スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inaction is the Greatest Risk (Wonkish)/December 15, 2012, 8:32 am

Inaction is the Greatest Risk (Wonkish) 何もやらないことは最大のリスク(専門的)

Brad DeLong is exasperated with people who insist that the Fed’s modest moves toward more support for the economy are “risky”, but can’t explain why in any intelligible fashion. I agree. I also agree with Brad that the starting point for any discussion has to be that right now matters monetary are very out of whack, so that it’s just bizarre to angst about how the Fed might “distort” markets that are already hugely distorted.
ブラッド・デロングが、経済をもっと後押ししようとするFRBのささやかな動きを「リスキー」だと主張している人々に激怒している。でも、彼はその理由を分かりやすく説明できていない。僕は彼と意見は同じだ。あらゆる議論の出発点は、現在、金融の調子がおかしくなっていることに置くべきであって、既に大いに歪んでいる市場をFRBが「歪めて」しまうことを心配するなんて本当に異様なことだという点にも彼に同意する。

But my first take on the nature of that distortion is a lot simpler than Brad’s.
でも、その歪みの本質に関する僕の第一印象はブラッドのものよりずっとシンプルだ。

The key point is that we are in a liquidity trap — a situation in which even reducing policy interest rates to their lowest possible level isn’t enough to restore full employment. In terms of IS-LM analysis, the situation looks like this:
カギになるのは、我々が流動性の罠にいるということだ――最大限まで利子率を下げても、完全雇用を達成できないような状況。IS-LM分析で言えば、その状況はこんな風に見える:

121512krugman2-blog480.jpg
Another way to look at the same thing is to draw the savings and investment schedules that would prevail if the economy were at full employment, which look like this:
同じことを別の見方で見るために、経済が完全雇用の時に成り立つ貯蓄曲線と投資曲線を描いてみよう。それはこう見える:

121512krugman3-blog480.jpg
The point is that the “natural” interest rate, the rate that would match savings and investment at full employment, is negative. And we can’t get there, because of the zero lower bound (which in turn reflects the fact that rather than accept negative rates, people can always just hold cash. Yes, there are slight exceptions, but they’re trivial from a macro point of view).
ポイントは、「自然」利子率、つまり完全雇用のときに貯蓄と投資が均衡する利子率がマイナスということだ。そして、ゼロ下限があるので、我々はそこに行き着くことができない(それはマイナスの利子率を受け取るくらいなら、人々は常に現金をそのまま持っておくという事実を反映している。たしかにちょっとした例外はあるが、マクロ的観点からはそれは取るに足らない)。

Now, you can talk about what has caused this situation; debt overhang and forced deleveraging is a prominent candidate. In any case, however, it exists. And the Fed’s duty is to try to correct the distortions this situation creates, above all the distortion of mass unemployment. It can do this by trying to raise expected inflation, so that the real interest rate falls even though the nominal rate can’t; it can try to correct it by buying risky assets, and thereby raising the natural rate.
現在、何がこのような状況を作り出しているのか色々語ることはできる。過剰債務や強制的なレバレッジ解消はその有力な候補になる。しかし、その原因が何であれ、それは存在している。そして、FRBの義務はこの状況を生み出している歪み、とりわけ大量失業という歪みを正すことだ。FRBは将来の予想インフレを引き上げることによって、名目利子率は下げられなくても、実質利子率が下がることにより、これを成し遂げることができる。FRBはリスク性資産を買うことによって、自然利子率を引き上げることでその歪みを正す努力をすることもできる。

Whatever it does, however, should be seen as an attempt to rectify a huge existing market failure, not as somehow distorting a well-functioning market. And the riskiest thing it could do is nothing, allowing the unemployment crisis to fester.
しかしながら、どのようなものであれ、それは現在の莫大な市場の失敗を修正するための試みとして見られるべきであって、良く機能している市場をどういう訳か歪めるものと見るべきではない。そして、最も危険なリスクとはこの失業という危機をほったらかしたままにして、何もしないことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。