スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

When Confidence Hurts/November 12, 2012, 1:51 pm

When Confidence Hurts 信頼性が傷つく時

A skeptical correspondent asks whether I really truly believe what I’m saying in my post about how an attack by the bond vigilantes is actually expansionary when you have your own floating currency. How does this jibe with the experience of the Asian financial crisis of the 1980s, he asks? And do I really believe that Japan would be better off if markets became less confident in the value of its bonds?
疑い深いメル友が僕に、変動為替で自国通貨を持つ国においては国債自警団による攻撃は実際には景気を拡張させるとする僕のブログ記事のことを本当にマジで信じているのか尋ねてきた。そんなことが1980年代のアジア危機の経験とどうすれば一致するのかという質問だ。そして、市場で日本国債の価値に対する信頼性が低下すれば、日本経済が良くなるなんて本当に信じているのかと。

Good questions — but ones that I and others have already answered.
いい質問だ――でも、僕や他の人がその質問にはもう答えている。

On financial crises past: the key question is whether you have large debt denominated in foreign currency. A number of authors laid out so-called “third-generation” crisis models after the Asian affair in which foreign-currency debt and balance-sheet effects therefrom played a crucial role; you can see a survey of all this (and an explanation of the term) in this IMF working paper (pdf).
過去の金融危機に関して:カギになるのは、その国の負債の大部分が外国通貨建てであるかどうかだ。数多くの人が、アジアでの出来事の後に、外国通貨建て債務とバランスシート効果がそこで本質的な役割を果たしていることを示したいわゆる「三世代」モデルをこしらえてきた。このIMFのワーキングペーパーでそのモデルの要覧(とその言葉の説明)を見ることができる。

By the way, you may notice a few familiar names there. And given my own work, in particular, I really should have been more ready for the prospect of a deleveraging crisis in the advanced world than I was.
ところで、そこに何人かよく知っている名前があるかもしれない。特に、僕自身が研究してきたことを考えれば、先進国でのレバレッジ解消危機が起こる見込みについてもっと準備できていてしかるべきだった。

The point, of course, is that America doesn’t have a lot of foreign-currency debt. Neither does Japan — which is why I would say yes, reduced confidence in Japanese bonds would actually help their economy. Right now, as I’ve written in the past, the collision of deflation with the zero lower bound means that Japan actually offers investors a higher real interest rate than they can get in other advanced countries. The result is a strong yen that is really hurting Japanese manufacturing. Some loss of faith in those Japanese bonds, whether default risk or fear of higher inflation, would be a blessing.
もちろん、ポイントは、アメリカの外国通貨建て債務が大きくないってことだ。そして、日本もそう――ゆえに、その質問にはイエスと言おう。日本国債への信頼性が低下することは実際に日本経済にとって益になる。僕が過去に書いたように、現在、デフレがゼロ下限と衝突することによって、日本の実質金利は他の先進国より高くなっている。その結果が、日本の製造業を苦しめている円高だ。日本国債への信頼性がいくらかでも低下することは、それがデフォルトの危険性のためであれインフレが高騰する恐れのためであれ、喜ぶべきことである。

Oh, and one more thing: there are cases right now of countries with their own currency but with lots of foreign-currency debt that make depreciation contractionary versus expansionary — for example, Hungary (where lots of people took out mortgages in Swiss francs!) So this is still a relevant distinction.
オー、さらにもう一点:現在、自国通貨を持っているものの、外国通貨建てで大量の債務を抱えているために、通貨切り下げが経済を拡張させるよりも、縮小させてしまう事例もある――例えば、ハンガリーとか(そこでは多くの人々がスイスフラン建てで住宅ローンを組んでいる!)。これらの国とはちゃんと違いがある。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【When Confidence Hurt】

When Confidence Hurts 信頼性が傷つく時A skeptical correspondent asks whether I really truly believe

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。