スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macro Trumps Micro/December 7, 2012, 8:42 am

Macro Trumps Micro マクロはミクロを凌駕する

Or, as the late James Tobin used to say, it takes a lot of Harberger triangles to fill an Okun gap.
後年ジェームズ・トービンが言ったように、オークンギャップを埋めるにはたくさんのハーバーガーの三角形が必要になる。

Dean Baker catches David Ignatius suggesting that trade liberalization can provide enough economic boost to offset the effects of austerity. As Dean says, the arithmetic is totally off — almost two orders of magnitude off.
ディーン・ベイカーが、貿易自由化によって緊縮財政の影響を相殺できるほど経済を押し上げることができるというデヴィッド・イグナティウスの主張にかみついている。ディーンが言うように、その計算は完全に間違っている――ほぼ二桁かけ離れている。

The truth is that using any conventional economic model, the costs from current levels of protectionism are very small as a share of GDP. To some extent that reflects the success of decades of trade liberalization: there just isn’t that much protection any more. But it’s a more general observation that even bad microeconomic policies, which lead to substantial distortions in the use of resources, have a hard time doing remotely as much damage as a severe economic slump, which doesn’t misallocate resources — it simply wastes them. Which is the point of that Tobin quote.
本当のところ、どのような伝統的経済モデルを用いても、現行水準の保護主義のコストはGDP比で見ればすごく小さい。ある程度まで、それは過去数十年に及ぶ貿易自由化の成功を反映している:もはや大して保護主義は残ってないことだ。だが、もっと一般的な観察として、どんな酷いミクロ経済政策(資源の利用を実質的に歪める)であったとしても、厳しい経済不況(これは資源を間違って配分するんじゃない―ただ資源を浪費するだけ)ほど深刻な損失を生み出すものはほとんど存在しない。それがトービンの発言の要点だ。

Right now the U.S. economy is operating something like 6 percent below capacity. You would be hard-pressed to find any microeconomic distortion that comes anywhere close to doing that much damage, or even a tenth that much damage. The one place that might qualify is health care, where we surely do waste several points of GDP. But the problem with health care in America isn’t that we don’t let the free market work, it is that we have a semi-private system in a sector where free markets can’t work.
現在、アメリカ経済は潜在生産力を6%ほど下回っている。それほどの損失に匹敵する、というかその十分の一の損失に及ぶようなミクロ経済学的歪みですら一つでも見つけるのはすごくたいへんだ。その資格が与えられる一つの場所は医療分野で、確実にGDPの数%が浪費されている。でも、アメリカにおける医療の問題点は自由市場を機能させていないからではなく、自由市場が機能しない部門で半民間のシステムを持ってしまっているからだ。

Two more things — and back to Ignatius.
もう2点――その後にイグナティウスの話に戻る。

First, there’s an especially strong tendency to mythologize the power of free trade. Not that open world markets are a bad thing; they’re definitely a force for good, especially for small, poor countries. But my experience is that the less somebody knows about international trade, the more likely he or she is to imagine that modest moves toward or away from protectionism will have huge effects. Trade economists, who have actually worked with the models, have a much less grandiose view.
一つ目に、自由貿易の力を神話化してしまう傾向が非常に強い。開放された世界市場というのは悪いことではない。それは確かに善行だ。特に貧しい小国にとっては。だが、僕の経験では、国際貿易の知識がない人ほど、少しばかり保護主義へ向かう動きであれ、そこから離れる動きであれ、その影響を過大に見積もりがちだ。実際に経済モデルに取り組んでいる貿易経済学者はずっと控えめな見方をしている。

Second, even to the extent that trade liberalization would raise the efficiency of the world economy, it is not, repeat not, a route to overall job creation. Yes, everyone would export more; they would also import more. There is no reason at all to assume that the jobs gained from export creation would exceed the jobs lost to import competition.
二つ目に、貿易自由化が世界経済の効率性を向上させるにしても、それは全体としての雇用を創出する道にはならない。繰り返すがそうはならない。たしかに、みんなもっと輸出するようになるだろう。そして、みんなもっと輸入するようにもなる。輸出によって得られる雇用の創出が輸入競合産業による雇用の縮小を上回ると考える理由は何もない。

Globalization is not the answer to the Lesser Depression.
グローバリゼーションは小恐慌への答えにはならない。


後書き:Harberger trianglesについてはここを参照。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。