スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Power-Mad Conservatives/November 7, 2012, 7:08 PM

Power-Mad Conservatives 権力狂の保守派

Brad DeLong and others are having a lot of good clean fun ridiculing pundits who insisted, to the last, that their psychic guts perceived truths invisible to pollsters. And who knows? This ridicule may even serve a social purpose, making news organizations a bit less likely to treat these pundits as fonts of wisdom.
ブラッド・デロング達が、最後まで、世論調査では見えない真実を捉えることができる念力を持っていると主張していた専門家らを馬鹿にしまくってるのは健全なことだ。誰がそんなこと分かるのか? こうやって馬鹿にすることには、報道機関がこれらの専門家を知恵の泉として扱うのを少しでも控えさせるという意味で社会的な役割があるのかもしれない。

But I think there’s something else that needs discussing. The rejection of polling evidence wasn’t just a matter of wishful thinking on the right; it was accompanied by intense rage. (Just look at my comment thread here, which now stands as a sort of historical marker of the lunacy of the campaign’s closing days — and you should have seen the stuff that didn’t make it through moderation!)
でも、僕は他にも議論されるべきことがあると考えている。世論調査の結果を受け入れられないのは、単に右派の願望的思考の問題というだけでなく、それには強烈な怒りが伴っている(このポストのコメント欄を見てほしい。今になってみると、これは選挙終盤に差し掛かっての狂気を示す歴史的指標とも言える――そして、その時点では、こういったのは穏健なものとして通ってたんだよ!)

On the face of it, this makes no sense. The election was going to happen, and somebody was going to win. Why lash out so bitterly at people who you claimed to think would be revealed as fools in just a couple of days?
それに直面してみると、意味が分からなくなる。選挙はすぐに行われ、誰かが勝者になる。なんで、たった数日後には愚か者であることが明らかになると考えている人物に対してそんな必死に罵倒しまくらないといけないのか?

I’ll try to present some more coherent thoughts on a later occasion, but here’s my quick take: what we’ve just seen is a peek into the modern right-wing psyche, which is obsessed — more than anything else — with power. Policy is one thing; but equally or even more important is the sense of being with the winners, of being part of the team that will stamp its boots on the faces of the other guys. And while conservatives of that ilk would probably concede if pressed on it that there’s a difference between the perception of being on top and the reality determined in an election, emotionally they can’t separate the two: they perceive anyone suggesting that maybe they aren’t going to smash their opponents as a threat.
僕は後の機会にもっと首尾一貫した説明をするつもりだが、とりあえず現時点での僕の考えはこんなところ:僕らは現代右翼精神というものを垣間見ているわけだが、それは――何よりもまず――権力に取り付かれている。政治もその一つだが、それと同等か、あるいはもっと重要なのは勝ち組であるという感覚、相手側の顔を踏みつけてやれるチームの一員であるという感覚だ。一方、その同類である保守派はたぶん報道を見れば、今でも頂点にいるんだという感覚と選挙で示された現実には違いがあることを認識できるんだろうが、感情的にはその二つを区別できない:彼らは、敵をやっつけることは多分できないと仄めかしてくる者はみな脅迫をしているものと受け取ってしまう。

And we’re not just talking about teenagers blogging in their pajamas; look at Karl Rove’s temper tantrum on Fox.
そして、僕らが話しているのはパジャマを着た10代の子のブログとかに限ったことじゃない。フォックスでのカール・ローブのかんしゃく発作を見てくれ。

I’m tempted to say that all the people who went wild over skewed polls, Nate Silver is evil, and so on need to seek counseling. But if I were to say that, this would even drive them crazier. So I won’t. Oh, wait.
僕は、夢中になって、世論調査は捻じ曲げられているだの、ネイト・シルバーは邪まだとか言ってたやつら全員にカウンセリングでも受けてこいと言いたい気持ちに駆られている。でも、それを言ったら、あいつらもっと発狂する恐れがある。だから、それは言わないでおくよ。あっ、しまった。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【Power-Mad Conservati】

Power-Mad Conservatives 権力狂の保守派Brad DeLong and others are having a lot of good clean fun ri

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。