スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rate Expectations (Wonkish)/February 4, 2013, 9:01 am

Rate Expectations (Wonkish) 利子率予想(専門的)

FT Alphaville links to a puzzling piece by Maasaki Kanno, who argues that the relative success of Abenomics in Japan, so far, reflects a divergence in expectations between the currency and bond markets:
日本でこれまでのところアベノミクスが比較的成功しているのは、通貨市場と債券市場が乖離していることを反映したものであると主張する菅野雅明による困惑する記事にFT Alphavilleブログがリンクを貼っている:

The key to understanding the success of Abenomics is the asymmetric response between the currency and the bond markets, which can be attributable to divergent inflation expectations. In the currency market, inflationary expectations rose among investors, mostly non-Japanese, while on the other hand the JGB market remains dominated by Japanese investors, whose inflation expectations appear more or less unchanged.
アベノミクスの成功を理解するカギとなるのは、通貨市場と債券市場の間の非対称な反応であって、その要因はインフレ予想の乖離に帰することができる。通貨市場では、主に非日本人の投資家たちの間でインフレ予想が上昇している一方、日本人投資家によって占められる日本国債市場では、インフレ予想はおおむね変化していない。


OK, I look at the breakeven inflation rate, which is a (rough) measure of bond market inflation expectations, and see a rather dramatic rise in expected inflation — around a percentage point since early last year. True, the rise predated Mr. Abe’s taking office, but it’s not too hard to imagine that markets were anticipating a change in policy. So what is Kanno talking about? Actually, he doesn’t say.
オッケー、債券市場での予想インフレ率を測る(おおまかな)手段となるブレークイーブン・レートを見てみたら、むしろ予想インフレ率は劇的に上昇している――去年初頭からほぼ1%。たしかに、安倍氏が政権に就くより前に上昇しているけど、市場が政策の変化を予想してのことだと想像するのは難しいことじゃない。じゃあ菅野はなんのことを語っているのか? 実際には、彼は何も語っていない。

I hope that it’s not the fact that long-term JGB rates haven’t risen. Because you wouldn’t expect those rates to rise. Japanese short-term rates are up against the zero lower bound, and this puts a sort of squishy floor under long rates as well, which are held above zero by option value — short rates can go up, but not down. With long rates up against this constraint, you wouldn’t expect them to rise much as a result of expected inflation, and in fact they might even fall slightly if the Bank of Japan gets perceived as less ready to raise rates in future.
それが、日本国債の利子率が上がってないという事実のことではないと期待したい。なぜなら長期国債の利子率が上昇するなんて考えるべきじゃないんだから。日本の短期利子率はゼロ下限に直面している。同じように、長期利子率の下にもふわっとした底みたいなものがあって、それはオプション価値によりゼロよりも高くなっている――短期利子率は上昇することはあっても、低下することはない。長期利子率がこの制約に直面しているときには、予想インフレ率が上がった分だけ長期利子率が上がると考えるべきじゃないし、日本銀行が将来的に利子率を上げるのを遅らせると認識されるのなら、少し低下する可能性すらある

As I see it, there’s no puzzle at all here: the perception that the BoJ is going to be an easy-money institution in the future has raised expected inflation, reduced real rates, and depreciated the yen. And it’s all good news for Japan.
僕の見るところ、ここに謎は全く存在しない:日銀が将来的に金融緩和を行うと認識されることによって、予想インフレ率が上昇して、実質利子率が下がり、円安になっている。これは全て日本にとっていいニュースだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。