スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why Don’t We Have Deflation?/March 5, 2013, 8:59 am

Why Don’t We Have Deflation? なぜアメリカはデフレになっていないのか?

Whenever you see a piece suggesting that the US economy has entered a “new normal” of slow growth, you’re likely to see someone making the argument that if the economy actually had lots of excess capacity, we should be seeing deflation. And the question of why we don’t have deflation is a good one. It is, however, a question that people like me have answered repeatedly; unfortunately, it seems that this analysis hasn’t been making it to, say, a number of current and former Fed officials.
アメリカ経済は低成長という「新たな常態」に突入したと語る記事を目にする時には、それを語っている人物は、もしアメリカ経済に余剰生産力があるのなら、アメリカはデフレになっているはずだと主張している可能性が高い。なぜアメリカがデフレになっていないかというのはいい問いだが、その問いには僕のような人々が何度も答えている。不幸なことに、この分析は過去および現在のFRB当局者のところまで届いていない。

So here’s a restatement of what we think we know. Long-time readers will find this familiar, but as a number of commenters have wisely pointed out, there are a lot of people reading this blog now who weren’t reading it a year or two ago. (We’re adding Twitter followers at around 20,000 a month, which is some indication of the number of newbies).
だから、ここで我々が現在分かっていると思われることについて再び言及しておこう。長年の読者はこのことを熟知しているだろうが、多くの賢明なコメントで指摘されているように、このブログを現在読んでいる人の中でも1,2年前には読んでなかった人がたくさんいる(このブログのツイッターのフォロワーは1月に約2万人ずつ増えているのだが、それが新参者の指標になる)。

OK, first things first: back when the crisis started, I did expect to see deflation, Japanese style, if it went on for an extended period. I was wrong — and I did what you’re supposed to do (but far too people actually do) when they’re wrong, which is to look for an explanation of your error that is consistent with the available evidence.
オッケー、まず一番大事なことを始めに:この危機が始まった時、僕はこれが長期間続くのなら日本型のデフレになると予想していた。それは間違いだった――そして、僕は人が間違えたときにやるだろうと思われることをやった(でも、そうしてしまう人は実際あまりにも多い)。利用可能な証拠と矛盾しない形でその間違いを説明できないか探ってみた。

One immediate thing to look at was to see whether what was happening to inflation in the United States was consistent with historical experience of deep slumps that we know involved the economy operating well below capacity for an extended period. And it turned out that the Japanese deflation (which has never been very fast in any case) is pretty much unique. The IMF looked at Protracted Large Output Gaps — PLOGs — and found that in general inflation gets squeezed toward, but not below, zero:
まず、アメリカ経済でそのとき起こっていたことが長期間にわたり潜在成長力以下で動いていたと分かっている深刻な不況の歴史的経緯と矛盾しないのか調べてみた。そして日本型のデフレは極めてユニークなものであることが分かった。IMFはProtracted Large Output Gaps(PROGOs)を精査して、一般的にインフレは圧縮されることはあってもゼロ以下にはならない:

030513krugman1-blog480.png
And our own history actually points in the same direction: the 1930s were marked by sharp deflation in the early years, but considerable inflation as the economy partially recovered, even though unemployment remained very high.

そしてアメリカの歴史も同じ方向を示している:1930年代は初期には急速なデフレが顕著だったが、経済が部分的に回復すると、失業率はまだ非常に高かったにもかかわらず、そこそこのインフレになった。

So inflation seems “sticky”. But why? One immediate thought was that we might be looking at the effects of downward nominal wage rigidity: employers are very reluctant to engage in actual wage cuts. Way back in 1996 Akerlof, Dickens and Perry suggested that this would make inflation stubborn at low rates, breaking the usual link between high unemployment and disinflation.
つまりインフレは「粘着的」なようだ。でも、どうして? まず思いつくのは、名目賃金の下方硬直性の影響を考えることだ。実際、雇用主は名目賃金を下げるのにすごく抵抗を持つ。1996年に、アカロフ、ディケンズ、ペリー論文で、このことが高失業率とディスインフレの通常のつながりを崩壊させ、低率でのインフレを頑固なものにすることが示された。

Still, how can you tell if sticky inflation reflects sticky wages, as opposed to being the result of an economy that really doesn’t have very much slack? The answer is that sticky wages should leave a “signature” in the wage data: a large number of workers whose wages neither rise nor fall, and a rising number of such workers as the economy slumps. Sure enough, researchers at the San Franciso Fed found exactly that:
だが、粘着的なインフレは粘着的な賃金を反映したものであって、経済に重大な供給過剰など存在しない結果ではないとどうすれば分かるのか? その答えは、それが粘着的な賃金の場合には賃金データにその「証(あかし)」を残すということだ。賃金が上がりも下がりもしないたくさんの労働者がいて、経済が下降するとそのような労働者が増加することになる。案の定、サン・フランシスコ連邦準備銀行の研究でまさにその通りのことが証明された:

030513krugman2-blog480.png
030513krugman3-blog480.png

Actually, once you start looking for it, downward nominal rigidity is everywhere. For example, Catherine Rampell had a great piece pointing out that starting salaries at elite law firms have been frozen at precisely $160,000 for years:
実際、いったん賃金の下方硬直性を探せば、それはあらゆる場所で存在する。例えば、キャサリン・ランペルは、エリート法律事務所の初任給が数年間にわたりピタっと年収16万ドルで凍りついているというすばらしい記事を書いている:

030513krugman4-blog480.png

The bottom line is that we have a lot of evidence suggesting that the failure of deflation to materialize reflects wage rigidity, not absence of economic slack. And it is therefore frustrating to see supposedly well-informed people talk about this issue as if none of that work had been done.
結論としては、デフレが現実のものにならなかったのは経済に供給過剰が存在しないからではなく、賃金の硬直性のためであることを示す証拠が数多く存在する。だからこそ、知識を持っているはずの人々がこれらの研究をまるで存在しないかのようにこの問題を語っているのを見るのはイライラさせられる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。