スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Of Cockroaches and Commissioners/March 6, 2013, 3:54 am

Of Cockroaches and Commissioners ゴキブリと委員の中で

030613krugman1-blog480.png

Kevin O’Rourke points me to the FT’s Brussels blog, which passes on the news that various officials at the European Commission are issuing outraged tweets against yours truly. You see, I’ve been mean to Olli Rehn.
ケヴィン・オルークが指摘してくれたのだが、FT’s Brusselsブログで欧州委員会(EC)の様々な政府当局者がこの僕に対して怒りをぶちまけるツイートをしているというニュースが載っている。そう、僕のオッリ・レーンについての記事に関して。

And the EC response perfectly illustrates why I do what I do.
そしてECの反応は完全に僕の目論見どおりだ。

What you would never grasp from those outraged tweets is that all my criticisms have been substantive. I never asserted that Mr. Rehn’s mother was a hamster and his father smelt of elderberries; I pointed out that he has been promising good results from austerity for years, without changing his rhetoric a bit despite ever-rising unemployment, and that his response to studies suggesting larger adverse effects from austerity than he and his colleagues had allowed for was to complain that such studies undermine confidence.
これらの怒りのツイートから分からないことは、僕の批判は全て実体があるということだ。僕はレーン氏の母がハムスターだとか、彼の父がニワトコの実の臭いがするとか主張していない。僕が指摘しているのは、彼が何年も緊縮財政によってすばらしい結果になると約束してきたにもかかわらず、失業率が上昇し続けているのに、レトリックを少しも変えようとしてないということ。そして、緊縮財政の負の効果は彼や彼の同僚が見込みよりずっと大きいことを示す研究に対する彼の反応は、それらの研究が信頼を損ねると不平を言うだけだ。

It’s telling that what the Brussels blog calls a “particularly nasty attack” was in fact a summary of Paul DeGrauwe’s work indicating that European austerity has been deeply wrong-headed, in the course of which I quoted Mr. Rehn asserting, once again, that old-time austerian faith.
FT Brusselsブログが「特に辛らつな攻撃」と呼ぶものは、ヨーロッパの緊縮財政が酷く頭の悪いものであることを示したポール・デクラウエのサマリーの中で、レーン氏がまたしても昔ながらの緊縮派の信念を吐露しているのを僕が引用しているところであるのは興味深い。

Now, it’s true that I use picturesque language — but I do that for a reason. “Words ought to be a little wild”, said John Maynard Keynes, “for they are the assault of thoughts on the unthinking.” Exactly.
僕が一風代わった言葉を使うというのはその通りだ――でも、それには理由がある。ジョン・メイナード・ケインズは「言葉は少しワイルドであるべきだ」と言った、「それは何も考えていない人に対して思考を強いる。」その通り。

Kevin O’Rourke refers to the “cocooned elites in Brussels”, which gets to the heart of the matter. The dignity of office can be a terrible thing for intellectual clarity: you can spend years standing behind a lectern or sitting around a conference table drinking bottled water, delivering the same sententious remarks again and again, and never have anyone point out how utterly wrong you have been at every stage of the game. Those of us on the outside need to do whatever we can to break through that cocoon — and ridicule is surely one useful technique.
ケヴィン・オルークは「ブリュッセルの繭にくるまれたエリート」に語っているが、それは問題の本質を突いている。組織の尊厳は知的明晰さにとって恐ろしいものになりうる:講義台の後方に立って、あるいはボトルに入った水を飲みながら会議室のテーブルに座って、何度も何度も同じお説教が繰り返される。そして、このゲームのあらゆる段階で完全に間違っていたと指摘するものなど誰もいないということになる。外部の我々はこの繭を破るためにできることは何でもやる必要がある。そして、あざけりは間違いなく有効なテクニックの一つだ。

There’s an especially telling tweet in there about how “unimpressive” I was when visiting the Commission in 2009. No doubt; I’m not an imposing guy. (I’ve had the experience of being overlooked by the people who were supposed to meet me at the airport, and eventually being told, “We expected you to be taller”). And for the life of me I can’t remember a thing about the Commission visit. Still, you can see what these people consider important: never mind whether you have actually proved right or wrong about the impacts of economic policy, what matters is whether you come across as impressive.
2009年に欧州委員会を訪問した時の僕がいかに「パッとしなかった」ことに述べたツイートは特に興味深い。それは間違いない。僕は人目を引くほうじゃない(僕は空港で会う予定だった人に素通りされたあげくに、こう言われたことがある「あなたはもっと背が高いかと思ってましたよ」)。欧州委員会を訪問したときのことはどうにも思い出せない。でも、これらの人々が何を重要と思っているかはよく分かる:経済政策の影響について正しいか間違ってるかなんてどうでもいい、重要なのはその人が魅力的かどうかだ。

And let’s be clear: this stuff matters. The European economy is in disastrous shape; so, increasingly, is the European political project. You might think that eurocrats would worry mainly about that reality; instead, they’re focused on defending their dignity from sharp-tongued economists.
はっきりさせておこう:このことは大切だ。ヨーロッパの経済は破滅的な状態にある。ヨーロッパの政治的なプロジェクトについてもますますそうなりつつある。あなたは、EU官僚が主にその現実について心配していると考えているかもしれない。でも、その代わりに、彼らは毒舌経済学者たちから自らの尊厳を守るのに精一杯だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。