スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Bloomberg Businessweek】Paul Krugman Won the Crisis—and Lost the Argument

Paul Krugman Won the Crisis—and Lost the Argument ポール・クルーグマンはこの危機に勝った――そして論争に負けた
By Peter Coy September 12, 2013
12_Krugman38__01__630x420.jpg

A lot of people were tired of thinking about the financial crisis by 2012. Not Paul Krugman, the liberal Princeton University economist with a Nobel Prize and a New York Times op-ed column. That April he published a full-on cri de coeur called End This Depression Now! In May his attention-getting taunts of conservatives led the New York Post to call him “the nation’s most dangerous economist.” Then in June he got into a Twitter war over austerity with the president of Estonia that was so entertaining it was made into a short opera.
多くの人は2012年にもなるとこの金融危機について考えるのにうんざりしていた。ノーベル賞受賞者でニューヨーク・タイムズのオプエド・コラムニストであるプリンストン大学のリベラル派ポール・クルーグマンは違う。去年4月、彼はcri de coeur(心からの叫び)で一杯の『さっさと不況を終わらせろ!』という本を出版した。5月には、彼の保守派に対する罵倒が注目を集め、ニューヨーク・ポストは彼を「この国で最も危険な経済学者」と呼んだ。それから6月になると、彼はエストニア大統領との緊縮財政をめぐるツイッター戦争に突入したが、それはあまりにも面白すぎてショート・オペラの域に達していた。

The Lehman crisis was a moment made for Krugman. It prompted policymakers to swallow their pride and take a second look at John Maynard Keynes, the late British theorist whose influence in academia had been fading for decades. The bearded, gnome-like Krugman, as the most famous expositor of traditional Keynesianism, rose to the occasion. As of 2013, End This Depression Now! has been translated into 25 languages. “Paul is a rock star overseas,” says Drake McFeely, president of W.W. Norton, his U.S. publisher.
リーマン危機はクルーグマンにとってまたとない機会になった。それにより政策担当者たちは自負心を引っ込めることになり、ここ数十年、学会での影響力が薄れていたイギリスの理論家である故ジョン・メイナード・ケインズに対して再考させることになったからだ。ヒゲ面の小鬼のようなポール・クルーグマンは最も有名な伝統的ケインズ主義の解説者として時宜を得た。2013年現在、『さっさと不況を終わらせろ!』は25ヶ国語に翻訳されている。「海外ではポールはロックスターだ」とW.W.Nortonの社長でアメリカにおけるパブリッシャーであるドレーク・マカフィーは語る。

There are, as the Economist’s Matthew Bishop once observed, two Krugmen: the scholar and the polemicist. The scholar sifts data for patterns. The polemicist picks fights to make points. “It kind of helps to use various people as foils,” Krugman said in an interview this year for this magazine. “If someone has said something that’s demonstrably at odds with experience or just demonstrably stupid, I use it.” He once told a National Public Radio interviewer, “There are so many fools that if you try to suffer them at any great length, there’s no time left.” Columnist George Will said of Krugman: “If certainty were oil, he’d be Saudi Arabia.”
かつてエコノミスト誌のマシュー・ビショップが述べたように、2種類のクルーグマン(Krugmen)がいる。一方は学者で、もう一方は論客だ。学者としての彼はデータをパターンごとにふるい分けていく。論客としての彼は評価を上げるために論争を吹っかける。「色んな人々をダシに使うのは結構便利だ」と彼は今年当誌のインタビューで語っている。かつてNnational Public Radioのインタビューでは「もし誰かが明らかに事実と異なることを語ったとか、もしくは単に明らかに馬鹿なことを言っていたら、僕はそれを使う」と語り、「あまりにも馬鹿が多すぎるから、そんなことを少しでも気に病んでいたら、時間が全然なくなるよ。」コラムニストのジョージ・ウィルはクルーグマンをこう評した:確実性が石油だとするなら、彼はサウジアラビアだ。

Despite his popularity and determination, Krugman hasn’t exactly won the argument. He’s had no luck getting the Federal Reserve to raise its inflation target to 4 percent, from 2 percent. He also hasn’t managed to persuade Congress to increase spending to stimulate growth; with the sequester, lawmakers have done just the opposite. Columbia University economist Jeffrey Sachs, who calls himself a fellow progressive, says Krugman shows too little concern for wasteful government spending. “This approach is disastrous both politically and economically,” he wrote in a Huffington Post column.
しかし、その人気と決定力をもってしても、クルーグマンは論争には全然勝てなかった。彼はFRBにインフレ・ターゲットを2%から4%に引き上げさせる幸運はなかった。彼はまた議会に成長を促進するため支出を増やさせるよう説得することもできなかった。立法府の議員らはそれを拒絶して正反対のことを行った。コロンビア大学の経済学者でリベラルを自認するジェフリー・サックスは「クルーグマンは無駄な政府支出にほとんど全く関心を示さない。このアプローチは政治的にも経済的にも破滅的だ」とハフィントン・ポストのコラムで書いている。

Still, Krugman is happy where he stands. By taking positions outside the political mainstream, he bucks up the fighting spirit of fellow liberals. The late Joseph Overton, a libertarian, invented the notion of the Overton window to describe the range of ideas that are politically acceptable at any given time. The window has moved to the right in recent years. But it might have moved even further without Krugman.
だが、クルーグマンは現在の境遇を楽しんでいる。政治的な主流派の外側に身を置くことによって、彼はリベラルとしての闘争心を奮い起こしている。リバタリアンの故ジョセフ・オヴァートンはある特定の時代において政治的に受け入れられる思想の範囲を示すのにオヴァートンの窓という観念を生み出した。その窓は近年右側に移動した。でもクルーグマンがいなかったらさらに右側に移っていたのかもしれない。


後書き:・gnome(小鬼)
images (1)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。