スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NHK】Biz plus:ポール・クルーグマン・プリンストン大学教授へのインタビュー 2/8/2013

2/8/2013 Paul Krugman, Professor at Princeton University

■安倍政権の経済政策をどう評価しますか?
The broad outline looks right. Looks like he’s actually trying to do the right things. He’s doing what Japan should have been doing a long time ago. The details are hard to evaluate. For an outsider, it’s hard to know. But the idea that Japan should have a short-term fiscal stimulus to get the economy moving, coupled with a change in monetary policy designed to accommodate the fiscal stimulus translated into a higher rate of inflation, to a positive inflation of a couple of percent at least a year, and thereby sustaining the effect, that’s pretty much what the doctor ordered, I guess I would say.
概ね良いと思います。彼は正しいことをやろうとしているように見える。日本がずっとやるべきだったことをやっている。詳細については評価しがたい。外部から見て、それを知るのは難しい。でも、日本経済を起動させるために短期的な財政政策を行い、それと同時に、その財政政策を調整するため金融政策を転換するというアイデアにより、予想インフレ率は少なくとも年率1,2%ほどに上昇している。それにより、経済政策の効果が持続してる。それは、私が言ってきたように、医者が処方するとおりの政策です。

Given the state of the Japanese economy, this is what Japan should have done years ago. So it looks like the right thing. Whether the fiscal stimulus is actually adequate is something that I’m hearing conflicting reports about. But the market response is good, so it looks relatively favorable.
日本経済の状況を考えれば、これは日本がずっと前に行っておくべきだった政策です。だから、それは正しいことのように見える。財政政策が十分かどうかに関して、私が聞いている限りでは意見が分かれている。だが、市場の反応は良いので、比較的順調に行っているみたいだ。

■日銀が先月、物価目標を2%に設定しました。これについては?
Well, I think I would actually like it to be higher, but certainly 2% is a lot better than the sort of… we want maybe one or something. And I think the main thing is the signal is being sent. People are hearing the signal that this time the BOJ won’t do what it’s done several times before, which is just as the economy’s starting to recover, it’ll pull back, right? The crucial thing is not what the BOJ does in this moment, but what people expect it will do when Japan… When inflation actually starts to accelerate, will the BOJ be willing to let that happen for awhile? It looks like it will. So that’s very much a good thing. That’s exactly what you want.
えっと、以前はもっと高いほうがいいと考えていたんですが、2%というのは、1%とかと比べるとずっといいでしょう。そして、重要なのはシグナルが送られたということだと思う。今度こそ、日銀はこれまで何度もやってきたことをやらないということ、つまり経済が回復し始めた途端に逆噴射をやることはないというシグナルを人々は受け取ったんじゃないんでしょうか。インフレが実際に上昇し始めても、しばらくの間、日銀はそれを放置しておくと。そうなるように見える。だから、それはすごくいいことですよ。まさに日本が必要していることです。

■白川総裁が3月に退任することになりました。後任の総裁に必要な資質とは何だと思いますか?
Well, we need someone who is less of a conventional central banker. I don’t know who that would be, but you want somebody who is willing to say, okay, price stability, that was the war of the 1970s. That’s not our problem right now. Our problem right now is we need some inflation. We need an accommodative policy, and we don’t need to be so careful preserving the BOJ’s independence that we get in the way of recovery. So, I mean, if I could, maybe Japan should have hire Mr. Carney, the Canadian who’s going to the Bank of England, right? It might have been good just to shake things up to have a real outsider. But if not, someone who is willing to say, okay, this is a different kind of environment and we need to change our concerns.
伝統的な中央銀行家らしくない必要がある。実際に誰かというのは分からないが、物価の安定などは1970年代の戦争だと堂々と言えるような人物ですね。それは現下の問題ではない。景気回復の妨げになっている日銀の独立性を守ることにそれほど慎重である必要はない。たぶん、今度イングランド銀行に行くカナダ人のカーニー氏を雇うべきだったんだろう。心機一転するためには真のアウトサイダーを持ってくるのも良いかもしれない。でも、それが適わないのなら、現在は状況が異なるとはっきり言えるような人物、皆の懸念を払拭してくれるような人物でないといけない。

■日銀の独立性が脅かされたという指摘についてはどう考えます?
Well, I mean, in effect I think the BOJ’s independence is being diminished. It is being more or less pressured by the government to changing its stance. But that’s okay. I mean, central bank independence is not a sacred principle. Central bank independence is a strategy that was evolved to meet the challenges of inflation back when inflation was the big problem. And it’s actually turned out to be a problem in the current environment. You can look at history, and you could say that actually there have been a number of cases in which undermining central bank independence has been exactly what you needed.
まあ、結果として、日銀の独立性は縮小したと思う。多かれ少なかれ、政府からの圧力によって、日銀のスタンスが変わったわけですから。でも、それでいい。中央銀行の独立性というのは聖なる法則ではないんで。中央銀行の独立性というのは、インフレが大問題であった時代に、インフレに対処するために発展してきた戦略です。そして、現在のような状況においては、その独立性こそが問題になっている。歴史を見れば、中央銀行の独立性を低下させることこそがまさに必要だったケースがたくさんある。

In the case of the United States in the 1930s, pushing the U.S. off the gold standard, pushing it into… essentially the Fed into an expansionary mode whether it liked it or not was a very important thing.
1930年代のアメリカの場合では、金本位制から離脱して、好むと好まざるに関わらず、FRBに拡張的な政策をとらせることが非常に重要なことだった。

If you go back to Japan in the 1930s, Takahashi and all of that, removing the independence of the central bank was actually a good thing. The notion that there’s something terrible about losing some of that independence is wrong. These are different times.
1930年代の日本で言えば、高橋らが中央銀行から独立性を奪ったのは実際に良いことだった。中央銀行の独立性が少しでも失われれば、悲惨なことが起こるという観念は間違っている。今は時代が違うんです。

■為替について聞きます。今週モスクワでG20、財務相・中央銀行総裁会議が開かれます。円安についてはどんなやりとりを予想しますか?
I imagine it will be a topic of discussion. But the answer is: they will tolerate whatever happens. What are they going to do? I mean, realistically Mario Draghi, they say that he’s very upset. But is Europe going to impose sanctions on Japan? No, it’s not. And the United States I doubt will have much of a complaint at all because the United States has been accused of the same thing. And both the United States and Japan are basically pursuing aggressive expansionary monetary policies, which is appropriate given the circumstance. And one consequence of that is that the currency falls. But that’s a side effect. It’s an appropriate monetary policy. I should say one more thing, which is that until now… until just about now, Japan has stood out as having substantially higher real interest rates than either the United States or Europe because, with deflation embedded in expectations and with interest rates held… short-term rates at zero, long-terms held closed to 1% because of the lower bound, that has meant that Japan has had significantly positive real interest rates at a time when Europe and the United States have had negative rates.
それは議論のテーマになるでしょう。でも、その答えは:彼らは何が起ころうと容認するでしょう。彼らに何ができるのか? 現実問題として、マリオ・ドラギはすごく驚いていたようです。でも、ヨーロッパが日本に制裁を課すでしょうか? そんなことはありえない。そして、アメリカも同じことで非難を受けているので、ほとんど文句を言わないと思う。アメリカも日本も基本的に極めて拡張的な金融政策を追求しているわけで、それは現在の状況では適切なものです。その結果の一つとして通貨が下落している。でも、それは副次的な効果です。やっているのは適切な金融政策です。もう一つ言っておくとするなら、これまでずっと、日本はアメリカやヨーロッパよりも実質利子率がかなり高い状態に留まっていた。デフレが予想に組み込まれて、短期利子率がゼロ下限、長期利子率は1%以下の下限に直面していたために、アメリカやヨーロッパがマイナス金利のころ、日本はかなり高い正の利子率になってしまったということです。

Now Japan is moving to having the same real interest rates as Europe and the United States, so the yen falls. That’s not a distortion; that’s actually things moving in the right direction. There’s no way honestly to complain that Japan is doing something illegitimate. Japan is doing exactly what it should be doing.
今、日本はヨーロッパやアメリカと同じくらいの実質利子率になってきて、その結果、円安になっている。それは歪みではない。それは現実に正しい方向へ向かっているということです。日本が不公正なことをやっていると非難するのは正当なことではない。日本はまさにやるべきことをやっている。

■例えばドイツは円安に対して懸念を示していますね。
But everybody wants the world to be ideal for them. But if Germany was counting on the rest of the world being overvalued so that Germany could have nice exports, well, it’s not going to happen. So I think it’s important to go into the meeting and say… Okay, people will say that they’re unhappy. And you say, yes, I hear what you say, but not change the policy.
でも、誰もが世界は自らにとって理想的であればいいと考えるものです。だからと言って、ドイツが他国を通貨高のままにさせておければ、もっと輸出ができるのかもしれないが、そんなことは無理でしょう。だから、会議に行って、こう言うのは大切だと思う…オッケー、あなた方は不満なんですね。それは伺いました。でも政策は変えませんよと。

■アメリカのオバマ政権は、日本の通貨をどの程度フォローしていると思いますか?
Well, I think that the only thing I would say is that now that Japan is getting the monetary policy right, there’s no good excuse for large-scale currency intervention. So if Japan is on top of the new inflation policy, going to buy a lot of dollars, then the United States might complain, but otherwise not.
えー、私が言えるのは、今、日本が正しい金融政策の方に向かっているということで、それは大規模な為替操作の口実ではないということです。日本の新たなインフレ政策の一番手が大量のドルの購入なら、アメリカは文句を言うかもしれないが、そんなことはやっていない。

I think the U.S. is relatively understanding on all of this stuff. And if the U.S. is going to go after currency manipulators, I don’t think Japan would be at the top of the list. So I think that’s a problem And again of course the United States has to be aware that anything that people are going to say about Japan and currency wars can be also… or the same charges can be leveled against the United States. So how can we get angry at Japan for doing exactly what we’re doing? So I don’t think the U.S. is a big concern here.
アメリカはこれらのことを比較的理解してきていると思う。そして、もしアメリカが為替操作について文句を言うとすれば、そのリストのトップに日本が来るとは思わない。だから、そのような難癖は問題だと思うし、また当然に、アメリカは、人々が日本や通貨戦争について文句をつけていることは全て自身に向けられてもおかしくないと気づいているはずです。我々がやっているのとまさに同じことをやっている日本にどうすれば怒りをぶつけられるのか? だから、私はアメリカがこの件で大きな問題になることはないと思う。

■それはなぜでしょうか?
I mean, and particularly, by the way, the Federal Reserve, Japan can say to Ben Bernanke, “well, Mr. Bernanke, we’re doing what you told us to do 12 years ago. Now we’re doing it. How can you complain?” So I think that’s not a big problem.
具体的に言えば、日本はアメリカにこう言うことができる、「あのー、バーナンキさん。我々はあなたが12年前にやれと言ってたことを実行してるんですよ。今まさにそれを行っている。それなのに、どうして文句を言うんですか?」と。だから、それは大きな問題にはならないと思う。

■財政政策について聞きます。大規模な財政出動は次世代にツケをまわすことになりませんか?
The answer is: no, I think it’s not something to be concerned about. I’m hearing numbers like 2% of GDP. Two percent of GDP more or less in debt is going to not matter at all for the future. And you need a fiscal stimulus as part of the package right now. You need to raise that inflation rate, and one of the main ways you can do that is by pumping up the economy right now. So you need the short-term stimulus.
答えはノーです:それは懸念するほどのものではない。GDPの2%くらいになると聞いている。GDPの2%ほどの借金は将来的な問題になるものではない。日本は現在政策パッケージの一部として財政刺激策を必要としている。日本はインフレ率を引き上げる必要があるが、その主な手法の一つが現下の経済を押し上げることです。だから短期的な刺激策が必要になる。

And for what it’s worth, the financial markets are not bothered at all. If you were too concerned that fiscal stimulus would cause the bond vigilantes to attack, that JGB rates would go soaring, that has not happened. And since expected inflation is up, the real borrowing costs have gone way down. I’d actually say that, given the rise in expected inflation and the fall in real rates, Japan’s fiscal position… it’s long-run fiscal outlook has just improved substantially.
参考までに言っておくと、金融市場はそのことをまったく気にしていない。もし財政刺激策が国債自警団の攻撃を招来すると人々が非常に心配しているのなら、日本国債の利子率は跳ね上がっているはずで、そんなことは起きていない。そして、予想インフレ率は上昇し、実質的な借り入れコストは低下している。予想インフレ率の上昇と実質利子率の低下を考慮すれば、日本の長期的な財政見通しはかなり向上していると言える。

So if we’re actually asking, what’s happened to the Japanese outlook with the coming of ABENOMICS, the answer actually is it’s gotten better because the inflation expectations are a much bigger deal than the short-term stimulus.
だから、アベノミクスの登場が日本の状況に何をもたらしたかと問われれば、その答えは、インフレ予想が短期的な刺激策よりもずっと大きな役割を果たしているため、日本の状況は実際に良くなっているということです。

■逆に、安倍政権の財政出動の規模は十分でしょうか?
Well, that’s where the question comes in. And the question would be about the size. Is a 2% stimulus enough, which partly depends on how far below potential you think the Japanese economy is operating, which is a hard thing to estimate. So I’d actually be more comfortable if it was a bigger stimulus. And is a 2% inflation target high enough, which is again a question. But I think it would have been hard for him to have done even bigger.
それが疑問な点です。疑問な点と言うのはそのサイズです。2%の刺激策で十分なのか? それは、ある程度まで、日本経済が潜在成長率をどれほど下回っていると考えるかによってかかってくるが、それを推察するのは難しい。だから、もっと刺激策が大きければ、私はもっと安心できたでしょう。そして、2%のインフレターゲットで十分なのか、これも疑問です。でも、彼はこれ以上高くするのは困難だと考えたんでしょう。

So I think it’s a good shot. Now people will talk about structural reform and all of that. And, sure, it’s always good to have structural reform. And if Japan could have more structural reform, then that would make it easier to get recovery going. But structural reform is hard; it takes time. And there’s no good reason to have a persistently depressed economy while you wait for the structural reform to take effect. So this is the right thing to do.
だから、それは見事なものだと思います。現在、人々は構造改革とかの話しをするようになっている。もちろん、構造改革は常に大事です。日本が構造改革を進めれば、景気回復は容易になる。でも、構造改革は難しい。時間がかかる。しつこく不況が続く経済において、構造改革が効果を生むまで耐え忍ぶのは得策ではない。だから、これはやるべきことなんです。

I mean, if I could do anything else, I would say ideally Japan should have a higher fertility rate and maybe more immigration because the demographics I think are an important part of the problem. But, okay, that’s not going to happen right away either. So all of these things… So the answer is that Abe’s policies don’t solve all of Japan’s problems, but they’re not supposed to. They hopefully will solve the problem of deflation and persistent inadequate demand, leaving other problems still on the table.
他に何か私が言えるとすれば、理想を言えば、日本は出生率を高めて、移民を増やすべきだと思う。私は、人口動態が重要な問題だと考えているからです。でも、今すぐでなくとも構わない。安倍の政策はあらゆる日本の問題への解決策ではないが、それは当然のことです。他の問題は後回しにしても、上手く行けば、彼らはデフレと永続的な需要不足の問題は解決できる。

■IMF・国際通貨基金は、日本の巨額の公的債務に懸念を示しています。さらに、エコノミストの中には、一段の金融緩和を支持する一方で、さらなる財政出動に慎重な人たちも多くいます。
The answer is that there’s serious questions about whether you can get traction. If you use only monetary policy, will it have enough of an effect? You want to get the inflation rate positive; you want to get it up to 2% or higher. Can you do that just using monetary policy, or do you need an extra boost from fiscal policy?
どれが牽引力を持つかに関してはかなり謎があるというのが答えです。金融政策のみで、十分な効果があるのか? 日本はインフレ率をプラスにしたい。2%以上上げようとしている。それを金融政策だけでできるのか、あるいは財政政策の援護が必要なのか?

The fiscal expansion should be not forever; it should be only a couple of years at most to get the economy going. But I think it’s much safer to actually have the fiscal expansion and not just the monetary side. I understand. I mean, I’ve made the argument in the past myself that monetary policy should be the principal tool. But I think we do worry about effectiveness in the short run, which is why you want the fiscal expansion. So I think that’s the answer. You don’t want to be too pure here. You need an initial boost, right? You need a jump-start for the Japanese economy, and it’s not clear that you can get that unless there is fiscal action as well as monetary.
ずっと財政拡大を行うのではなく、経済を起動させるために、最大でも2,3年ほどにすべきでしょう。でも、私は金融政策だけよりも、財政拡張策を使うほうがずっと堅実だと思う。分かってますよ。私は過去には金融政策こそ主要なツールだと主張している。でも、私たちはその短期的な有効性については疑問に思っていて、そこで財政政策が必要になるわけです。だから、それが私の答えです。ここで、あまりに潔癖になる必要はない。まず経済を押し上げる必要があるんでしょ? 日本経済を急発進する必要がある。金融政策と共に財政政策も行わないと、それを達成できるか明白ではない。

■日本はいま、緊縮財政をするべきではない、と?
Oh, gosh! Well, I hope Japan doesn’t do austerity right now. I mean, obviously Japan in the long run needs eventually to have fiscal austerity. The Japanese debt level is high. The fiscal burden of an aging population is large. So Japan needs over the long term to be doing austerity, but not until you are in a situation where we know that monetary policy can offset the fiscal austerity. And you can’t have that unless Japan is safely off the zero lower bound on interest rates, which really won’t happen until people are definitively convinced that Japan is going to have inflation, not deflation. And so the fiscal austerity, ask me again in three or four years.
うわっ。現在の日本で緊縮財政が実行されないよう期待したい。日本は長期的に見れば、財政緊縮をしなければならなくなるのは明らかです。日本の債務水準は高い。老年人口の債務負担も莫大です。だから、日本は長期的には緊縮財政をする必要があるとしても、金融政策が緊縮財政の効果を相殺できる状況になるまではそれをすべきではない。そうなるためには、日本の利子率がゼロ下限から十分に遠ざかり、人々が日本はデフレではなく、インフレになると完全に確信するようにならないと無理です。なので、緊縮財政を取るまでに3,4年はかかると私は考えている。

Once Japan is looking like a full-employment economy, if everybody expects 2.5% inflation, interest rates are high enough so that there’s room to cut, then you can start having fiscal austerity and offset it with monetary policy. But not now—not under these conditions.
日本が完全雇用に近づき、皆が2.5%のインフレを予想するようになれば、利子率は引き下げの余地があるほど高くなる。そうなれば緊縮財政を始めても、金融政策でその効果を相殺することができる。でも、今はそのような状況ではない。

■自民党の政策が旧来型の公共事業が中心だという指摘もあります。
Well, these are the same ol’ people. I mean, this is true. The thing is that, I mean, some people think that they’re doing this for the wrong reasons—that he’s not really trying to do a macroeconomic program; he just wants to go back to hiring lots of people for public works projects. I can’t evaluate that.
そういう人たちは常にいるものです。確かに、それは正しい。彼らが間違った理由でそれをやっていると考えている人がいる。彼はマクロ経済学的なプログラムとしてそれをやっているのではなく、以前のように公共事業を行うために、たくさんの人々を雇いたいだけなんだと。私にはそれを評価できない。

But in a way it doesn’t matter. Even if he’s doing it for the wrong reason, it’s actually the right thing to do right now. Now you do want eventually to pull back. You don’t want this endless fiscal stimulus. That may be an issue, but I think people are worried about the wrong thing.
でも、ある意味それは重要ではない。たとえ間違った理由でそれをやっているとしても、実際にそれは今やるべきことなんです。現在、日本は経済を再起動させたいわけであって、際限なく財政刺激策をしたいわけではない。それは問題点ではあっても、そのことについて心配するのは間違っていると思う。

Right now the big concern for Japan is not that we’re going to have old-fashioned stimulus policies. It is that Japan will continue to have orthodox fiscal and monetary policies in an environment where orthodoxy is very wrong and is very destructive. So if the Diet is going to be unorthodox for whatever reason, this is a good thing. And if it takes a dinosaur to break out of an extended depression, then dinosaurs are okay.
今、日本にとっての大問題は、旧来型の景気刺激策をとっていることではない。それは、伝統的な金融及び財政政策が完全に間違っていて、かつすごく破滅的な状況において、日本が伝統的な政策を採り続けることこそが大問題なんです。だから、日本政府がどんな理由で非伝統的な政策を採っているとしても、それは良いことです。そして、長期不況を打ち破るために恐竜が必要なのだとしたら、恐竜でも構わない。

Japan had one fiscal stimulus after another over a period of almost 20 years. And those fiscal stimulus measures actually did help. Every time it was done, the economy would grow. Japan actually managed to avoid really severe unemployment. So it’s not as if the fiscal stimulus was a failure, but Japan never broke out of the trap of deflation. But that’s because the fiscal stimulus was never accompanied with a change in monetary policy. It was really in a fundamental sense, the Ministry of Finance would do something, and then the Bank of Japan would take it away.
日本はほぼ20年以上にわたって何度も財政刺激策を行ってきた。そして、その財政刺激策は実際に効果があった。財政政策をやれば常に、経済は成長した。日本は実際に深刻な失業を回避することができた。財政刺激策が失敗ではないとしても、日本はデフレの罠から抜けられなかった。でも、それは財政刺激策に金融政策の変化が伴わなかったからです。本質的な意味で、財務省は仕事をしていたのに、日銀はそっぽを向いていた。

And so now with a little luck, they’ll be both pushing in the same direction. So that’s what’s different. The problem with Japanese fiscal stimulus wasn’t that fiscal stimulus was the wrong thing. The problem with it was that it wasn’t accompanied by the necessary change in monetary policy.
そして、幸運なことに、今、日本は両方をやろうとしている。それは大きな違いです。日本の問題は、財政刺激策が間違ってるということではない。問題は必要な金融政策の変化がなかったことです。

■安倍首相にアドバイスする立場でしたら、どういう助言をしますか?
The biggest thing that I see right now is the concern that the fiscal stimulus is going to be mostly on paper and not real—that there will be sums of money, but won’t end up being new money, or it’ll be projects that take too long to get started. And that’s where maybe the concern about old-fashioned politician stuff comes in. If you’re looking for projects that please your interest groups but take four years to actually really get going, then that’s not helping. So we use the term… what’s used way too much in the United States is “shovel-ready,” but stuff that’s ready to get going quickly.
現在、私が気づいていることで最も懸念しているのは、財政刺激策がほとんど机上だけのものになって、実態のあるものにならないことです――お金が積み上げられたものの、新規の事業はほとんどなかったり、プロジェクトとが実行されるまでに時間がかかりすぎたりといった。そこに旧来型の政治家に対する懸念があるんです。利益団体を喜ばすだけで、実現までに4年もかかるプロジェクトなら、助けにはならない。我々が使う言葉で言えば…アメリカではよく「shovel-ready」という言い方をする。すぐに実行できるようなプロジェクトということです。

The Japanese economy needs a short, sharp boost right now. And my biggest concern from what I read is that that may not be… I’m not sure, but I worry about whether there’s enough shovel-ready, quick boost to the economy for Japan. Or to change the metaphor, Japan really needs the jump-start, right? Really is like a car where you need to get it revving to get it going. And is the plan really going to do that? That would be my big question.
現在、日本経済は短期的な巨額の景気対策を必要としている。私が認識している中で最も心配しているのは、日本経済を回復させるためにすぐに実行可能な「shovel-ready」な事業が十分にないかもしれないということです。メタファーを変えれば、日本は経済を急発進させる必要があるんでしょ? 再び動き出すためにエンジンを吹かす必要がある車のようなものです。そのプランでそれが可能なのか? それが最大の心配事です。

■世界のマーケットについて聞きます。アメリカのNYダウは歴史的な水準に迫るまでに上昇しています。どう分析していますか?
Well, in the U.S., profits are very high. It’s a little disturbing actually. The economy hasn’t done all that well, but profits have done very well. And meanwhile of course interest rates are very low. So the alternative investment, bonds are a pretty poor investment. Stocks means you’re buying ownership in these very profitable U.S. corporations. Why shouldn’t stocks be high? So I don’t think it’s unreasonable.
アメリカの企業利益はすごく高い。それには少し困惑させるところがある。経済はそれほど上手く行っているわけではないのに、企業利益はすごく高い。一方、ご存知のように利子率はすごく低い。代替案として、債券はすごくショボい投資先です。現在の株価が示しているのは、人々はすごく利益率の高いアメリカ企業の所有権を買っているということです。株価が高くならない理由がありますか? だから、現在の株価が不合理とは思わない。

I think in a way I’m disturbed because the strong stock market is in part a byproduct of a peculiar economy where corporations do wonderfully but people don’t. But I don’t think there’s anything particularly puzzling or disturbing about the stock market.
ある意味、私が困惑しているのは、企業は絶好調で、庶民はそうなっていないという奇妙な市場の副産物として現在の株価があるということです。でも、株式市場に関して不思議な所や困惑させるような所は特にないと思う。

■アメリカの「財政の崖」の問題は先送りですよね?
Japanese politicians may be dinosaurs; American politicians are crazy people. And so it appears at least for a little while we’re about to have a completely insane fiscal austerity for a little while because of this fight over the “sequester.” I mean, the United States, we have a reasonable intelligent leadership in the White House. I don’t know if you agree with them about everything, but Obama and his people are okay.
日本の政治家は恐竜かもしれないが、アメリカの政治家はキチガイです。少なくとも、この「強制的な歳出削減」と戦うために、完全にとち狂った財政緊縮策を使おうとして以降は。アメリカでは、ホワイトハウスには合理的で知的なリーダーシップがある。彼らが全てのことに同意できるかは分からないが、オバマと彼の仲間は大丈夫でしょう。

But we have one House of Congress controlled by people who are not okay, who are pretty much crazy. And that’s not good for the economy. We have an economy that I think the private sector’s ready to recover, but the political dynamics might undermine that.
でも、アメリカの国会の内一つは大丈夫じゃない人々、完全なキチガイによってコントロールされている。それは経済にとって好ましくない。民間部門は回復する準備ができているのに、政治力学がそれを妨害しているというのが現在のアメリカ経済です。

■クルーグマン教授は去年、世界経済についてたいへん悲観的でしたが、いまはどうですか?
I think the United States is… I mean, my pessimism of several years ago was right. We’ve had a very slow recovery. But Untied States think is… we still are a long way from full recovery, but you can see a positive dynamic for the United States. Europe is much more troubled. So Europe, they’re still very much in their crisis, and the financial markets are a little calmer.
アメリカ経済については…数年前、私が悲観していたことは正しかったと思う。アメリカ経済の回復はすごくゆっくりしたものになっている。でも、アメリカ人は完全な景気回復までに長い時間がかかっていると考えるでしょうが、日本から見ると、アメリカはダイナミックに回復しているように見えるでしょうね。ヨーロッパはずっと問題が多い。ヨーロッパは、今でもずっぽり危機にはまっているが、金融市場は少し静まっている。

Japan, I’m suddenly relatively hopeful about Japan. This is new. So it’s a mixed picture. It’s not that the world as a whole is in terrible trouble. But among the advanced countries, Europe is what scares me now.
ヨーロッパと比べると、日本については、私は俄然希望がわいてきた。これは新しい要素です。だから、世界経済は複雑な構図になっている。全体としての世界は酷い困難にあるわけではない。だが、私は先進国の中でもヨーロッパに関しては恐れている。

■日本はどう世界経済に貢献できますか?
Well, Japan looks like… let’s see. If ABENOMICS works, then Japan will for the first time in a long time be a positive contributor. I mean, Japan is… at this point GDP is about 40% as big as either the United States or the European Union. So if we’re looking at the advanced countries as a group, Japan is down to being well under 20% of the total, and if you’re looking at the world as a whole, smaller than that. So Japan is not that big a factor. It’s still a huge economy and an important player. But even if Japan does better significantly the next few years than it has done for the past 20 years, it’s still not going to be… that’s not going to change the global picture all that much.
日本はあれみたいですね…ええと。アベノミクスが機能すれば、久々に日本は積極的な貢献者になれる。現時点において、日本のGDPはアメリカやEUの40%ほどです。先進国を一つのグループとして見れば、全体の20%以下です。世界を一塊で見れば、それよりも小さくなる。だから日本はそれほど大きなファクターではない。現在でも巨大な経済であり、重要なプレイヤーではあるが。でも、日本が、今後数年間、過去20年よりもずっと上手く行ったとしても、それほど世界の構図を変えるわけではない。

■日本に対してはずいぶんと楽観的になりましたね。
Well, since Abe is more or less doing what the American economists who were concerned about Japan for a long time have been saying, if I wasn’t at least a little optimistic, I would be inconsistent, right? In a way we’ve… a dozen years ago, people like Bernanke and me were saying to Japan: you need a higher inflation target. You need to break out of this deflation. Now finally you have a government that seems to be making a real effort to do that. So I’m finding myself surprisingly optimistic. Just beginning, yeah. So we see. We see how it works, but one of the more hopeful places in the world right now.
えー、安倍は、多かれ少なかれ、日本のことを気にしていたアメリカの経済学者が長い間言ってきたことをやっているわけですから、そこで私がちっとも楽観的になってなかったら、矛盾したことになりますよね? 12年前、私やバーナンキは日本にこう言っていた:高めのインフレターゲットを設ける必要がある。このデフレから抜け出さないといけない。今になって、政府がそれを本当に実行しようとしている。だから私は自分でも驚くほど楽観的なんですよ。まさにこれが始まった時から。ええ。それが機能すること、現在の世界で希望が膨らんでいる場所になっているのは納得できる。

■ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。