スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Destructive Creativity/April 21, 2013, 11:45 am

Destructive Creativity 破滅的な独創性

Still thinking my way through the Reinhart-Rogoff debacle and related issues, and I think there’s an important point to be made here about the state of macroeconomics.
ずっとラインハート・ロゴフ論文の大失態とそれに関連する事柄について自分なりに考えているんだが、マクロ経済学の現状に関して語られるべき重要な点があると思う。

You can already see quite a few people reacting to this affair by declaring that macro is humbug, we don’t know anything, and we should just ignore economists’ pronouncements. Some of the people saying this are economists themselves!
もう既に、この出来事に対して、かなり多くの人々がマクロ経済学なんてぺてんであって、我々はそれについて何も分からないんだから、経済学者の言うことなんて無視しておけばいいんだと主張しているのを目にしていることだろう。それを言っている内の何人かは経済学者自身だ!

But the truth is that basic macroeconomics — IS-LM type macro, the stuff that’s in Econ 101 textbooks — has performed spectacularly well in the crisis.
でも、本当のところ、基礎的な経済学――IS-LM型のマクロ経済学、初級経済学の教科書に出てくるような内容――はこの危機の中ですばらしく機能してきた。

The true test of an analytical framework is how it performs in unusual or extreme circumstances, how well it predicts “out of sample”. What we have experienced since 2007 is a series of huge policy shocks — and basic macroeconomics made some very counterintuitive predictions about the effects of those shocks. Unprecedented budget deficits, the model said, would not drive up interest rates. A tripling of the monetary base would not cause runaway inflation. Sharp government spending cuts wouldn’t free up resources for the private sector, they would depress the economy more than one-for-one, so that private spending as well as public would fall.
分析的なフレームワークを本当にテストする方法は、それが異常で極端な状況の時にどう機能するか、それが「サンプルから」どれほどいい予言ができるかを見ることだ。我々は2007年以来、一連の巨大な政策的ショックを経験してきた。基礎的な経済学はそれらのショックに対してすごく非直感的な予言をしてきた。そのモデルによると、空前の財政赤字は利子率を急騰させない。マネタリーベースを3倍にしてもインフレは暴走しない。急激な政府支出の削減は民間部門にリソースを開放することはなく、1対1の場合より経済を落ち込ませるので、公的支出と同様に民間支出も減少する。

Quite a few people considered these predictions not just wrong but absurd; they braced for soaring rates and inflation, they waited for the good news from austerity. But the model passed the test with flying colors. Remember how Romer and Bernstein were savaged for assuming a multiplier of around 1.5? Four years later, after much soul-searching from the IMF about why it underestimated the costs of austerity, estimates seem to be converging on a multiplier of … about 1.5.
かなり多くの人々がこれらの予言は単に間違っているだけでなく馬鹿げていると考えた。彼らは利子率の急騰の準備をして、緊縮財政から良いニュースがくるのを待った。でも、モデルはこのテストで大成功を収めた。ローマーとバーンシュタインが財政乗数を約1.5と見積もったことでどれだけ批判を浴びたか覚えてる? 4年後、IMFがなぜ緊縮財政のコストを過小評価してしまったのか厳しく自己反省した後の推定値は…約1.5に集中していた。

So how is it that economists look so bad? The answer is that too many prominent economists chose, for one reason or another, to reject the existing model. Maybe they were just trying to score points by being different; maybe they were sucked in by the approbation of the VSPs, the rewards that came from telling important people what they wanted to hear. In any case, we had Alesina/Ardagna saying that austerity is actually expansionary thanks to confidence effects; Reinhart/Rogoff saying that debt has terrible effects on growth via unexplained channels. This stuff was creative, different, deeply appealing to powerful people — and dead wrong. If you stayed with Econ 101, you got it right, if you went with the trendy stuff you made a fool of yourself.
じゃあ何で経済学者はそんなに酷く見えるのか? 答えは、あまりにも多くの経済学者があれこれの理由から既存のモデルを拒絶することを選んだことにある。たぶん彼らは違っていることで点数を稼ごうとしただけなんだろう。たぶん彼らは「おまじめな方々(VSPs)」の賞賛か、VSPsの聞きたいことを言うことによって得られる報酬が欲しかっただけなんだろう。いずれにせよ、アレシナとアーダナは、緊縮財政は信認の効果のおかげで実際には景気を拡大させると言ったし、ラインハートとロゴフは、債務は未解明の経路を通して成長に恐ろしい影響を与えると言った。それは独創的で、風変わりで、権力者にとってすごく都合が良かった――そして、死ぬほど間違っていた。初級経済学で留まっていれば上手く行ったし、流行り物に乗っかっていれば馬鹿を見た。

The lesson we should have taken from this crisis was that plain ordinary macro is actually a very powerful, very useful tool, one that you ignore at your peril.
我々がこの危機から学ぶべき教訓は、平易な普通のマクロ経済学は実際にはすごく強力で、すごく役に立つ道具であるのに、それを無視するという危険を冒しているということだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。