least I think that’s what she announced. The truth is that I couldn’t understand most of what she said. Ah, Scotland.
エジンバラの空港職員が遅れると言った時はちょっと心配したんだが、なんとか家に帰ってこられた。少なくともその女性はそういったと思う。正直なところ、彼女の言っていることはほとんど分からなかった。ああ、スコットランドよ。

Anyway, blogging may be limited by various real-life responsibilities. But I thought I’d post a quick calculation that might be of some interest.
なんにせよ、ブログをするには様々な現実世界の責務によって制約されている。でも、今回は興味を持ってくれる人もいるであろう事柄に関してちょっとした計算をやってみた。

As a number of people have been reminding us lately, talk of high inflation, nay hyperinflation, has been widespread ever since the Fed began trying to fight the Great Recession. And the failure of the predicted high inflation to appear has done nothing to shake their conviction that they have the truth, and that those of us who have been right are nonetheless wrong.
最近の多くの人の言論によって思い起こされたことだが、FRBが大不況に対する戦いを始めて以来、高インフレ、それどころかハイパーインフレのお話が広がっている。高インフレが来るという予言が外れ続けていることは、彼らが真実を知っている、常に正しかった我々がそれにもかかわらず間違っているという彼らの信念にいかなる動揺も与えなかった。

So, one thing I wonder about is the extent to which this attitude is reinforced not just by the usual crank tendencies, right-wing leanings, and so on, but also by the fact that economists love — looooove — to talk about runaway inflation, precisely because it’s something that’s so easy to explain: you run the printing presses to cover your deficits, and off you go.
そこで僕が不思議に思うのは、それを増強してるのがいつもながらの偏屈志向や右翼の変更だけでなく、それがすごく説明しやすいという理由によって、経済学者が狂乱インフレについて話すのが大好き――だーーーい好き――だという事実であるということだ:財政赤字を埋めるために輪転機を回したんだね。はいオシマイ。

Yet this is getting awfully stale.Not only has the promised high inflation failed to appear here in America, but high inflation has largely vanished everywhere.
だが、これは酷く古臭いものになっている。約束された高インフレはアメリカに現れなかっただけでなく、あらゆる場所でほぼ消えうせた。

I did a quick calculation using the IMF’s World Economic Outlook Database, which runs back to 1980. Year by year, how many countries had triple digit inflation in any given year? It looks like this:
1980年に遡るIMFのWorld Economic Outlook Databaseのデータを使って簡単な計算をしてみた。年ごとに3桁インフレの国の数はどれだけあるのか? それはこうなる:

072313krugman1-blog480.png

Basically, there was a wave of hyperinflations caused by the chaos following the breakup of the Soviet Empire, much like the wave after World War I; since then, Zimbabwe and nobody else.
基本的には、第一次世界大戦後の大波によく似た、ソヴィエト帝国崩壊に続く混乱によって引き起こされた大波があった。それ以降は、ジンバブエの他にそんな国はない。

Even double-digit inflation has become quite rare:
2桁のインフレですら非常に稀になっている:

072313krugman2-blog480.png

There’s a brief spike around 2008; if you look at it, it turns out to be mainly small commodity-exporting countries pushed into big devaluations by the crisis, leading to one-time jumps in consumer prices. But then it was back to the downward trend.
2008年ごろに短期間上昇している。それをよく見てみれば、資源を輸出してる小国が経済危機のため通貨価値が大幅に下落したことによって、一回きりで消費者物価が暴騰したためだと分かる。だが、それ以降は元の加工トレンドに戻っている。

There are, I think, a couple of morals here. One is that economics textbooks probably talk too much about high inflation; it’s a nice pedagogical set-piece, but not something that’s a real issue in today’s world. Another is that high inflation doesn’t happen just because a country’s rulers are spendthrifts or don’t know about the Emperor Diocletian or something; it is always associated with severe political and social disruption. To stand Milton Friedman on his head, high inflation is never and nowhere a merely monetary phenomenon.
僕はここにいくつかの教訓があると考えている。一つは、おそらく経済学の教科書は高インフレについて書きすぎているということだ。それは教育学的にはすばらしい仕掛けなんだが、今日の世界の現実的な課題とは言えなくなっている。もう一つは、高インフレは単に支配者が浪費家であるとか、ディオクレティアヌス帝について知らないために起こるわけではないということだ。それは常に深刻な政治的・社会的崩壊と結びついている。ミルトン・フリードマンを逆さまにして言えば、高インフレが単なる貨幣的現象であったことなどいまだかつてない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。